NEW PICNIC @ 太陽公園 (10/7、姫路太陽公園)
NEW PICNIC@太陽公園
国際的に活躍する日本のアングラバンドが姫路の誇るカルトスポット「太陽公園」に集う、これは伝説化必至だろうということで、早起きして家族連れで出かけてきましたよ。
(「太陽公園」自体のとんでもなさについてはここでは触れないのでこちらを参照。)
朝からあいにくの雨天で、観客の負担を減らそうという配慮か、当初予定されていた天安門広場のメインステージとピラミッド・兵馬俑抗・マチュピチュの3つのサブステージという公園全体を使ったステージ構成を急遽兵馬俑抗と凱旋門の2ステージに集約したのだけど、予報では終日雨のはずだったのが昼過ぎには晴れて来て、結果的には裏目に出てしまった感じ。
兵馬俑抗のリハが終わらず、開演が遅れてタイムテーブルは大混乱。おかげで楽しみにしていたゑでぃまぁこん見損なってしまった。まあ複数ステージあるフェスではお目当てを見損なうこともよくあること。次に何が出るかわからないそんな混乱も、個人的には嫌いじゃない。

見たバンドの感想を一言ずつ。
ドラびでお(兵馬俑抗) 黒いですね。女子十二尺棒とか美しい(変態の)国とかR-18ネタあり、子供には見せられません(見てたみたいだけど)。
SUSPIRIA(兵馬俑抗) 独特なアクションのボーカルは元スパスマム、ナスカ・カーの吉田ヤスシさんですね。スパスマムをさらに進化させたような緩急複雑骨折な変則コアなサウンドが兵馬俑のぐわんぐわんにガレージ状態の中では伝わりにくかったのでは。
キセキ(兵馬俑抗) 山本精一(g)、楯川陽二郎(ds)、MOTS(steel g)の新ユニットということですが、もう一人アップライトベースの人がいてサウンド的にはジャズ・トリオにスティールギターがかぶさる感じ。楯川さんのドラムスのグルーヴ感がさすがで、ジャムバンド的な魅力があります。会場音響の影響もあったのかMOTSさんの存在感が薄かったので今後の進化が楽しみ。
DMBQ(兵馬俑坑) 厳しい条件に果敢に挑むサービス精神あふれるステージ。
少年ナイフ(兵馬俑坑) フェス仕様のヒットパレード、「ツイスト・バービー」「マップ・マスター」「Top Of The World」「ロケットに乗って」「ESP」「ジャイアント・キティ」のあたりまで聞いたところで子供が発熱しているのに気付き(いやびっくり)、帰路に着くことに。
Tenniscoats(凱旋門) 管楽器2本、コントラバスとドラムスを加えた6人編成のライヴ(だったと思う)。本当に素晴しかったです。野外で間近に聞けたのも(親密な空気があって)良かったと思います。
ロケットSON(凱旋門) この辺のセレクトが姫路らしいところ。ぎゅいんぎゅいん気持ちよくドブロギターかき鳴らしながら、わけのわからない鼻歌のような歌を飄々と歌いこなしてました。もうね、大爆笑。イイですねえ。あ、ラストの曲ベルベッツの「European Sun」ですよね。のけぞりました。
半野田拓(凱旋門) 低音弦しかないギターのタッピングで1曲、サンプラーですかね、機械をいじって2曲。
ガルペプシ(凱旋門) 見事なスキルのヒューマンビートボックス、ただし分裂症気味なのが独自。ウィリアム・バロウズは外宇宙からやってきたウィルスである言語から人類を開放するツールとして「カットアップ」手法を考案したが、カットアップとしてのスクラッチを正しく体現していた、のかもしれない。
須原+充バンド(凱旋門) 「変わったことは出来ませんが」というスハラさんの最初のMCの通り、村岡さんとスハラさんのツインギターのカラミがかっこいいオールドスクールなギターロック。スハラさんのボーカルで「カラス」、打って変わって爽やかな村岡さんのボーカル曲(テスとパターンの曲ですよね)、そしてゲストに山本精一さん登場、「ポリティカルなのをやります、ポリティカルなの」というMCで「冬のサナトリウム~サルビアの花」。どこがポリティカルやねん、という突っ込みも青空に解けていく至福の瞬間。
須原+充バンドwith山本精一、のテントの上の青空


ぶっちゃけて言えば兵馬俑抗のライヴはちょっとキツかったですね。やっぱりDMBQとか少年ナイフは屋外で見たかったなあ。音がガレージ状態なのはそれはそれで面白かったし、兵馬の皆さん越しのステージというのもおもしろいけれど、やっぱりステージとの間に溝を感じてしまいました。OVe-NaXxさんというDJの人なんか悲惨でしたよ。ダンスフロアを埋め尽くす動かぬ兵馬に向かってDJしてるみたいで。
ステージは小さかったけど、凱旋門の居心地が良すぎて、中盤はずっとグラスワイン呑みながら凱旋門周辺でうだうだしてました。
(おかげでAMTも見られなかったですが)
フードも凱旋門のそばに出ていた「Bon!」というお店のトルティーヤが本格的に素晴らしかった。どこのお店なのかな。

運営上の不手際とかいくらでも指摘出来るかもしれませんが、僕は逆に最近の良くも悪くもレジャーランド化したフェスが失ってしまった事故のようなスリリングな瞬間が多々あり、また奇跡的にもった天気のおかげで緩く過ごせたこともあり、すごく楽しかったです。
あ、書き忘れてましたけど、キセキが終わって兵馬俑坑から外に出た瞬間にAndersensのパレードに遭遇した瞬間の「来た!」って感じ。あれですよ。
サスペリア@兵馬俑坑 アンデルセンズ、パレード中


いろいろ困難もあるかもしれませんが、スタッフの方々にはがんばってぜひ来年もまたやってほしいと思います。お客で参加という形の応援しか出来ませんが、必ずまた参加します。
来年こそは今年当初の予定だった4ステージで。
「伝説」はそのときまでオアズケということで。


あ、あと臨時バスはもう1・2台増やしてほしいです。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2007/10/10 01:19】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<フォースを使え | ホーム | トップランナー/今の君はピカピカに光って/てるてる坊主>>
コメント
>おかむーとさん
どうもです。テニスコーツ、音源もいいですがライヴにマジックがあるバンドですね。
物販を探したのですが、見つかりませんでした。太陽公園ジャケの「どうもあいましょう」に続く新作がもうすぐ出るみたいなのでこれは買うつもりです。
【2007/10/13 08:48】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
テニスコーツは素晴らしい空気を持ったバンドですよね。もう正規でリリースされてるのかわからないんですが、ライブアルバムが素晴らしかったです。僕はテニスのライブ会場で買ったのですが。
【2007/10/12 23:29】 URL | おかむーと #-[ 編集] | page top↑
>たけちよさん
たくさんコメントありがとうございます。
雨だと確かに屋外はキツイですけどね、でもお客のほうもそこそこフェス慣れしてきてると思うので、(台風が来るとか)よっぽどのことがなければ外でやったらいいと思うのですよ。逆に兵馬俑がいい避難所になったのでは。
まあ結局晴れたから言えることかもしれませんが。

少年ナイフは変わりませんねー。
ニューアルバムの曲がなしでいいのかという話もありますが、名曲ぞろいのセットですな。
AMTはいまだ見たことがないのです。初めて体験できると楽しみだったんですが。
河端さんと道下さんのデュオの終わりのほうちょびっとだけ見れました。
【2007/10/10 12:30】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
ちなみに少年ナイフはそのあと
「コブラ対マングース」
アンコール
「アントニオ バカ貝」
でした。

個人的には、「Buttercup」 をやってほしかったです。

来年こそは屋外で新しい伝説がうまれますように。


【2007/10/10 11:00】 URL | まつだいらたけちよ #-[ 編集] | page top↑
Bon Bon Cafeは将軍橋南詰め、むかし「ロック屋」というライブスペースがあったとこにできた店です。
AMTはピカチュウさんがドラムで参加、ハイテンションで熱いステージでしたよ。

【2007/10/10 10:46】 URL | まつだいらたけちよ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/12-ca716890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |