白昼夢の国/せんきょ
11/26(土)
Tumblrで流れて来たフライヤーの画像に仰天。
ソニック・ユース初来日公演@同志社学館ホール!共演ボアダムス!
1988年だから卒業した次の年のことだし、ぜんぜん知らなかった…。
ボアはたぶんこのころ田畑さんが抜けて、山本さんが入り、セルフィッシュからファーストを出したりするころかな。
86年ごろに一度だけEGGPLANTに見に行ったことがあるけれど、基本このシーンにはまったく縁が無かった時分のことでした。

ソニック・ユースはこの年の秋に名作「デイドリーム・ネーション」を出す年か。
でも僕がソニック・ユース聞き出したのは90年代になってからだったな。

朝から出勤で大きなイベント。

11/27(日)
引き続き朝から出勤。二日続けて朝シフトは眠い。

大阪府知事・市長選。20時まで投票だったはずなのに、20時ちょうどに、待ち構えていたかのように府知事松井・市長橋下当確の報。
やれやれ、そんな風になりそうな気はしていたけれどそれにしてもあんまりな圧勝に心底がっかり。

橋下さんの政策って基本ネオリベラリズム的な「小さな政府」と公正競争による市場原理に基盤を置いていると思うのだけど、みんな本当にそれが自分にとって利益があると思って投票しているのだろうか?
大阪都構想については僕はよくわからないので、何もいえないけれど、たとえば橋下さんの言ってる教育改革って、言い換えれば健全なる競争原理の導入による教育の序列化だよね。「効率化」と言い換えてもいいと思う。もちろんそれで効率的に伸ばされる学力は確実に存在するけれど、反面効率的に学力伸長から切り捨てられる大多数の人間が同時に生み出されることになるんだけど、みんな気がついているのだろうか。それはそれでいい、そういう人たちは学力以外の選択肢を選ぶようになればいいのだ、というのはひとつの考え方だ。でも、街角のインタビューに答えて「教育を改革して、もっと子供たちの学力を上げて欲しい」みたいなことを言ってるおっちゃんは、自分の子供がかなりの確率でエリートにはなれない可能性が高い、ということがわかっているのかな。
きわめて象徴的だったのは、例の週刊新潮・週刊文春の橋下さんの出自をネタにした下品で最低のバッシング記事だ。今となってはあれは橋下さん側のヤラセだったのではないかとすら思えてしまう。というのは、本来なら橋下市政でまっさきに割を食いそうな人たちのかなりの部分が、逆にあの記事のおかげで橋下さんにシンパシーを抱くようになったように思われるからだ。
橋下さんご自身はきっと努力家の頭のいい人方なんだと思う。ただ、彼自身が社会的経済的な弱者とされる人々に近いところから、努力で叩き上げて出てきたがゆえに、逆に弱者とされる人々のダメさにもきわめて敏感で、より真摯で厳しいのではないかという気がする。そして、そういう真摯な姿勢こそが、どう考えても本来恩恵を受けると思えない人々に熱烈な支持をよぶ、という構図に、暗澹たる思いがする。
俺はがんばっていつまでも勝ち残る自信なんかないから、そんな立派な人が真摯に推し進める公正な競争に基づく効率のいい社会ではいつか酷い目に遭うに違いないから、厭なんだ。
みんなはきっと違うんだな。

3倍ポイントセール最終日のなんばのタワーに寄って坂本慎太郎の「幻とのつきあい方」を探すが、見つからず。訊いてみたら、初回盤も通常盤も売り切れだって。いらん洋楽再発物にひっかかからないようにまっすぐ邦楽フロアに直行したのに。あやうくかかっていたPuffyのベスト盤買いそうになったじゃないか。(思いとどまった)
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/11/28 03:55】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド | ホーム | カニバケツ/愛のキューピッド/ムシロ>>
コメント
>こいずみきょうかさま
あけましておめでとうございます。今年もよろです。
強いリーダーシップで現状を大きくひっくり返してほしい、という感じなんだと思います。「希望は戦争」みたいなことを言った若い評論家がいたと思うのですが、そういったガラガラポンがなければ自分たちが浮かび上がることはないというような、それだけ深い閉塞感・絶望感が今の若い人たちの中にあるのかもしれません。そんなものはただのニヒリズムで、そんなことになったら一番ワリを食うのはあんたらやで、と思うのですが。
【2012/01/02 03:38】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
あけましておめでとうございます。

今勤務しているところ(定時制夜間部高校)にも、
小泉純一郎マンセー、福祉政策必要なしと
主張している若者がいますが、
その人をめぐる境遇は、おそらく福祉なしでは
到底やってはいけないと想像される困難さに満ちています。
橋下支持者の方々ももしかするとそんな層なのではと想像
しています。
いったいいつから世間のヒトビトはこんなにモノゴトを
考えなくなってしまったのか、自身の損得勘定すら
計算に入れなくなってしまったのかと、
私もその責任の一端を担うものとして暗澹たる思いです。
まぁ、今の中学高校の社会科教科書なんか読んでても、
社会を批判的に見つめることはできないようにできて
いるんですけどね。愚民化政策もいよいよ完成間近だと
いうことなんでしょう。
この結果が何かに似ているといえば、今世襲で話題の
「あの国」にそっくりじゃないかってこと。
違うのはいちおう「民意」をバックにした合法性に
基づいてるってことかな。ワイマール末期のドイツも
たぶんこうだったんだろうね。
【2012/01/02 00:47】 URL | こいずみきょうか #-[ 編集] | page top↑
>一姫二太郎 さま
コメントありがとうございます。
橋下さんは政治家としての能力は優れてある人だと思うんです。だから人気があるのはわかるんですけど、その政治家が向いている方向が自分と同じ方向なのかっていうのについては、もっとみんな考えるべきだと思うんですよ。
【2011/12/28 22:09】 URL | takut #-[ 編集] | page top↑
takut さま

ご無沙汰しておりました。

> みんなはきっと違うんだな。

僕はtakutさまと同じですよ。
最近の大阪の選挙騒ぎで、いろいろと頭の中や腹の中でぐじゃぐじゃしていたことをtakutさまに整理していただいた気がします。すっきりしました。

【2011/12/28 12:10】 URL | 一姫二太郎 #F4sARXcw[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1132-183920be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |