ゆうほ産休前ライブ・はれときどきうた(6/16、服部緑地野外音楽堂)
この梅雨時期に野音ってどうなの?という心配を跳ね除け、当日はかんかん照りの好天。ゆうほさんは「いつやったって降る時は降るんだから、強気の勝利よ」なんておっしゃってましたが。
暑かったです。

開演時間になると会場に賑々しく「あまちゃんのテーマ」が流れてメンバーが登場します。
今日はハンバートのふたりに、スチールギターやバンジョー担当、サックスやフルーツなどの管楽器担当を加えた4人編成です。まずは配信でリリースされたばかりの新曲「チキ・チキ・バン・バン」「なんとありがたや」から。ゆうほさんは青い膝上のミニのワンピース、というかマタニティ仕様ですね。
「待ち合わせ」「おべんとう」「夜明け」とゆうほさんの明るい良く通る声が野音に響きます。良成さんの歌も「虎」とか「バビロン」とか、かっこいい。
たまの「さよなら人類」のカバーで盛り上がり、楽しい「ポンヌフの卵」で第1部終了。

休憩をはさんでまずは二人だけで登場、物販の宣伝からゆるっと始まり、でもいきなり高田渡の「ブラザー軒」ですっと会場の空気を変える。名曲「おなじ話」をかけあいで歌って、また4人で、あとは怒涛の代表曲メドレー。存分に楽しませてもらいました。
アンコールではじめて良成さんフィドルを持って登場、ゆうほさんを先頭に4人行列をなし、「ホンマツテントウ虫」を演奏しながら客席を一回りして沸かせます。
最後は文句なしの名曲「大宴会」から「旅の終わり」。

ハンバートハンバートを最初に見たのは、多分7~8年位前のハルイチでだったと思う。
最初のうちはあんまり印象がなかったのだけど、春一番とかレインボー・ヒルとか、ご近所の緑地野音のイベントにしょっちゅう登場し、目にする機会が多い。そのうちだんだんその軽いファニーなルックの二人組が実は一筋縄でいかないなというのに気がついてきた。MCはユルくてどうでもいいようなことしかしゃべっていないし、ボーカルスタイルもふたりとも惚けた感じの自然体なのに、歌には確実に棘や毒がある。さすが「ロリコン」の名の元になった小説の変態親父の名前をバンド名にしているだけある。ロックだ。
いつのまにかイベントで出てきたら声援を送り、たまにCDを買って、代表曲はくちずさめるくらいにはファンになっていた。ワンマンにいったことなくても緑地でハンバートを見た回数はたぶんコアなファンの方に引けをとらないと思う。
今回彼らのワンマンが緑地野音であるっていうニュースを見て、これはうちの一家のためにある企画だって思って前売り買って、娘と出かけてきました。奥さんは残念ながら出張で来れなかったんで、手ぬぐいとかトートバックとかいっぱいお土産買いました。

はれときどきうた
この日も春一番のプロデューサーである風太さんが当然のようにステージ脇でじっと眺めてられました。
ステージの進行に合わせてバックステージに曲目の垂れ幕が貼り出されていく。春一番の演奏者の垂れ幕そのまんまです。
セットリスト
(第1部)
1. チキ・チキ・バン・バン
2. なんとありがたや
3. 待ち合わせ
4. おべんとう
5. 夜明け
6. バビロン
7. ぼくのお日さま
8. 虎
9. 逃避行
10. (新曲)
11. さよなら人類
12. ポンヌフのたまご
(第2部)
13. ブラザー軒
14. ぶらんぶらん
15. ひなぎく
16. おなじ話
17. 長いこと待ってたんだ
18. 国語
19. 罪の味
20. 23時59分
21. おいらの船
22. メッセージ
(アンコール)
E1. ホンマツテントウ虫
E2. 大宴会
E3. 旅の終わり
ハンバートハンバート
佐野遊穂(vo,harmonica)・佐藤良成(vo,g,fiddle)
/安宅浩司(g,st.g,banjo)/西内徹(sax,fl)
6/16服部緑地野外音楽堂
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/06/17 11:43】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<FREEDOMMUNE 0 ONE THOUSAND 2013 (7/13-14,千葉幕張メッセ国際展示場11-13) | ホーム | 山本精一うたものソロライヴ(6/6、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1549-39dc58b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |