京都音楽博覧会2011
9/23(金)
家族で京都・梅小路公園に遊びに行く。
なにやら駅からおもしろくもない迂回路を誘導されているたくさんの若い人がいるけれど、僕らは公園に行くんだからどんな道通ろうが自由だ。
秋風が涼しくって気持ちいいぞ。

と、いうわけで、京都音楽博覧会2011の行われた梅小路公園で、場外でただ乗りもれてくる音楽を楽しませてもらいました。
到着して木陰にシートを引いたら、ちょうど風に乗って細野さんの「風をあつめて」が流れてきていい感じ。とりあえずショートカットの通り道であるビックカメラで買い込んだビールをぷしゅっ。
会場内はビン缶持ち込み禁止で、入場時に紙コップに移されるんですよ。人が多くて広い場所取れないし、周りのほうはともかく真ん中の方は陰もないし、場外が気楽でいいです。ステージはまったく見えないし、出音もそんなに大きくないのでMCとかほとんど聞き取れないけれど。(がんばればモニターが見える場所はないではない。)
ちなみにビールは屋台エリアでも販売していませんので、今後はじめて音博に参加される方はご注意ください。まあ公営の公園を使うにはいろいろしょうもない制約があるんでしょうな。
細野さんはどうも小田和正のステージのゲストだったみたいで、小田さんの歌は1曲しか聴けなかった。
110923京都音博
喰いもん屋YEAH BARという屋台のフェスカレー。フェスの屋台といえばカレーだと思うのだけど、カレー出してるのは1軒しかなくて、それもまあ…。

おととしはビッグバンドで度肝を抜いた石川さゆりもどうやら今回はアコースティックなコンボセットで臨んでいるらしい。「ウィスキーはお好きでしょ」が静かに流れてきて、昼間っからアダルティないい感じ。引き続いて「津軽海峡冬景色」、蒸気機関車館のSLスチーム号の汽笛、今回もタイミングが見事すぎて悶絶。

細野晴臣
のステージはいきなりの「恋は桃色」でもうこれで来た甲斐があったと思った。「ラモナ」に続きかすかに聞こえるクラフトワークの「放射能」のフレーズに釣られて前の方に行くと、高田漣さんのペダルスティールの音が気持ちよさ過ぎる。どうもデュオのセットだったもよう。「HOSONOVA」中心のステージかと思ったけど、最後は「香港ブルース」からくるりを交えて「ルーチューガンボ」という、意外にフェス向けのベスト選曲で、それはそれで大満足。

陽が翳ってきて少々寒くなってきたので森を撤収、会場横の通路に移動。
フジでも感じたけれど、斉藤和義人気あるなあ。我々同様のただ聴き組も多いです。アコギ1本弾き語りのステージ、「ずっと好きだったんだ」からメドレーで「ずっと嘘だったんだ」で会場を沸かせるけれど、その後の「歌うたいのバラッド」聞いて、いい歌手だなあと思いました。

そして陽が暮れてトリのくるりが登場。奥さんと娘はフジで見てるけど、私は始めて見る5人くるりです(ほとんど見えないけど)。「奇跡」から新しいバンドを印象付けるような新しい曲中心でステージは始まります。なんつうかカントリーロックな感じ。ゲストの高田漣さんのスチールギターの印象が強かったかも。終盤に演奏された「ブレーメン」が良くて、ほんと、「音楽隊」って形容がぴったりのバンドだと思った。最後は「宿は無し」で渋くエンディング…と思いきや、本日の出演者登場で「リバー」で大団円。音楽聴きながらふらふら帰路につきました。
毎度のことながらこのフェスでのくるりのセットは渋い選曲だわ。セットリストを後で見て、持ってるはずのアルバムの曲なのにわかんない曲が何曲もあるし。
あと、ちらりと見えたモニターの中のめがねの人は何だか昔のNWの人みたいなつんつんヘアになってました。
来年はうちの一家がチケット買いたいと思わせるようなメンツをそろえてください。動員はもう少し減らしてくれてもいいので(勝手)。

水族館
なんかクソ立派な水族館の建物がほぼ出来上がってました。

スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2011/09/24 03:53】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<いつだって大変な時代/レインボーヒル | ホーム | Hey mr. rain, ain't you follow me down?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://outofmind.blog47.fc2.com/tb.php/1066-c3e02162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |