ゑでぃまぁこん タヌキツネコワンマンライブ(12/18、塩屋旧グッゲンハイム邸)
旧グッゲンハイム邸に行ってきました。年末恒例となりつつあるゑでぃまぁこんのワンマンライヴです。
旧グの夜のライヴと言えばだいたい7時半ぐらいから始まることが多いので、6時という早いスタートで、ちょっと長めにやるんだろうな、という予想はついたのですが…。
その凄まじさはセットリスト(不完全ですが)を見ていただければそれでじゅうぶんと言う気がしますが、印象をちょっとだけメモしておきます。

ゑでぃまぁこん
・10分くらい押しで開場して、室内に入ると、メンバーはすでに持ち場について待ち構えています。楽器の間に豆球の電飾が渡されて、ちかちかとまたたいてクリスマスムードを高めます。ゑでぃさんの前にはオルガンが。

・初期のゑでぃまぁこんらしい幻想的な曲で演奏が始まると、場内の空気が一瞬にして変わる。いつもそうだけど、ゑでぃまぁこんらしいサイケ感。

・第1部は4・9といった新しい曲も取り混ぜつつ、いつもより昔の曲ちょっとだけ多めかな、というセット。大好きな7を演奏してくれたのが個人的に嬉しいところ。

・楯川さんと水谷さんのリコーダー合奏で始まる美しい10で1時間弱の第2部終わり、ふだんだったらこれで長めのステージ1回で完結していてもおかしくない内容、でも今日はまだ続きがある!

・第2部はなんといってもゑでぃさんがオルガンを弾きながら歌う2曲が前半のハイライトだった。大好きな13のオルガンのヴァージョンは嬉しかったし、やはりなんといっても14、ゑでぃさんのオルガンと水谷さんのピアニカにゑでぃさんとまどかさんの歌声が乗っかり、後半ベースラインと押し寄せるハイハットとスティールの音が加わっていく、息を呑みました。

・第2部のもうひとつのハイライトは後半、まーこんさん楯川さんのスイングするリズム隊の上で水谷さんのサックスが大活躍する17・18のジャジーなアンサンブル。17の楯川さんのマレットで打ち鳴らすフロアタムのラウドなビートも印象的。

・第3部はまず新曲を中心に最近のゑでぃまぁこんのひとつの魅力でもある明るめの、楽しい曲が続く。22での水谷さんのクラリネットとまどかさん楯川さんのリコーダーアンサンブルや、24のモツさんまどかさんとゑでぃさんの歌の掛け合いなど、いろいろ新機軸。

・さらにスペシャル、カバー曲のコーナー。26は5月にこの旧グ邸であったオクノ修さんのレコ発のときにゑでぃさんがソロで披露していた曲だけど、今回は楯川さん大活躍のラテンなアレンジ。しかし斉藤由貴や薬師丸ひろ子って、ゑでぃさんの声質にぴったり。こういう曲が、こういうスペシャルな機会とはいえ、ゑでぃまぁこんで他の曲と違和感なく演奏されるようになったところが、彼女たちのサウンド面でのこの10年の大きな成長だと思う。ゑでぃまぁこんは「アシッド・フォーク」ではなく「ポップス」の棚に入れてください。

・華やかで楽しい27から、初期と現在の代表曲ともいえるキラーチューン3連発。これで本編終わりでもおかしくないところだったのだけど、なんと「最後の休憩です」。もう1セットある!

・そして少し短めの第4部が本当に素晴しかった。ちょっと不気味で幻想的な曲、しっとりと叙情的な曲、透明感あふれるポップな曲…最近の曲ばかりで今のゑでぃまぁこんの幅広い音楽的魅力をあますところなく伝えきる濃厚なセット。どの曲も本当に良かったのだけど、始めて聞いた曲で、まどかさんが弾くシンプルなピアノのフレーズが印象的な33は揺れる情感のこもった胸を打つ歌だった。

・アンコールが終わったら10時を回っていた。開演からちょうど4時間、お疲れ様でした。そしてすばらしい演奏をありがとう。
         
・入場時に本日の特典ということで、この10年間のライヴ映像を収めた「赤面メモリーズ(2001-2011)」と題されたDVD-Rか配られた。なんと太っ腹、84曲ずらっと並んだ曲目と演奏場所、参加メンバーのデータが壮観。ふたりで始めてから現在の7人編成に至るまでのゑでぃまぁこんの歴史。そしてこの日のライヴ自体も彼女たちの10年間の音楽的広がりを総括するようなものになりました。

[セットリスト]
1. イクヨノシタク
2. あみめ
3. かくれんぼ
4. ブロッサム
5. うしろ姿
6. 雲にのる
7. 丘へ
8. 麻雀砂漠
9. 星泥棒
10. みらいのくうき
(休憩)
11. 残されたもの
12. 幽苑
13. 交信 
14. とらとらいおん
15. クローゼット
16. くさり
17. かげろう
18. チーズ工場
19. ドイリー
20. てんとちと
(休憩)
21. 紅茶の海のような血管の中へ
22. 萌芽(?)
23. かしこかしこ
24. 爪先夜行(?)
25. 土曜日のタマネギ
26. あなたを・もっと・知りたくて
27. 窓辺のふぁふぁふぁ
28. さよなら
29. 快哉割烹
30. 塵散舞埋
(休憩)
31. 眠れぬ羊
32. 冬の日
33. ブーメラン
34. 木霊
35. 昇華
36. スロウな夢
(アンコール)
E. 新しい場所
(まさヲさん、ちゃーさん補完ありがとうございます)
[関連ライヴ]
PSYCHEDELIC AUTUMN DAYS(2011/10/16、難波BEARS)(ゑでぃまぁこん)
夕凪×ゑでぃまぁこん(2011/8/21、難波BEARS)(ゑでぃまぁこん)
夏のお兄さんの日(2011/7/23、塩屋・旧グッゲンハイム邸)(ゑでぃまぁこん)
「オクノ修、高田渡を歌う」レコ発(2011/5/25、塩屋旧グッゲンハイム邸)(ゑでゐ鼓雨磨)
雯(ぶん)2011(2011/5/15、心斎橋クラブ・クアトロ)(微音生[ゑでゐ、まぁこん、BILL])
播州闇市ショウ(2010/12/5、姫路マッシュルーム)(ゑでぃまぁこん)
テニスコーツ×ゑでぃまぁこん(2009/12/20、難波BEARS)(ゑでぃまぁこん)
軽音楽ジャンボリーseries vol.2「第1回軽音楽とジャンボリー」(11/8、塩谷・旧グッゲンハイム邸)(ゑでぃまぁこん)
PLAY GROUND(2009/8/4、京都磔磔)(ゑでゐ鼓雨磨)
uzumibi presents watashinofune release live (2009/2/15難波BEARS)(ゑでぃまぁこん)
「ゆきのようにしおふらせて」(2008/12/14、なんばBEARS)(ゑでぃまぁこん)
TANA PRESENTS (2008/2/24, 本町jaz' room nu things)(ゑでぃまぁこん)
ギューン秋祭り2007~ファンダンゴ20周年記念~(2007/11/4,十三Fandango)(ゑでぃまぁこん)
NEW PICNIC @ 太陽公園 (2007/10/7、姫路太陽公園)(ゑでぃまぁこん)
山本精一と幽霊バンド、ゑでぃまぁこん(2006/11/19、姫路EASE)(ゑでぃまぁこん)
ギューン秋祭り2006(2006/11/5、十三FANDANGO)(ゑでぃまぁこん)
EASE presents "New Picnic Syndrome vol.01"(2006/8/19、姫路Mushroom)(ゑでぃまぁこん)
Mount Eerie & Nikaido Kazumi Japan Tour(2006/3/12、姫路EASE)(ゑでぃまぁこん)
ゑでぃまあこんCD発売記念(2005/12/25、難波BEARS)(ゑでぃまぁこん)
ギューン秋祭り2004(2004/11/3、十三FANDANGO)(ゑでぃまぁこん)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/12/22 13:37】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Phew & 山本精一(12/22、梅田・Shangri-la) | ホーム | 正男の夢/ベスト/ときめきに死す>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1156-e412157a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |