Phew & 山本精一(12/22、梅田・Shangri-la)
ここんとこちょっとライヴ行きすぎだと思うんですけどね。
今回ばかりは発表されてすぐに予約メールを入れました。Phewと山本さん、近年ソロでの共演は何回かあったけれど、今回は山本精一&Phew名義(正確にはシャングリラのHPやチケットは「山本精一&Phew」、チラシや当日入口の看板は「Phew&山本精一」だったんですがw)でバンド編成で僕のオールタイムベストの名盤「幸福のすみか」の曲を再現するっていうんですから。
バンドメンバーはPhew(vo)・山本精一(g.vo)・山本久土(g)・原田仁(b)・茶谷雅之(ds)という、ベースが西村さんからROVOの原田さんに変わった4/5MOSTという強力面子です。

開演時間10分ほど過ぎて幕があき、Phewをのぞくバンドメンバーが登場。山本精一は着席で、譜面台を見ながらおもむろにいつものヘッドの欠けたストラトを爪弾きだし、みんな大好き「まさおの夢」を歌い始める。「バケツの歌」「そら」とまずは3曲山本精一の歌。たとえば「バケツの歌」、「鉄は錆びるガラスは割れる/花は枯れる人は壊れる」身もふたもなくとことん絶望的な歌になんど助けられたことか。
Phewがすっと登場し「飛ぶ人」をすっと歌い出す。「飛ぶ人は落ちる…」深いところから湧き出てくるようなPhewさんの歌声は、やはり別格だ。山本精一のこちらのふところにすんなり自然に入り込んでくる歌とは対照的に、Phewの歌は強烈な異物感でこちらをゆすぶってくる。
前のライヴの時に山本さんが「全曲完コピする」と言っていたけれど、演奏は完コピというよりニュアンスをつかむようなどちらかと言えば緩めの演奏。「ロボット」の脱臼加減は絶妙だった。「そのうち」のテンションの高い演奏もかっこいい。そしてラストはアルバムの最後を飾る表題曲「幸福のすみか」、茫漠とした音の風景に響きわたるようなPhewさんの深い深い歌声。

ここで本編修了、アルバムの全曲プラス途中フォーククルセダースの「オーブル街」をはさんで全9曲1時間弱、素晴しかったけれどさすがにこれでは足らん。長いコールに応じてアンコールのセットが始まる。
まずは「オーブル街」同様Phewの「Five Discount Finger」に収められていた加藤和彦の「不思議な日」、そして最近の山本さんの持ちネタと化しているマッチング・モウルの「O Caroline」を今回は2番をPhewと分け合って。
これで美しく〆るのかと思いきや、「Most!」という野次をPhewさん「Mostちゃうがな、うるさいわ」と軽くいなして、まだ続きがあった。なんというか、たいへん奇天烈でポップな歌。「報道するのはよいことなのですか」「インド猫ワン猫ドラ猫山猫化け猫」リフレインがとってもキャッチーで、意味不明。これは山本精一&Phewの新曲、ということだろうか。

ふたたび長い拍手に応えてメンバー登場、山本精一「思う壺じゃ。ヘッお前らの喜ぶようなことはせえへん」と毒づいたところに、さっきPhewにいなされたオッサンが再度空気を読まずに「坂本龍一やって!」と声をかける。間髪いれず「山本精一じゃオレは!」と言う返し、そして激しくかき鳴らすギターのイントロからハードなパンクナンバーに流れ込む。もうかっこよすぎて笑い死にそう。まさにMostのナンバーだったらしい。Phewのパンクボーカルも演奏の一体感が素晴しすぎる。
そして何事もなかったかのように、静かにヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲でフィナーレ。

なんとも規格外な濃いアンコールだった。濃すぎて本編の印象が薄れてしまったよw
正直なところ、僕は洋楽のカヴァーはあんまりいいと思えなかった。あれだけアルバムで素晴しいと思った「Five Finger Discount」からの加藤和彦カヴァーですら、今回はオリジナルの曲の演奏・歌唱に比べるといまひとつだったような気がする。本編の曲はもちろん、アンコールで演奏された2曲の不可思議さと力強さ、もっと聞きたい。
そしてMost。Mostはちゃんと聞いてなかったんで、恥ずかしながらスターリンの曲かと思った。ごめんなさい。最初のアルバム聞いてあんまり乗れなかったんで聞いていなかったのだけど、ライヴで見なきゃダメだなあ。本当にかっこよかった。今度やることがあったら絶対見に行きます、Most。
[セットリスト]
1. まさおの夢
2. バケツの歌
3. そら
4. 飛ぶ人
5. 鼻
6. オーブル街
7. ロボット
8. そのうち
9. 幸福のすみか
(アンコール1)
10.不思議な日
11.O Caroline
12.(報道するのはよいことなのですか)
13.(インド猫ワン猫ドラ猫山猫化け猫)
(アンコール2)
14.毎日
15.Candy Says

[関連ライヴ]
Phew「Five Finger Discount」発売記念ツアー(2011/2/4、心斎橋クラブクアトロ)
Presentation47 Phewとbikkeと山本精一(2009/10/2、京都四条烏丸shin-bi)
SONGS vol.1(2006/7/8、新世界BRIDGE)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/12/25 14:44】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<夢見るSeason | ホーム | ゑでぃまぁこん タヌキツネコワンマンライブ(12/18、塩屋旧グッゲンハイム邸)>>
コメント
過大評価ですか、僕はそうは思わないです。
(世間の「評価」がどんなものかあまりピンと来ませんが)
僕も「終曲」の頃は聞いていましたが、その後はどちらかといえば苦手であまり聞いていませんでした。
一本調子なイメージがあって、山本精一関連でもMostだけはあまり聞いていなかった。
ただライヴでその歌を聴いて、思っていた以上にバラエティも深い表現力もあるその歌声にやられてしまった次第。
本文中にも書きましたが確かに異物感のある歌なので、好き嫌いは分かれるかもしれませんね。
【2011/12/28 22:03】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
Phewって過大評価されてる?
ヴォーカルが入って来た途端、
それまでの演奏が台無しになってしまうのです…。
【2011/12/27 23:01】 URL | ひろみちゃん! #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1161-569f0efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |