スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
祝春一番2008(5/4、服部緑地公園野外音楽堂)
ということでビールぶら下げて家族連れで一日行って来ましたよ、春一番
予想通り快晴で日中温度はかなり上がったけれど、夕方は涼しくて、いい野外コンサート日和だったですね。いつものように芝生席にシートひいて、ビールが進む進む。子供はやはり連れられて来ていた割とイケメンの男の子とずっとどこかで遊んでるし、夜勤明けの奥さんはほぼ熟睡状態で、まあみんな楽しめて良かった良かった。

この日の登場アーティストは以下のとおり。
小谷美紗子ぐぶつ小川美潮ウズマキマズウ良元優作DEEP COUNTJNS月夜のカルテットヤスムロコウイチエルキュール上野とアフターアワーズNIMA坂田明荒井"ABO"誠渋谷毅オーケストラいなか五郎と魚2008(a.k.a Vagina Fuck)、ふちがみとふなとパンチの効いたブルースいとうたかお

なにせほとんどだらだらビール飲みながらごろごろしていたんで、あんまし覚えていないのですが。

緑地に通天閣
・今年はステージに通天閣が立ってました。ピアノを弾いてるのは一番手の小谷美紗子さん、「朝っぱらからさわやかな青空の下で、どろどろした曲ばかりで…でも逆に芸術的には引き立っていいのかな」とか。

・カリプソ風のぐぶつ、南国ムードあふれるウズマキマズウと日の一番高いところで、このあたりはゆったりまったりビールが楽しめます。小川美潮さんはあとで渋谷毅さんのところで再度登場します。

DEEP COUNTはジャングルズ~Jazzy Upper Cutのノブさんのバンドですよね。どういうつながりか、わりとコンスタントに春一に出てて、毎回異色を放っています。前回見たときはターンテーブルが入っててもっとヒップホップぽかったような気がするのですが、今回はギター・ベース・ドラムスのハードロックアンサンブルにノブさんのトランペットとラップが乗っかるスタイルに。ここからジョニー吉長さんのオールドスクールなハードロックトリオJNSへと言う流れは面白かったですね。

・そのJNSは、最初はジョニーさんギター持って金子マリさんとデュエットしたりしてメロウなムードでしたが、2曲目からdsに座るとやはりあとは怒涛のハードロック。泉谷しげるの「眠れない夜」なんかをやってました。ギターの鮫島秀樹さんってツイストの人じゃないですか。最後にもう1曲マリさん交えて。

・大塚まさじさんの月夜のカルテット。メンバーは長田TACOさんのスライドギターに憂歌団の島田さんのds、そして船戸さんのウッドベースですからむちゃ豪華ですよねえ。さらに今回は70にして歌手デビューしたと言う「ニューミュージックマガジン」田川律さん、そして中塚正人さんをゲストに迎えてまさじさんがデュエットします。特に中塚さんとの「風景」なんか、70年代の関西のフォークシーンに思い入れのある人には涙ちょちょぎれものではないでしょうか。いや、ぼくは違いますが。でもいい歌だと思います。

NIMAさんのダンスは坂田明さんとのセッションで、ここからジャズのセクションということになるんですかね。普段ジャズのステージ見ることなんかないので、個人的には一番楽しみにしていたところ。坂田明さん、ピアノ・ベース・ドラムスを従えての4人編成だったんですが、スゴイと思いました。最初の曲はピアノもSaxも炸裂するファラオ・サンダースみたいなスピリチュアル系のフリージャズ(なんて表現しちゃうあたりが僕のジャズ知識の浅さを露呈してしまってるんですが)で普通にかっこいいのに、タイトルが「おむすび」だったりします。でもって続くのが坂田さんの歌とサックスとバックの演奏が変拍子を高速でユニゾンで決めまくる(僕的には)プログレな1曲でこれがまたかっこいい上にタイトル「役立たず」。んでラストは坂田さんが鈴を鳴らしながら唸るように歌い咽ぶように吹く「死んだ男の残したものは」で、これは情念の世界ですね。もう3曲のスタイルはばらばらなのにどれも坂田さんの印がはっきり付いているっていうのがすごいと思うのです。

渋谷毅オーケストラ、パーソネルのうちの何人かは渋さ知らずとか忌野清志郎とかコクシネルとかDCPRGとかONJOとかで耳にしたことがあるはずなんですが、まあ当然そういうバンドとはまったく違う音楽で、基本的にはフリージャズ以降の人が集まって普通にビッグバンドをやってみようと言うコンセプトのようです(あ、ぜんぜん違うかもしれません、なんせ門外漢なので)。ジャズの人ってなんでもできるんだなあと感心します。渋谷さんといえば僕の守備範囲で言えば二階堂和美さんのバックでピアノ弾いてはったのが印象深くて、昨日の今日だからもしかしてニカさん出てこないかなあなんて妄想していたのですが、まあ当然そんなことはなかったんですが、金子マリさんを加えてのセッションに続いて、小川美潮さんが登場して渋谷毅さんのピアノだけをバックに歌ったのが素晴しくって、涙が出ました。ラストは林栄一さんのファンクな曲。

・中川五郎さんは70年代に組んでいたVagina Fuckというバンドで登場、のはずだったのですが当時のメンバー永井充男さん・中川イサトさんに加えて13名の大人数になったバンドの最年少メンバー(8歳女子)に気を使ってバンド名急遽改名だそうです。ルー・リードのカバー(といってもほぼ完全に五郎さんの歌になっているのですが)「ビッグ・スカイ」にはじまり、ラストは「イマジン」の完全日本語訳カバー。

・今回けっこう長い時間の出番だったふちがみとふなと、今回我が家の3人の共通のお目当てです。この時ばかりは家族そろって正座して聞きました(ほんとは子供は勝手に最前列まで行って聞いてた)。1曲目「いとしのロール」ではなんとコール&レスポンスが成立し、渕上さんも喜んではりました。新曲「おとうさんに動物を見に連れて行ってもらった」歌が大爆笑。どこかでニューアルバムレコーディング中というような話を読んだような気がするのだけど早く出ないかなあ。「at home」ではちょうど陽が暮れかかり照明がともり、いい時間帯でした。うちの奥さんも思い出したように「うちも今晩の晩御飯どうしよう」とつぶやきました。最後の曲はピアノに坂田明で弾いていた黒田京子さんとハーモニカにいとうたかおさんを加えて山之口獏の「ヴァレリーさんでもぼくのなぞ読んでない筈だ」ってやつ(「博学と無学」でした)。これCD持ってないや…。

・パンチの効いたブルースというのは「マダムギター」長見順さんのバンドです。ベースのかわいしのぶさんってスーパー・ジャンキー・モンキーの人じゃないですか!長見順さんは最近話題になっていたのでちょっと気になっていたのですが、このトリオのちょっとジャンクな感じのブルーズは今時の感じでしっくりきました。「加藤さん」w。最後は坂田明、渋谷毅プラスギタリスト(すいません名前わかりませんでした)という3人の「パンチの効いたオヤジたち」を加えて「舟歌」(ジョーン・ジェットヴァージョン)だったのですが、これはさすがにオヤジたちの方が一枚上手だった感じ。
※追記 おやじその3「ギタリスト」の人は鬼怒無月さんだったみたい。どうりでバカテクだったわけだ。勝井祐二さんあたりに近いところにいるのでどっかで見ていてもよさそうだけど多分今回初めて見ました。

・大トリはいとうたかおさん。松田幸一さんのハーモニカをバックに高田渡さんの「夜風のブルース」を弾き語り。この曲は昨日確かシバさんも歌ってたと思う。元歌がディランの「ウディに捧げる唄」だというのは最近になって知りました。でもこのメロディにラングトン・ヒューズの詩をのっけるという発想がイカしてる。それも「みなさんわっしが東京に~」だもんねえ。ぼくはこの人の曲はほとんど聞いたことはないのですが、渋谷毅さんのピアノを加えて歌われた「シンクロニシティ」の長い歌はすごく緊張感があって聞かされました。さりげなく加川良さんがコーラスを加えていたのにはびっくりしましたが。さすが春一。


えー、腕真っ赤です。風呂入ったら痛い痛い…。
これで春休みはオシマイ。次は夏休みフジロックまでお仕事ですわ。
今年はライヴはもうちょっと行くつもりだけどね。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2008/05/06 03:53】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<創業大正2年/神の遍在/黄金のまどろみ | ホーム | "みんなGIANT"「ジャイアント・クラブ」リリースパーティ(5/3、中津芸術文化村ピエロハーバー)>>
コメント
>たけちよさん
どうも、コメントありがとうございます。
なんせほんとに近所ですからね、行かないわけに行かないです。5月連休の春一は7月末のフジロックとともに我が家の年間行事に入ってますから、もう、有無を言わせません。日程もですが、時間がね、長丁場なんでちょっと気を使いますね。
でもぜひたけちよさんも一度参加してみてくださいな。だいたい周りに自分より年長の人間の方が多い野外フェスなんてそうそうありませんよw
【2008/05/07 11:36】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
あー うらやましい、
おいらも一回でいいからいってみたいっす>春一番
しかし家族持ちに厳しい日程っすよねー!

おいらは二者択一で岩国基地祭に行ってきましたが・・
【2008/05/06 20:02】 URL | まつだいらたけちよ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/132-498a648d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。