ヤなことそっとミュート「LIKE A BUBBLE TOUR」 in OSAKA(3/20、東心斎橋CONPASS)
前日に続いてヤなことそっとミュート、本日が本番。

LIKE A BUBBLE

まずは共演の3組。NEVE SLIDE DOWNはPassCodeの妹分的な存在の大阪の3人組アイドルグループ、何回か遠目には眺めたことがあったと思うのだけど、何故か4人組だと思っていたのは多分パスコのイメージでしょう。サウンド的にはパスコをさらにロックよりにした感じかな。金髪のセンターの娘を中心に歌やパフォーマンスもしっかりしてるけれど、最近個人的にどうにも苦手になっちゃったタイプの「ロック風アイドル」、すみません。

Emerald Fourはきっと4人組のガールズバンドだろうという勝手な予想を裏切って、ギタリストの男性とキーボード&ヴォーカルの女性の2人組デュオ。カラフルに明滅する柔らかい光の映像を流しながら、ミニマルな打ち込みのバックトラックの上で深いリヴァーヴのかかった女声ヴォーカルが漂うギターポップ。悪くはない。悪くはないが、せめて最後にとびきりキャッチーなキラーチューンが1曲でもあればと思った。このメンツの中ではちょっと収まりが良くなかった印象、エレポップ系イベントならハマると思う。

かなみる
おやすみホログラムはなんだかんだで1年以上見ていなかったのだった。前見た時はバンドサウンドっぽいサウンドだったような記憶があるのだけど、しばらく見ない間に、小川PをDJに従えてほぼ完全にダンスミュージックになっていた。
サードアルバム中心のセットで初めて聴く曲ばかりだけど、八月ちゃんとカナミルの二人の歌の絡み具合は相変わらず絶妙でいい。歌いながら片手でキティの大きな縫いぐるみを振り回し客席に放り込むカナミルさん、終盤の曲で、猛烈な勢いでカウベルを叩きながら観客の上にポーンと飛び込み、そのまま観客の上で狂ったようにカウベルを叩き続ける姿が最高にイカす。安っぽい煽りなんか一切なしで易々とロックな佇まいを獲得している唯一のアイドルがおやすみホログラムだと思う。
アンセム「ニューロマンサー」から、最後はギターがギャンギャン鳴り響く聞きなじみのあるロックンロールナンバー「plan」。

主役のヤナミューことヤなことそっとミュート、いつものように「ヤなことFriday」のSEが流れ出すと、ヲタクが手拍子取りながら声張り上げて合唱するようになっているのが楽しい。そしてふらふらと踊りながらメンバーが登場し、なでしこさんのはきはきした挨拶と共に「sputnik note」が始まる。4人のメンバーの声が重なりながら疾走する名刺代わりの1曲。前半はどちらかというとじっくり聞かせる曲が中心だったかな。「morning」はギターリフが激しく暴れまわるの間奏で手を叩きながら片足でくるくる回る振り付けがキュートで大好き。疾走するポップパンク曲「orange」はやっぱりとても愛らしくて、今日は赤いリボンのツインテールにしたなでしこさんに笑顔で指さしとかされるとドキドキしてしまう。
彼女たちの魅力はまずはそのまっすぐな4人の歌声なのだけど、もう一つはちゃんとステージ全体を使う、それもかなり激しい振り付けのパフォーマンスだ。オケではなく生のバンドをバックにしたライヴを見たいという希望を時々ネット上で見かけるのだけど、僕はまったくそうは思わない。もちろん激しいオルタナティヴなロックサウンドは魅力的だけど、あくまでもそこに乗っかる彼女たちの歌とステージパフォーマンスを最大限に引き出すためのものだ。そういう意味でヤナミューの立ち位置はベルハーと共に他の「ロック風アイドル」とは異なり、正統派のダンスヴォーカルグループ、正統派アイドルグループなのだ。そのダンスパフォーマンスや音楽的スタイルが、正統派と言うには多少とんがっているかもしれないけれど(ベルハーの場合はヴォーカルスタイルも)。
なで

自己紹介を兼ねた短いMCをはさんで後半戦へ。「カナデルハ」「Lily」「Just Breathe」とお馴染みのノリのいい曲でぶっ飛ばしていき、ファンキーな「No Known」になだれ込む必殺のセット。
最後はアルバムには入らない新曲「AWAKE」から壮大な「am I」とステージングと歌でじっくり魅せる曲で締めくくられる。今の彼女たちの魅力を最大限に詰め込んだ1時間弱だった。

まになで
ニューアルバム「LIKE A BUBBLE」発売に合わせてのツアー、名古屋・岡山と来てこの日の大阪が3箇所目になる。この後は東京WWWでのワンマンを残すのみなのだけど、すでにソールドアウトとのこと。どんどん大きなステージに上がっていく予感がする。

続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2017/03/21 22:14】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヤなことそっとミュート「BUBBLE」発売記念ミニライブ&特典会(3/19、タワーレコード梅田NU茶屋町店)
翌日の大阪公演のために来阪中の東京の4人組アイドルグループ、ヤなことそっとミュートがファーストアルバムのリリースに際して初めてのインストアイベントを行うということで、仕事終わりにNU茶屋町に出かけてきました。

いつものように「ヤなことFriday」のSEとともにゆるゆると登場したと思うと、まずは自己紹介。そしてあとはノンストップで7曲30分たっぷりのライヴパフォーマンス。
いきなり前日の岡山で初披露されたばかりの新曲「AWAKE」から、前回の大阪でのライヴである昨年末の時点で新曲だったファンキーなハードロック「No known」へと、まだ音源化されていない新しい曲で始まります。「No known」好きだなあ。
ヤナミュー曲には珍しくMIXの入れやすいイントロと腕を顔の前後に振る振り付けがキャッチ―な人気曲「Lily」から「Just Breathe」とセカンドEPの疾走感のある曲を2曲。
「Orange」はシリアスな表情で演じられる曲の多いヤナミューの曲では珍しく、ストレートなサウンドに乗せてメンバーが笑顔で表情で歌い踊る曲で、12月に味園で新曲として見た時はあまりピンと来なかったんだけど、アイドルらしいポーズや指さし、わちゃわちゃ走り回る振り付けがかわいくてとてもよろしい。そして最後は暴れまくるラウドなギターに乗せて疾走する「morning」と「ホロスコープ」タイプのじわじわと盛り上げる難曲「am I」という大阪初披露の曲で〆.。新しい曲いっぱい聞けました。
ハードなギターロックサウンドに清々しい歌唱というヤナミューの魅力は去年見た時と変わらず、さらに強力なアンサンブルをなしているように思う。インストアの音響のせいか、いつにもましてヴォーカルが前に出てよく耳に聞こえたような気がするのだけど、メインで歌うなでしこさんまにさんだけじゃなくて、一花さんレナさん含めてのハモりのグレードが高い。ベルハーの妹分的な登場をしたグループだけど、対称的なこの整ったキレイさは、ベルハーより広い範囲に届きそうだ。…と思ったのだけど、あとで居合わせたおやホロのオタクに、サウンドもルックスもオッサン向けにカスタマイズされてるから若いオタクは来ないと断言されてしまった。そんなもんかのう、おじさんは完璧だと思うんだけどなあ。

<セットリスト>
SE(ヤなことFriday)~MC
1.AWAKE
2.No known
3.Lily
4.Just Breathe
5.orange
6.morning
7.am l

リリースイベントといえば「レギュレーション」。レギュレーションっていうのはアイドル業界ではCD何枚で特典券何枚とか特典券何枚で握手何回とかいう決まりごとのことなのだけど、この日はニューアルバム予約で1000円購入ごとに特典券1枚で、特典券1枚でツーショットチェキコメントなし1枚、2枚でツーショットチェキコメントあり、3枚でメンバー全員との集合チェキコメントなしという感じだった。アルバム1枚2500円だからどうしても端数が惜しくてもう1枚積んでしまう絶妙な設定w。

なでしこ

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2017/03/20 23:42】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
60/60(3/2、難波BEARS)
60/60
Sarryとライトノヴェルズ、どちらも男女2人組デュオというのが共通点だけど、もうひとつ、どちらもスペイシーな即興色の強い長尺曲を演奏するユニットであるという共通点がある。そんな2者がたっぷり60分ずつの持ち時間で対バンするのが今回のライヴ。オマケにいつものBEARS御用達酒店カマチさんが地酒の他にカレーを持ってくるという!これはオレのためのイベント!

カマーチン
ベアーズのフロアに入るとまずは宇宙酒店カマーチンのカレーのいい匂い、カマチさんが妖しい照明の中、カラフトワークでお馴染みの宇宙服姿でカレー鍋をかき混ぜてられるので、さっそく「宇宙きのことチキンのスペイスカレー」300円をいただく。今回日本酒に合うカレーは何だろうと考えてカレーうどんの和風だしの味しかないだろうということになり、さらにスパイシーとかけてスペイシーと名付けるがために生姜を入れまくってスパイシーに仕上げた一品。もちろんおすすめの青煌にごり酒といっしょにいただきます。
スペイシーカレー
濁り酒の甘みと特製スパイシーカレーの相性ばっちり。

先攻は大学教授にしてテルミン&ギター奏者の菊池誠先生とピカルミンやノイズ使いの元アイドル野中比喩嬢によるスペースフォークロックユニット、ライトノヴェルズ
ライトノヴェルズ
荘厳なシンセ風のバックトラックにきくまこ先生の華麗なギターソロが繰り広げられるオープニングにはじまり、コードストロークとそれに被さる比喩さんのテレコやらDSからくり出されてるノイズにテルミンへと序盤から気持ちがいい。地酒の効力もあってふわふわ…きくまこ先生のマイナーなアルペジオにのせて比喩さんの歌声と語りが始まり、ふっと途切れたときに切り込んできたシャープなテルミンの音色は比喩さんだったのかきくまこせんせだったのか、実はほぼ夢の中だったのであまり覚えていない。さらにパワフルなコードストロークのループに被さるエモーショナルなギターソロとノイズの嵐のドラマチックなパートから比喩さんのテレコからの電車内アナウンスやピカルミンのノイズが漂う浮遊感のあるパートに、最後は派手なギターリフに乗せて機材の上にすっくと立ちあがった比喩さんの各種ノイズが炸裂し、キュートな癒し系ヴォイスが響くエンディング。「なんだかとってもいいにおいがして来ました…こういう時は夢から覚めないといけないだなって」と(カレーの)匂いにつられて夢の世界から帰還する。あらかじめモノローグ用意してるのかと後でお聞きしたらすべてその場の即興だそうで。

私も匂いにつられてカレーお代わり。

sarry
最近はナスカカーなどでも活躍するハニィさんのベースとふじゆきさんのヴォーカルによるデュオ、Sarry。ハニィさんの不協和音のような弓弾きやパーカッシヴにビートを刻むベース音にふじゆきさんのテルミンのようなヴォイスが重なる幕開けから、ギターのように細かく動き出すフレーズやヘヴィなリフなどが次々に重ねられ、ヴォイスのエキゾチックなメロディと共に響き渡る。終盤はヴォイスはさらにフリーキーに、ベースはさらにノイジーに会場を埋め尽くしていく。1曲目だけで30分くらいあっただろうか。
後半は静かな曲から、3曲くらい短めの曲を演奏したのだったかな、最後はやはりノイジーに炸裂する展開で、気がついたら1時間が終わっていた感じ。圧倒的な構築力を息をひそめて見守っていたら居眠りもできなかったよ。

ライトノヴェルズ
結局カレー2杯に日本酒濁り酒2杯とおなじ青煌の蔓バラ酵母で作ったというお酒1杯いただいた。
ライトノヴェルズのCDはベアーズでのライヴエディットなのだけど、RじゃなくてプレスCD!
比喩さんとチェキ撮ってもらった。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2017/03/03 09:07】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |