山本精一NEW ALBUM発売記念(11/17、梅田Shangri-La)
山本精一のNEW ALBUM「RHAPSODIA」の発売記念ライヴに行ってきました。
山本さんが夏の間休業していたこともあり、山本さんのライヴを見るのは2月のAnla CourtisのツアーでのPsychedelic Jet Sets以来ひさびさになります。あ、ウソ、4月に水道メガネ殺人事件があったっけw うたもの路線のバンドであるThe Playgroundとしては去年の10月におなじShangri-Laで行われた前作「PLAYGROUND」のレコ発以来まる1年ぶり、まさに待望のライヴでした。

・開演時間の8時ほぼ定刻に客電がおち、幕が開く。1曲目は前作「PLAYGROUND」のオープニングを飾った、マイブラ風の轟音ギターが印象的な「DAYS」。以下「RHAPSODIA」の曲を中心に前作の代表曲を交えながらのセット。

・前回のレコ発でも「鼻」「飛ぶひと」の2曲が演奏された山本精一&Phewのアルバム「幸福のすみか」からは今回「そら」が演奏された。この曲ライヴで聴くのはたぶんはじめてでうれしい。12/22のPhew&山本精一のライヴではこのアルバムの全曲を完コピするのだそうだ。12/1の「Crown Of Fuzzy Groove」再現ライヴといい、山本さん最近そういうモードみたい。

・中盤のハイライトは「めざめのバラッド」、山本さんのギターのイントロに、千住さんのドラムと須原さんのベースのひきずるような不思議なビートがひっかかっていくスリリングな演奏は、このバンドならではだと思う。

・「虚空の屋根」は「RHAPSODIA」のディスク・ユニオンでの予約特典CD-Rに収録された曲で、私のように宗教上の理由でネット通販が使えない(ウソだけど)者としてはたいへんに悔しいくらいの名曲。

・「待ち合わせ」「水」といった、前作の、というか山本さんの羅針盤以降のソロ活動での代表曲ともいえる名曲から後半に突入。「この曲はライヴ向き、こういう感じを録音で再現するのは難しい」と山本さん自身もおっしゃる「DISCORD」の演奏がワイルドでむちゃくちゃかっこよかった。続いてファンキーな「ラプソディア」からこれまたCD以上にラウドにギターが唸りを上げる「BE」へと怒涛のエンディング。やっぱり山本さんはバンドのライヴがいいなあ、と思う瞬間。今日の会場はパイプ椅子が並べられて着席制で、年寄りの身にはありがたかったんだけど、このときばかりは座席が邪魔に感じられた。

・アンコール、マッチング・モールの「オー・キャロライン」から、「羅針盤の曲やります。しばらく封印していましたけど」というMCで「カラーズ」!! 「大阪でははじめてやるのかな」と山本さんも自信無さげだったけれど、少なくともバンドでやるのは羅針盤以降はじめてでしょう。ずっと待っていました。いつまでもこの曲が終わらなければいいのにと思った。須原さんが(オフマイクで)思いっきり歌いながら演奏している姿が印象的だった。

・長くてため息がでるほど美しい「空の名前」で2回目のアンコールが終了したらちょうど10時、本編90分・アンコール30分のたっぷり2時間のライヴで大満足だった。山本さんの歌とギターが一番映えるこのバンドのライヴ、次は1年後といわず、できるだけ早くまたやって欲しいな。

songs for the shows
物販で「songs for the shows」と題されたCD-Rを販売していた。例によって山本さんの味のあるイラストによるジャケットが3種(4種だったかな)のうち、帽子から植物の生えた謎の人物の描かれたものを購入しました。中身は「I Believe I You」(Neil Young)、「野の人の野のうた」(Lovejoy)、「時計をとめて」(ジャックス)、「そら」(山本精一&Phew)、「空の名前」(Ya-To-I)の5曲。「虚空の屋根」は入ってないし、ユニオンの分とはヴァージョンが違うみたいだけど、ちょっと取り戻した気分。

[セットリスト]
山本精一NEW ALBUM発売記念
1. DAYS
2. 眼がさめる前に
3. ハルモニア
4. そら
5. めざめのバラッド
6. Mothlight
7. 虚空の屋根
8. 待ち合わせ
9. 水
10. DISCORD
11. ラプソディア
12. BE
E1. O Caroline
E2. カラーズ
EE. 空の名前
11/18(金) 梅田Shangri-La
山本精一&THE PLAYGROUND
 山本精一(g,vo)
 千住宗臣(ds)
 須原敬三(b)
[関連ライヴ]
山本精一うたものソロアルバム『PLAYGROUND』レコ発ワンマンライブ(10/10、梅田Shangri-la)(山本精一&The PLAYGROUND)
Presentation67 JB+Play ground(2010/7/10、四条烏丸shin-bi)(Play ground)
Presentation47 Phewとbikkeと山本精一(2009/10/2、京都四条烏丸shin-bi)(山本精一、bikke×phew)
JOJO広重・山本精一・スハラケイゾウの早川義夫大会(2009/9/11、難波BEARS)(山本精一・須原敬三ほか)
PLAY GROUND(2009/8/4、京都磔磔)(Play Ground)
FROG MEETING 2008(2008/11/3、木屋町UrBANGUILD)(山本精一+須原敬三)
混沌、そして青空(2008/9/28,扇町ムジカジャポニカ)(山本精一×須原敬三)
FUJI ROCK FESTIVAL 2008~第2日目(2008/7/26、新潟県苗場スキーリゾート)(ザ・トリオdeフォークジャンボリー)
山本精一と金属人間(2008/4/6,アメリカ村Alchemy Music Store)(山本精一と金属人間)
Stock Room 3rd Anniversary『よるの階段』(京都拾得、8/18)(山本精一と怪獣教室)
"Surf's Up vol.3"(2007/1/6、なんばBears)(山本精一と幽霊バンド)
山本精一と幽霊バンド(2006/11/19、姫路EASE)(山本精一と幽霊バンド)
SONGS vol.1(2006/7/8、新世界BRIDGE)(Phew×山本久土×山本精一)
羅針盤 in Psychedelic Wonder Land(2004/10/15、心斎橋クラブクアトロ) (羅針盤)
※その他の山本精一関連ライヴは左カラムの検索窓から「山本精一」で検索ください。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/11/18 22:07】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<勉強とか中華とかカレーとか | ホーム | サーフズ・アップ/パラノイド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1123-e2dd8e58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |