スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イージー・ライダー
前に「桐島」を観た塚口サンサン劇場に「イージー・ライダー」がかかっていて今週末までだというので、観にいってきた。

たぶん映画館で観るのははじめてだと思う。最近はこういうクラシックな作品もデジタルリマスターでピカピカの映像だったりして、それはそれで悪くないのだけど、今回は35mmフィルムの上映と言うことで、経年によるフィルムの傷やゴミによる画面上のノイズや色あせ、コマ落ちなどもニューシネマのやさぐれ感にはフィットしている気がする。

この映画では、前のシーンとあとのシーンをザッピングするような、変わったつなぎ方をしているところが何箇所もある。フェイドとかの代わりなんだろうな、新鮮といえば新鮮だけどちょっと素人くさい。尺が長すぎて配給会社からの要求で泣く泣くカットして今の形に仕上げたという話があるから、たぶん行き当たりばったりに長廻しでとったぶつ切りのフィルムを繋ぐ苦肉の策だったのかもしれない。そんな繋ぎのところだったかシーンの間のインサートだったか忘れたけれど、映画中盤で、何の説明もなく、いきなりラストの炎上するバイクのショットが一瞬カットインしてちょっとドキッとさせられた。
 
最初の方でもモーテルの宿泊を拒まれるシーンなどもあったが、前半、中西部の農夫の家で食事をおよばれするシーンや、ヒッピーコミューンに立ち寄るあたりあたりまでは、主人公のピーター・フォンダやデニス・ホッパーは開拓者の系譜につながるアメリカ精神の継承者として明るいトーンで描かれている。
中盤ジャック・ニコルソンのドロップアウト弁護士が仲間入りするあたりから、素朴な開拓者精神とは裏腹なアメリカの現実が主人公たちに有形無形の圧力をかけるとともに、だんだん死の影があちこちに差し掛かってくる。ニコルソンは「人々は自由を語ることはするが、実際に自由を目の前にするとそれを恐れるんだ。恐怖は危険だ」といったことを語った直後に、まさにそういう自由を恐怖する連中によっていとも簡単に殴り殺されてしまう。先の炎上するバイクのインサートはこのあたりだっただろうか。
映画のクライマックスは二人がたどりついたニューオーリンズの謝肉祭なのだが、実録風に撮影されたマルディグラの映像はあまり使われていない。ニコルソンの紹介状を持って訪れた娼館はゴシックな教会のようなところで、エレクトリック・プルーンズの「主よ憐れみたまえ」が使われる。その後の墓場での娼婦たちとのLSDパーティではトリップの間じゅう使徒信条と主の祈りが流れ続け、weird極まりない。だいたいなんでわざわざこんな陰陰滅滅としたセッティングでLSDキめようとするかね。

ニューオーリンズをあとに再び旅に出る二人のバックに、ロジャー・マッギンの歌うディランの歌が流れる。例によって難解な歌詞だけど、この中でディランはアメリカの偽善を告発し、何者にも属さないでいることの大切さを歌っているようだ。まるでジャック・ニコルソンの死の直前のセリフのように。歌のタイトルは「ママ、大丈夫さ、血が流れているだけさ」という。
そしてこの直後が衝撃的なあのラストなのだけれど、これだけフラグが立っていると実は意外ではない。

カメラが川の流れにパンし、静かに流れ出すマッギンの歌が、主人公たちの心情を海に流れ込む川の流れになぞらえて代弁する。陰鬱なエンディングにもかかわらず、この空撮の解放感がカタルシスを与えてくれる。謝肉祭のあと教会の暦はキリストの受難を再現する四旬節から復活祭へ向かっていく。「川よ流れろ、海へ向かって」
ラストショットの川の流れに、ホッパーはアメリカの再生への祈りを込めていたのか。


***
ディランの元曲聞いたときにはぜんぜん気づかなかったのだけど、今回この映画でロジャー・マッギンの「イッツ・オールライト・マ」を聞いて、遠藤ミチロウの「お母さんいい加減あなたの顔を忘れてしまいました」とかなり雰囲気が似ているのに驚いた。黙示録的なヴィジョンとか、「お母さん」への呼びかけである点とか、影響を受けていてもおかしくないだろうな。

***
ラストのシーンは映画的にはかなり気色が悪い。バイクとトラックが切り返しで撮られているのだけど、トラックが前から写されているショットには後ろの路上にバイクが写っておらず、逆にバイクの向こうに走り去っていくトラックは写っていない。つまり、バイクとトラックが同じフレームに写るショットは存在しないんだな。これをもってたとえばあのトラックは実際には存在していなかったなんて深読みすることもできるのかもしれないけれど、多分、単純に別に撮ったショットをモンタージュでなんとかつなげたけどうまくつながらなかったってだけなんだろうな。

***
ネット上の複数の映画サイトで、この映画のあらすじに「マリファナの密輸で大金を手にした主人公たちが」とか書いてあってのけぞったよ。どこにマリファナを白い粉に精製してスニッフィングする奴がおる!?
Wikipediaにあるようにコカインが正解ですね。

Easy Rider

(1969アメリカ/カラー/1.85:1/95分)
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

【2013/05/16 02:14】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<NOISE MAY DAY 2013 | ホーム | 豊田道倫「mtv」発売記念ライヴ(5/12、難波BEARS)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1541-defe5a30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。