BOB DYLAN and his Band IN SHOW & CONCERT!(4/23、Zepp Namba)
ヒット曲は一通り知っているけれど、実は「ブロンド・オン・ブロンド」や「血の轍」などの何枚かの例外をのぞくと、アルバム単位ではほとんど聞いていなかった。2月の誕生日に奥さんにディランの「The Complete Album Collections」を買ってもらったので、それからデビュー作から少しずつ年代順に聞いていてようやく「武道館」までたどりついたところ。近作の曲中心のセットだと聞いていたので、直前に慌てて「Tempest」を聞いたらえらいしわがれた声になっていて驚いた。

ボブの歌声はまさにこのアルバムで聞かれるとおりのだみ声だった。ボブ・ディランといえばアコースティックギターにハーモニカフォルダーというイメージが強いけど、今回はドラムス、ベース、ギター、アコースティックギター、スティールギター・フィドル・キーボードetcという5人組のバンドを引き連れ、ステージのセンターでギターも持たずに手ぶらで堂々と歌う。ときおりちょっと危なっかしい感じのピアノを弾きながら歌ったりもする。

昔のヒット曲は数曲しかやらなかったのだけど、いずれも例によって激しいアレンジが加えられていて一聴しただけでは気づかない。序盤早々で「シー・ビロングス・トゥ・ミー」が歌われたはずなのに、まったく気が付かなかったのが痛恨。第一部では「ブルーにこんがらがって」も歌われたのだけど、ハーモニカ取り出してぷひーってやるだけでひときわ大きな歓声があがるのがおもしろい。
ボブの今のダミ声がジャストにハマるのはやっぱり最新作に収録されている曲だ。第一部の個人的なハイライトは、ボブの愉快なピアノプレイもばっちりな「Duquesne Whistle」の軽快なジャムのあとで、ステージセンターに戻って歌われた「Pay In Blood」の歌唱。「アイ・ペイ・イン・ブラー(がるる)ッド」ってところ、裾に刺繍の入った黒のスーツに棒タイ、白いハットというメキシコやくざのようなダンディな出で立ちもあいまって、シビれました。

50分程度の第一部のあと、20分休憩をはさんで第二部。Zeppなんばは今回初めてで、広さを感じさせないステージのよく見えるいいハコだとは思うんだけど、さすがにオールスタンディングのライブ2時間立ちっぱなしはちょっとしんどい。トシ相応に2階席の指定を取るべきだったかもしれない。第一部はともかく、比較的メローな曲が多い第二部はかなりキツかった。いい湯加減なピアノでボブが「ド・レ・ミ・ファ・ソ」なんてやる「Spirit On The Water」あたりでもうダメだと思ったのだけど、またセンターに戻って張りのある声で歌われたラストの「Long And Wasted Years」が心底素晴らしく、背筋が伸びた。

アンコールは「見張り塔からずっと」。ロックっぽいハードなアレンジはカッコいいけれど、ピアノぽろんぽろん弾きながら歌うボブの歌唱は基本的にぶつぶつつぶやく感じで、ここは一発シャウト決めてほしかったところ。そして「風に吹かれて」でおしまい、日本での最終日だったからもう1回くらい出てこないかなという淡い期待はかなわず。

伝説のミュージシャンを観たという感じは薄かったけれど、いい湯加減なところも含めて、現役感ばりばりの存在感のあるパフォーマンスは凄くおもしろかった。
ポール・マッカートニーからはじまって、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランと続けてロック・レジェンドを続けて見てきたのだけど、間違いなくこの3組の中ではボブが一番無責任に自分の好きなことをやってる感があっておもしろかったな。
まったくバカボンのパパみたいな食えないおっさんだ。
[セットリスト]
第1部
1.Things Have Changed
2.She Belongs to Me
4.What Good Am I?
5.Huck's Tune
6.Duquesne Whistle
7.Pay in Blood
8.Tangled Up in Blue
9.Love Sick
第2部
10.High Water (For Charley Patton)
11.Simple Twist of Fate
12.Early Roman Kings
13.Forgetful Heart フォゲットフル・ハート
14.Spirit on the Water
15.Scarlet Town
16.Soon after Midnight
17.Long and Wasted Years
アンコール
18.All Along the Watchtower
19.Blowin in the wind
(ボブ・ディラン詩集の訳などでも知られる菅野ヘッケルさんのライブレポより)
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2014/04/24 14:09】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<祝春一番2014(5/3、服部緑地野外音楽堂) | ホーム | 山本精一とゑでぃまぁこん(4/13、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1572-e3b80837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |