スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
服部緑地RAINBOW HILL 2017(9/24、服部緑地野外音楽堂)
恒例の服部緑地RAINBOW HILL、例年は家族で出かけてきて、芝生でシート広げているのだけど、今年は家人が所用で参加できず、一人での参加だった。
この日の出演はみにまむすWUJA BIN BINふちがみとふなとゴトウイズミナオユキハッチ・ハッチェル夕凪バーレスクエンジン勝手に観光協会ラリーパパ&カーネギーママ栗コーダー&フレンズ
ギリギリまで参加迷っていて直前に当日精算券申し込んだくらいだから、列は最後の最後になると思って覚悟して行ったのだけど、意外と待機のお客さん少なくて拍子抜け。ハンバートとか曽我部さんみたいなメジャーのアクトがいるかいないかでずいぶん違うもんやなあ。でも、メジャーとかメジャーじゃないとか、演奏が始まると、あまり関係ない。天気はちょっと曇りがちの晴天となり、暑くも寒くもない最高のフェス日和。ここ数年どんどん増えていく子供が走り回る中、ビールをすすりながら心地よく溶け込んでいく。

みにまむすのオープニングに続いて、トップバッターは初登場WUJA BIN BIN。4本の管楽器と2台のキーボード、木琴に男女のスキャットをフィーチャーした11人組ビッグバンド。変拍子を駆使したプログレチックな曲ではじまり、フュージョン風ジャズ・ファンクなどこれはおもしろい。スキャットが映画音楽感出してて楽しい。ビール飲もう。

ふちがみとふなと、ナイロビで教わってきたという「キゲウゲウ」という「ケニアのSMAPみたいなヒット曲」、歌詞聞くと政治家に裏切られ牧師には妻を寝取られとどう考えてもロクてもない歌でおかしすぎる。ナオユキの酒場漫談、あいかわらず鋭くて笑い泣いた。夕凪、今日もいい天気。

黒ずくめの服装にサングラスと赤いマフラーでキメた5人組ガレージバンド、バーレスクエンジン。クール&ワイルド、そしてセクスイー!初見だけど最高だった。ボーカルのコ・ハラ氏がブルースハープを拳銃の様にずらりと腰に差しているのがイカす。曲が終わるごとにおちょくっとんのかというくらい慇懃なMCを入れるのだけど、毎回「サンキュー!サンキュー、タマハリケータ!」と言っていたのは何なんだろ、「ドモアリガート」の聞き違いかな。
バーレスクエンジン
ソノシート買った!

ラリーパパ&カーネギーママ、ゆるりと「練習させてください」とサウンドチェックを兼ねてはじまり、次第に演奏が熱を帯びて、そのまま本編に入っていく。二人のヴォーカリストを擁する聞かせる歌ものであり、かつスリリングな演奏を聞かせるジャムバンド的な魅力のある骨太のアメリカンロックバンド。カッコいい。  
セットチェンジの間に夕凪の伊藤せい子さんが登場して、ははの気まぐれ+ハッチ・ハッチェル(vn)をバックに、ムッシュかまやつにささげる「奴らの足音のバラード」。
レインボーヒルでははの気まぐれをバックにつけて歌うかまやつさんを2度ほど見たのが僕の見たかまやつさんのすべてだ。「ゴロワーズ」、かっこよかったなあ。

トリは栗コーダー&フレンズ登場。栗コーダーカルテット+ビューティフルハミングバード+知久寿焼、このメンバーでラオスを回ってきたとのこと。前半は主にビューティフルハミングバードをフィーチャーして「砂山」「おさるのかごや」などの童謡から、「Somebody is calling」「旅人」といった染みるレパートリーまで。
知久さん
夕陽が差し込みいい感じの空になってきたところで、知久寿焼コーナー、「月が見てたよ」そして「らんちう」。唯一無二のあの声と歌い回し!そしてリコーダーを加えて「方向音痴」。いや面白くて物悲しい。
最後は栗コーダーの最大のヒット、「ピタゴラスイッチ」「お父さんスイッチ」から、全員でラオスの民謡を2曲。

フィナーレは出演者総出でオクノ修さんの「ハートランド」。選曲渋すぎる。
行きたいよ 行きたいよ こころ やすむばしょに
行きたいよ 行きたいよ きっと あるはずさ
来年のレインボーヒルはちょっと早めの9/9実施とのこと。
最近じゃすっかり遠のいてしまった方面なので、もはやここでしか見ることのない、お馴染みのメンツ。ひさしぶりに見てもしっくりきた。またふらっと帰ってきてもいいのかな、なんて。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/09/25 21:08】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TRASH UP!!presents 「ローファイ・ハイスクール大阪校」(9/10、難波BEARS)
ローファイハイスクール
TRASH-UP!! RECORDSの秘蔵っ子アイドルグループSAKA-SAMAの大阪初登場、主催企画「ローファイハイスクール」の大阪編が我らがベアーズであるというので、出かけてきた。

SAKA-SAMAは5月に名古屋で春日井アイドルの企画で見て、ポップでありながらトラッシュアップらしい一筋縄でいかない捩じれたユーモア感覚があって、気になっていた。
現在SAKA-SAMAは名古屋で見た時のDr.まひるん・寿々木ここね・あいうえまし子の3人に新メンバー春眠みことO'CHAWANZから期間限定加入中のしゅがーしゅらら5人なのだけど、ここねんが休業中、ららも今回の大阪遠征には不参加ということで、今回はまひるん・ここねん・みこの3人編成。

調理実習
ねるねるねるねを使ったローファイな調理実習から「夏休み縦断の恋」を披露するオープニングも楽しかったけど、何といっても、ガレージっぽいファズギターのリフがカッコいいキラーチューン「パーティパーティ」で始まる本編がたいそう楽しかった。BLACK FLAGみたいなパンクナンバー「マサカサカサマ」から、高速なブレークビーツに乗せて「朝日の様にさわやかに」が歌い出された瞬間につかまれていた。目の覚めるようなまっ赤な衣装で踊られる、激しくも親しみのある振り付けが大変キュートで、振りコピのやりがいがありそうな感じ。MCを挟んだ後半もB級感あふれるクサめなマイナーのアイドル歌謡で始まり、せわしないビートの上で激しいギターが鳴り響くエモーショナルなポストロック曲、そしてシュプリームスの「ベイビー・ラヴ」感あるコーラスがキュートなポップス曲とバラエティに溢れた楽曲が次々に披露される。最後はローファイ感あふれるデジタルなダンスビートの奇妙な曲。

さかさま
いや、どの曲も絶妙にローファイでポップな曲とパフォーマンスで、すごく楽しかった。後半ここねんのマイクが不調で声が聞こえないところが何か所かあったのと、「マサカサカサマ」がおそらく元ネタへのオマージュのローファイなサウンドのオケそのままで、かなりショボく感じてしまったのの2点だけはちょっと残念。

この日は3組のゲストが登場したのだけど、どれも女子をフィーチャーしたローファイ感のあるポップセンスのあるアクトばかりで良かった。
特に面白かったのは最初に出てきたよいまつり。キティちゃんの長いボディコンシャスなワンピース姿でサングラス、頭にはCDRを付けてるというインパクトのあるルックスで、生活感とポップの塩梅が少しパラダイスガラージを思わせる。ベアーズ育ちと呼ばれがちなのだけどベアーズは今回が初めてだと。
あとの2組はドラム&ギターのSSWデュオ死んでるねんガールズに、少年ナイフライクなスリーピースのロックバンドバレンタインズ
関西のアクトでどうやってこんなメンツ集めてきたのかと思って、トラッシュアップの中の人に訊いてみたら、ベアーズのスタッフと相談してのセレクトとのこと。トラッシュアップとベアーズの相性の良さを感じる好企画でした。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/09/11 16:04】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
偶ZONE(9/2、宗右衛門町ロフトプラスワンWEST)
【OA】ジョアンジョアン、代代代、絵恋ちゃん、UNDERHAIRZ、MIGMA SHELTER
偶ZONE

ジョアンジョアン、ラテン系のハーフ?ラップと派手なブレークビーツ。最後の曲はThe Stoogesの"I Wanna Be Your Dog”風。
あとで聞いたら「ようこす」だった人で、曲は代代代etc.の小倉ヲージが手掛けているらしい。なるほど。

IMG_2145.jpg
UNDERHAIRZ
「ポリコレ」は「敬愛する田中紘治に捧ぐ」。
しかし鳥谷の曲はいままでの曲に輪をかけて酷いなw。

お目当てのMIGMA SHELTER狭いステージをはみ出して走り回って大騒ぎ。
マイクトラブルが多く、ずっとマイクリレーしていた印象。mo' strainでは今日もセイセイさんとヨネコさんがまぐわっていました。
Intro>Joint>(自己紹介)>Svaha Eraser>mo' strain>Deeper>Amazing Glow
IMG_2166.jpg

IMG_2140_convert_20171212002246.jpg

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2017/09/03 23:41】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。