スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
埋火"ジオラマ"Release Tourワンマン!(12/16、難波BEARS)
埋火の10月に発売されたアルバム「ジオラマ」の発売記念ライヴを観にベアーズに行ってきました。
開場の7時過ぎにベアーズに着いたらまだお客さんはまばらで、本日のDJ、蒼月書房の金本武志さんがかけるレコードが流れる中、DODDODOさんと見汐さんが店番をする蒼月書房出店をしばし物色。金本さんのDJは和物中心の渋い選曲で、知ってる曲は「堕天使ロック」(ジャックス)とか「Sunday Morning」(Velvet Underground)とか超有名曲ばかりなんですけど、いい感じです。そうこうする間にお客さんが集まり、開演時間を回って細野さんから恭蔵さんという「ろっかばいまいべいびい」2連発という大ネタから「インスタントコーヒー・ラグ」の田中研二の語りが流れるあたりでステージ上にメンバーが登場、セッティングしながら見汐さんが「♪インスタントコーヒーラーグ」と口ずさんでいます。
見汐さん開口一番「お客さん来てくれてよかったー、嬉しいです」と本当に嬉しそう。ワンマンは今日が初めてで、客が集まるかかなり不安だった様子。

ギターのハーモニクス(?)のきらーんという音で始まる「溺れる魚」、そして「ブリッジ」とアルバムの曲順どおりにゆったりとライヴが始まります。丁寧に作りこまれたアルバムの曲が、ライヴでさらに生き生きと勢いを持って再現されていきます。
今回はいつにもましてドラムの志賀さんのコーラスがよく聞こえていたような気がします。序盤に演奏された曲で、ほぼまるまる見汐さんと志賀さんのデュエットで歌われる「すべては風景において」がよかったな。
前作「わたしのふね」の曲もたくさん演奏されました。「埋火は遠距離バンドなんで曲をどんどん忘れていくんです」なんて言いながら、歌い回しやギターのフレーズを変えたり、演奏が細かくアレンジされていたり、どの曲も少しずつ変化が加えられていて感心します。
バックで細かくドライヴするベースラインがかっこいい「わたしのふね」から間髪いれずにベースだけをバックに見汐さんと志賀さんの「シャラララ~」というコーラスがはじまる「サマーサウンズ」の演奏などを聞くと、今のこのバンドのサウンドに須原さんのベースのしめる位置の大きさを感じさせられます。
よく考えたら埋火を見るのは2年ぶりなんですが、見るたびに大きくなっているような気がします。前見たときも見汐さんのパフォーマンスに余裕とか貫禄のようなもんを感じたのですが、今回もさらに安定感が増しているような気がします。安定感というか、安心感と言うか、楽しんで演奏しているっていう空気がこちらにも伝わってくるようです。「なぞなぞ」とか「Letter」とか、聞きなれた「わたしのふね」の曲がどれも素晴しくチャーミングで楽しかった!
バンドの表現力の大きさを見せ付けられたのは、ちょっと羅針盤を思い出させるサイケなインスト「ディスタンス」から「夏至」のメドレー。須原さんのベースと志賀さんのドラムがゆりかごのように揺らすゆったりとしたビートの中でリヴァーブのかかった見汐さんのギターがしだいに激しくうなりまくり、それにつれて志賀さんのドラムスもどんどん激しく叩きつけていきます。一瞬静まって歌が始まり、また後半演奏が激しく高鳴っていくダイナミズム。
福岡時代のファーストアルバム「恋についての短いフィルム」に収められていた「ほおずき」をざっくり演奏して、「菊坂ホテル」「森閑」と激しいガレージっぽいロックに続きます。鳴り響き続けるフィードバックノイズの中から「ジオラマ」でもラストを飾る「テレパシー」「タイムレスメロディ」が立ち上がってくる美しいエンディング。

アンコールの「だから私と」は、見汐さんがギターを持たず、須原さんのベースラインにのせて歌うスペシャルバージョン。
曲が終わり、鳴り止まない拍手を制止するように金本さんのかける加藤和彦が流れ出した時には、すでに開演から1時間半がたっていました。あっという間の、でも密度の濃い90分でした。


物販で見汐さんのソロ第2弾「ひきがたり2」と2種類のミックスCD-Rのうちの和物編を購入。
あと蒼月書房ではあがた森魚の「永遠の遠国」のCDボックスが出ていたので購入。帰ってあけてみたら2枚組CDに分厚いブックレットが付いていてかなり嬉しかったです。
[セットリスト]
 1. 溺れる魚
 2. ブリッジ
 3. と、思った
 4. すべては風景において
 5. なぞなぞ
 6. オカリナ
 7. わたしのふね
 8. サマーサウンズ
 9. Letter
10. ディスタンス~夏至
11. ほおずき
12. 菊坂ホテル
13. 森閑
14. テレパシー
15. タイムレスメロディ
En. だから私と

[関連ライヴレポ]
 「日曜日のうた」発売記念ライブ(2010/5/16、難波BEARS) 見汐麻衣
 Fuji Rock Festival 2009 Day3(2009/7/26、苗場スキーリゾート) 埋火
 PSYCHEDELIC SUMMERDAYS Vol.2(2009/7/10、難波BEARS) 埋火
 Song of Songs 2009 ~Beautiful side(2009/5/30、難波BEARS) 埋火
 uzumibi presents watashinofune release live (2009/2/15難波BEARS) 埋火
 ギューン秋祭り2006(2006/11/5、十三FANDANGO) 埋火
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/12/19 11:29】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<正男の夢/ベスト/ときめきに死す | ホーム | 収束宣言/インスタントコーヒーラグ/ひととひと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1153-44de3ea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。