スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
折田先生/悪魔シンパ/フジ第1弾
2/25(土)
あいにくの小雨が降る中、早朝から京都大学に出かけ、受験生を激励する。
折田先生2012
今年の折田先生。

120225進々堂
京大北門前の進々堂でカレーセット、800円。
そして京阪~近鉄乗り継いで奈良に出勤。

仕事を終えて閉店直前の難波のタワーレコードへ。mmm「ほーひ」購入。
なんだかな表紙の「クイック・ジャパン」100号を立ち読み。松本亀吉のいつになく皮肉も悪口も当てこすりも読み取れない生真面目な調子の「インタビュー」をホンマカイナと呟きながら読む。どうやら職業ライターを廃業するのはマジみたい。残念だなー。
「歌姫2001」は名著だと思うんだけど、亀吉さんの単行本てこれ一冊しかないのか、信じられんな。
ほーひ
「ほーひ」にバッヂが付いてきた。

2/26(日)
昨日の朝日新聞別刷beの「うたの旅人」は近藤康太郎記者によるストーンズ「悪魔を憐れむ歌」だった。
ウッドストックの愛と平和の幻想を半年で叩き壊した悪名高きオルタモント・スピードウェイでのストーンズ主催のフリーフェスティバルで、ストーンズのお声がかりでビール飲み放題の報酬で警備を担当し、狼藉の限りを尽くして果てには観客の黒人青年をなぶり殺したヘルズエンジェルスの当時の支部長へのインタビューが怖い。

「ストーンズはトラブルを求めていた。だからおれたちを雇ったんだろ? そしてご希望通りトラブルが起きた。やつらが想像していたより、少しばかり大きかったようだがな。」

他にゴダールの「ワン・プラス・ワン」に描かれたレコーディングの過程や、曲のキモになったガーナのリズムについてなど、盛りだくさん。

映画「ギミー・シェルター」よりオルタモントの「悪魔を憐れむ歌」。なんちゅうバッドなヴァイブレーション。

今日も早朝出勤で、眠い。
さすがに二日も続けて朝から起きてたら眠たくて仕方ない。世間の勤め人の人たちはすごいなあ。ごめんなさい。

2/27(月)
奥さんと池田の豊能税務署に確定申告をしに出かける。
いっぱい追加の税金を払う…。
120227ガスト
ガストでオリジナルビーフカレーMにハンバーグトッピング749円+税。
池田のダイエーを探検して帰る。

「紙のおとうた通信」が届く。4月に行われる「おとうた大感謝祭」の詳細が。
4/8(日)13~17時(予定)、コーポ北加賀屋。入場無料(定員200人)で出演が梅田哲也(遠隔操作ライブ)/AURORA/長谷川健一Sings J-Pop/三田村菅打団? and more ってなんという太っ腹!!
…しかしこのあたりは無理だろうなあ。

2/28(火)
深夜、ANIMAXで録画していた「魔法少女まどか☆マギカ」第3話。
いつも強く見えたマミさんの真情吐露があって、まどかと心がつながって暖かい気持ちになった直後に、無残な死を遂げるという、いや何回見ても胸を突くえげつない展開。

夜半から大雨。

2/29(水)
朝日のオピニオン欄できくまこ先生が3.11以降の科学者の役割を語ってる。
しかしこの風貌インパクトあるな。ほとんどアシッドマザーに混じっていても違和感がない感じw
同じ面で中山みぽりんがダンナののろけ話してるし、なかなかカオス、朝日新聞。

二度寝して目を覚ましたらなんかいい天気に晴れ上がってる。
通勤中にいつものようにTBS「小島慶子キラ・キラ」ポッドキャスト。オープニングトークで堀井憲一郎が「苦手な咄家の落語でも何十回と通うと、好きになることはなくても、いろんなものが見えてくる」と。「嫌いだと思っても切らないで、保留しておいたらまた回ってきてなんか面白いかもしれないから」
そういうもんだよなあ。ライヴもそうかもしれない。今そこまで回数見られないのから、気に入ったバンドをときどき見に行くだけであまり見えていない。せめて対バンが苦手なバンドでも必ず見るようにはしているけど、最近あんまりそういうケースもないんだよな。

そしてさらに「ペラペラ」のコーナーで、以前も話していた坂本龍馬に乗っかる政治家批判を、より徹底的に。龍馬は確かに夢は語ったが、日本史上政治家としてなんの成果も出してないフィクサーに過ぎない。そのあたりに無自覚・無批判なままロマンチックなムードだけで持ち出す連中は、政治家として本気で日本を変えるつもりとは思えないと。

深夜、フジのラインナップ第1弾発表。
一般的に洋楽ファンにとっては豪華なメンツ、なんだろうな、きっと。すでに発表されているストーン・ローゼス、レディオヘッドに加えてリアム・ギャラガーのビーディ・アイ、ジャック・ホワイト、再結成ATDI、ジェイムズ・イハなどなど、聞いたことはないけれど名前だけは俺でも知ってる。でもどれもそんなに観たいと思わんのだよな。お客が多くなりそうなのがめんどくさいなとか思ってしまう。宿の手配とかもたいへんになるし。じゃあどんなのが出れば喜ぶんだ、といわれると困ってしまう。そろそろ卒業の時期だろうか。

スペシャルズは楽しみだな。ロートルですが。

「あの夏で待ってる」
ラブコメからいきなり本格的にSF設定が動き出して、いよいよ終盤に向けて盛り上がってまいりました。

本日のRT
@videobird: 刷り込みというのは恐ろしいものでミネソタ出身と聞けば「卵を売っているんですね」と返してしまうのは仕方のないことだ。ボブ・ディランやプリンスにも会えばそう訊いてしまうかもしれない(まず会わないので心配しなくてもいい)
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2012/03/01 03:48】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<花のまち/大阪福島散策 | ホーム | 山本精一と、ゑでぃまぁこん(2/19、扇町ムジカジャポニカ)>>
コメント
>アメリカの大学の卒業式では決まって政治家が卒業生へのはなむけのスピーチをする。その時に党派が問題になることなどない。しかし日本では大学が政治家にスピーチを頼む事は滅多にない。そもそも政治家は国民の投票で選ばれた国民の代表である。にもかかわらず政治家は反教育的存在と見なされる。こうした事に私は長い官僚主導国家の岩盤の存在を感ずる。

無哲学・能天気の国民は、政治音痴である。大学など必要ない。
自分の考えの内容がない人たちには、議論ができない。
相手の主張には消去法で答える。ああでもなければ、こうでもないと力説する。この態度が答えになっていると思い込んでいる。
政党は徒党か。議論をすれば喧嘩になるか、喧嘩するためには議論が必要なのか。


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812
【2012/03/01 05:00】 URL | noga #sqx2p0JE[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1228-7f9450de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。