TAPE & TENNISCOATS Japan tour 2011(11/20、塩屋旧グッゲンハイム邸)
contraredeの主催によるTapeTenniscoatsのダブルヘッドライナーツアー、最終日になる神戸公演を見に行ってきました。会場はおなじみ、塩屋の洋館旧グッゲンハイム邸です。
僕にとっては先日の二階堂和美以来1ヶ月ぶりの旧グ邸ですが、今日もほぼ満員の入りで、外は寒いけれど中はとても暖かい。TeasiのアルバムがBGMに流れる中、赤ワインなどいただきながら開演を待ちます。

この日のライヴは二部構成でした。開演時間の7時半ちょうどに、まず最初にテニスコーツのおふたりが登場し、さやさんがピアノ弾きながら、植野さんのサックスの伴奏で1曲歌います。すぐに交代でTapeのメンバーが登場し、第一部はTapeのセットです。
スウェーデンの4人組Tapeについてはアルバム1枚聴いているものの、あまりいいリスナーでないので、細かくは省略させていただきますが、ギター、キーボード、ドラムスのアンサンブルにコンピュータ(「反原発」のステッカーを貼ったiBook)による絶妙なさじ加減のノイズのトリートメントが施される美しいサウンドランドスープが繰り広げられて、かなり心地よくうつらうつらしてしまいました。最後にテニスコーツのふたりがさやさんピアニカ、植野さんサックスで加わり1曲。もともと突き放したような高踏的な世界とは無縁のTapeのサウンドが、さらに人懐っこさを帯びたような気がしました。

休憩をはさんで後半はテニスコーツのセット。まずは植野さんのアコースティックギターの伴奏でさやさんが歌うビートルズの「A Day In The Life」の日本語カバー。「昨日ニュースを見た」みたいな感じで、ニュースといえば放射能の話になってしまうのが悲しいです。僕は個人的には「放射能」のことばは出さなくても、「あちこちにいっぱい穴ぼこが見つかった」という元の詞のままでも、今歌われればじゅうぶん今の僕たちの世界のグロテスクさが表現されると思います。このグ邸で聴いたこともあり、ちょっとかえるさん(細間宏通)の「Heroes」の訳詞のことを思い出しました。
2曲目以降はTapeのコンピューター担当以外の3人が登場、ドラムス、ウッドベース、キーボードでバックをつとめて、Tapeと協同で作られた新作「Papa's Ear」の曲を演奏します。ここ数年のテニスコーツのライヴは、植野さんのアコースティックギターとさやさんのピアニカ・歌だけで行われることが多く、それも時にアンプを通さない生音を生かした音作りが中心で、シンプルで不定形な演奏の中から歌が出来上がる瞬間の生々しさを感じさせるようなスリルがあって毎回毎回目が離せないのですが、今回はTapeによって控えめながらも丁寧にコーティングされ、テニスコーツの曲のポップなセンスがさらにくっきりと輝いているように感じました。すでに二人でのライヴでもおなじみの「ひこうき」なんかもとてもよかったな。
中盤、テレキャスターのプラグをアンプにつないで「おお、エレキだ」とはしゃぐ植野さん。ちゃらーんとストーンズの「Start Me Up」のイントロ弾いてみたり、ライトハンド奏法でトリルを奏でると、即座にTapeの3人が8ビートのバッキングを付け、さやさんが「とぶとぶとぶとぶとぶー」と歌とピアニカで応じる。即興なのか、すでにある曲なのかわからないけれど、まさに音楽が立ち上がるテニスコーツらしい瞬間が繰り広げられます。(追記:ジャド・フェアとテニスコーツのアルバムに入ってる「ドブドブ」ですね。買ったばかりのアルバムなのに恥ずかしい…)
「嗚咽と歓喜の名乗り歌」、もちろんテープとテニスコーツが始めてコラボレートした「Tan-Tan Therapy」に収められた曲で、ぼわーんというアルバムとおなじ植野さんのギターのフレーズや、後半ワルツがさらにリズミックに弾んでいく感じは、アコースティックなセットでの魅力とは違う、バンド編成ならでは良さがあります。大好きな曲なのでほんとにうれしかった。そして最後は、ふたたびアコギに持ち替えた植野さんのイントロにさやさんの指示でドラマーがアルバムと同じように「ハッハッ」という吐息でリズムをつける「バイババビンバ」。やはり「Tan-Tan Therapy」に収められたテニスコーツコーツの代表作ともいえる曲です。そしてアンコールは今のテニスコーツのテーマ曲とも言える「未来は今」。
ひとつだけ残念だったのは、観客が掛け合いに余り反応しなかったこと。ライヴハウスのような演者/聴衆がステージと客席で別れてるスペースじゃなくて、グッゲンハイム邸は演者と観客が地続きの絶好の場だったのに、歌が、音楽が、あしたの曲がいま立ち上がっているということに、みんなもっと反応してもいいと思うのになあ。
ちなみに第2部のセットリストはこんな感じでした。
1. A Day In The Life (The Beatles)
2. 日が昇る
3. New Seasons Dead
4. ひこうき
5. パパイヤ
6. ドブドブ
7. 嗚咽と歓喜の名乗り歌
8. バイババ・ビンバ
E. 未来は今

再度のアンコールに登場して、バンマスさやさんの指揮のもと、サックス、トランペット、ポケットトランペットの3管をフィーチャーして演奏されたあの曲はどういう曲だったんでしょうか?最後にふさわしく心和む暖かい曲でした。
さらにアンコールを求める拍手に、Tapeのめんめんがお国の歌(?)をテラスから斉唱して、今回のツアーを締めくくったのでした。
[過去のテニスコーツのライヴ]
テニスコーツ、カスミトリオ、contact Gonzo(2011/3/20、心斎橋クラブクアトロ)
(テニスコーツ)
「ザ・ライブ」(2011/3/16、中崎町common cafe)(テニスコーツ)
出張円盤(2010/10/17、コーポ北加賀屋)(今井次郎+テニスコーツ)
テニスコーツ guest 山本精一、梅田哲也 ほか(2010/8/12、心斎橋クラブ・クアトロ)(テニスコーツwith山本精一・梅田哲也)
テニスコーツ×TEASI(2010/6/20、難波BEARS)(テニスコーツ)
テニスコーツ×ゑでぃまぁこん(2009/12/20、難波BEARS)(テニスコーツ)
京都造形芸術大学瓜生山祭09「瓜生山ライブ」(2009/11/3、京都造形芸術大学B11・K41教室)(テニスコーツ)
「ゆきのようにしおふらせて」(2008/12/14、難波BEARS)(ゑでぃまぁこんwith TONJAY & テニスコーツ)
AH-WOOT RAPPその16(208/6/15、梅田Shangri-La)(テニスコーツ)
NEW PICNIC @ 太陽公園 (2007/10/7、姫路太陽公園)(テニスコーツ)
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/11/25 11:28】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カニバケツ/愛のキューピッド/ムシロ | ホーム | 勉強とか中華とかカレーとか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1130-f0480d36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |