スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
渚にて ワンマン(5/26、難波BEARS)
前日のノイズメーデーに続いてまたベアーズに、渚にてのワンマンライヴに出かけてきました。
柴山さんのソロは何回かあったのですが、昨年の再始動のライヴを観ることができなかったので、渚にてとしてのライヴはたぶん2008年の「よすが」のレコ発以来、ほんとに久しぶりです。
ベアーズの昼公演も初体験、前日とはまたちょっと違う感じでお客さん満員です。

1曲目で柴山さんの歌に竹田さんのコーラスがかぶさる瞬間に、ああ渚にてだ、と嬉しくなってしまいます。演奏された曲は「こんな感じ」「よすが」「花とおなじ」からの曲が何曲かあるほかは、基本的には新曲中心のようです。すでに最近の柴山さんのソロのライヴでも演奏されていた聞きなじみのある曲も何曲かありました。
竹田さんがメインでボーカルをとった曲は5~6曲くらいで、ちょっと少ないかなと思ったけど、柴山さんの歌は大好きなので文句はありません。なによりひさしぶりの竹田さんのドラムが強力で、じゅうぶん存在感ありましたし。竹田さんのドラムスはリズム楽器というよりメロディ楽器だと思います。
今回の渚にては、柴山伸二(g.vo)、竹田雅子(ds,vo)、山田隆司(b)の3人に吉田正幸(keyb)が加わった特別編成で、吉田さんのオルガンのような音色のキーボードが柴山さんのノーイフェクトのストラトのナチュラルに歪んだ音とともに、しっとりとした今回の歌たちをさりげなく彩っています。たとえば「七つの海」の最後のコーダで柴山さんのアルペジオに、吉田さんのチャイムのようなキーボードの音色が寄り添い、武田さんのハイハットの音がさざ波のようにかぶさってくるところとか、痺れました。

本編たっぷり1時間半、さらに「よすが」でいちばん好きな「ひみつ」とおなじみ「花とおなじ」の2曲のアンコールでライヴは幕を閉じました。
本編のラストを締めくくったのは、柴山さんのソロでも何回か披露されていた「永遠の遠泳」。「また泳ぎだそう、ゆっくりと」という歌です。歌の通りゆっくりと活動を続けていって欲しいと思います。
外に出るとまだ明るくて、この感じは新鮮で昼ベアーズもいいなとは思いましたが、さすがに渚にてについては次回はもう一回りキャパの大きいところがいいなあ。

Naked渚にて2
物販で「NAKED渚にて vol.2」というCDR購入。今日演奏された曲も含む新曲4曲入りです。1回聞いただけの印象で言ってしまうと、正直なとこ内容は今日のライヴの演奏の方が100倍良かった。
でも、子供さんの描いた絵なのかな、手作りのライナーと折り紙のロケット?が封入されていてとってもチャーミングなパッケージが嬉しかった。
[関連ライヴ]
THE SECRET SUMMER FESTIVAL"かくれギューン夏祭り2012"(2012/9/15、難波BEARS)(柴山シンジと毛のふさふさした動物の不思議な歌)
PSYCHEDELIC AUTUMN DAYS(2011/10/16、難波BEARS)(柴山シンジ)
渚にて「よすが」発売記念ライブ(2008/11/7、難波BEARS)(渚にて)
BEARS & FANDANGO W20周年記念フェスタ~OSAKA宇宙祭り(2007/11/11,アメリカ村BIG CAT)(柴山伸二)
"Surf's Up vol.3"(2007/1/6、難波Bears)(渚にて)
チャイナ一周忌飲食会と音曲等(2006/11/4、木屋町UrBANGUILD)(渚にて)
阪神淡路大震災復興支援チャリティコンサート(2005/5/1、芦屋山村サロン)(渚にて)
渚にて(2004/11/22、心斎橋クラブクアトロ)(渚にて)
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/27 11:19】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<山本精一うたものソロライヴ(6/6、難波BEARS) | ホーム | NOISE MAY DAY 2013>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1543-e18c0b87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。