春節祭など
1/28(日)
南京町、春節祭に家族で出かける。
春節祭1
ひとまわり、いろいろ屋台のものを買い食いして腹ごしらえ。
遺憾ながら、鱶鰭ラーメンも鉄鍋餃子も豚角煮バーガーもたいがいのものはイマイチ。
ただひとつだけ、ある店の小龍包が旨かったのだけど、店の名前も商品名もわすれてしまった。熱々の肉汁が飛び散らないようにてっぺんにぷすっと穴をあけ、ちゅうちゅうしながら食べるのw 皮ももちもちしていてナイス。
春節祭2
自由行動の時間をいただき、元町の中古盤屋廻り。ハックルベリーでキャラヴァン「グレイとピンクの地+5」買ったくらい。
ひとつ発見したこと、元町の中古盤屋は何処に行っても安田謙一・辻井タカヒロの名著「ロックンロールストーブリーグ」(CDジャーナルムック)が置いてある!
春節祭3

梅田に戻り、Nu茶屋町のタワーをぶらぶら。
早川義夫「ラブ・ゼネレーション」復刊がずっと気になっていたのだけど、たまたまビニールがかかっていない見本があったので、パラパラ立ち読みしてみたら、素晴らしくシビレる言葉の連続。即購入してしまった。文庫版持ってるのにw
林静一の表紙イラストが垢抜けた装丁でリニューアルされ、中にジャックス時代の写真もいっぱい載ってる。そしてさらにジャックスショウのポスターのポストカードをオマケでもらった。
実は昨年買った早川さんの最新刊の「いやらしさは美しさ」もまだ読み切れず、最近通勤の時に持ち歩いてぱらぱらとめくってるのだけど、40年以上前の本でも、同じことを語っておられることにびっくりする。もちろん今の早川さんの文章にはない、若書きゆえのとがった表現もあって、それもおもしろい。

阪急ターミナルビルの里山dining野の宴で晩飯。梅田のビュッフェの中でここをよく使うのは、大人1名につき中学生の子供が1人分タダになるからなのだ。子供の食いっぷりを見てると申し訳ないものがあるが。そしてメニューも野菜中心で悪くないし。
カレーもあるし。
120128里山dining

自由報道協会賞ってなんだこりゃ。岩上安身て完全に身内じゃん。
まあ身内であっても相応しい活動があったということなら別に賞出してもいいだろうけれど、「世界で一番開かれたジャーナリズム賞」の1回目がこれでいいのかなあ。
あるいは協会内で成績のいい人に出す身内の賞という趣旨なら外部の人間が文句つける筋合いのものでもないが。
それにしても山本太郎て。どこがジャーナリズムやねん。

1/29(月)
寒い中、曽根に出てで散髪。耳が寒い。
昼飯に駅前のロッテリアで「けいおん!」のキャンペーンのセット買ってこいとの指示で買いにきた。いちおうネットで曽根駅前の店舗でちゃんと取り扱いがあると確認していったのだけど、店さきにそれらしき気配はない。みのもんたののぼりがたっている。
私「あ、あの、けいおんのセットがあるって聞いたんですけど…」
店員「え、(…なにこのおっさん)…ちょっとお待ち下さい。」
ごそごそと奥に行って、店長さんになにか言ってるのでどうなるかと思ったら、レジの下からごそごそとグッズを取り出して、店長さんが対応してくれた。
けいおんチキンコンボ
いろいろゲット。奥さんはこのトリさんのポーチが欲しかったらしい。

夕方から塩屋にでかけ、旧グッゲンハイム邸でゑでぃまぁこんほか4組。
山路さんのおうどんとゆすらごのカレー、どっちにしようか迷っていたのだけど、結局両方食べたw 旨かった。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2012/01/29 20:43】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<IKITSUGI 18(1/29、塩屋旧グッゲンハイム邸) | ホーム | 君だけに愛を/ふでペンボールペン/明日なき世界/タカシハンター/それがちょっとの搾取ならば>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1196-0ec69d16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |