NECRONOMIDOL×細胞彼女 Wインストアイベント(12/30、タワーレコード梅田NU茶屋町店)
仕事が早く終わったので、タワレコNU茶屋町で20時から行われた細胞彼女NECRONOMIDOLのインストアに参加。
先月ベアーズで早朝ライヴをやった二組、この時はパジャマ姿での特別編だったので、特にNECRONOMIDOL(通称「ネクロ魔」)の平常運転を見てみたかったのが大きな理由。
ネクロ魔1

ネクロ魔2

ネクロ魔3

ネクロ魔4

写真はないけど、細胞彼女が先攻で、いつものように楽しかった。
結局ライヴ納めはドルイベという、2015年予想通りのオチでした。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/12/31 00:25】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
十代暴動社presents 「GIRL with RIOT!!」 (12/28、京都メトロ)
まあこの面子ですから多少揉まれるのは覚悟してたけど、うかうかと前の方にいたら、どんどん人が詰まってきて、えらい圧縮で死ぬかと思いましたわw。
ゆるめるモ!の名曲「逃げろ」の時にソロパートに入った瞬間にリフトがわっと一気に押し寄せてきて、まさに「地獄みたい」だった。「逃げろ」ってどこに逃げんねん、てw。まあ楽しかったからいいんだけどね。

まずは主催者が「このイベントでは、モッシュ・ダイブなどの行為を禁止しており…ません」というアナウンスで観客を沸かせて、一番手のおやすみホログラムの2人が登場。
静かにフェイドインするイントロから「フォーエヴァー・ヤング」の4つ打ちビートが流れた瞬間からフロアは「ロッケンロッケンロケンロール!」の掛け声と激しいモッシュとで揺れっぱなし。4つ打ち曲からノイジーなギターロック曲になだれ込み、早々に人気曲「Drifter」が投入されるころには激しいモッシュピットと化したフロアではリフトからクラウドサーフががんがん頭の上を押し寄せていた。この1年ロックっぽいサウンドをが売り物のアイドルをたくさん見たけれど、ステージ上の振る舞いという点ではおやすみホログラムの2人が一番自然にロックっぽかったように思う。「ロックぽい」という言い方が良いのかどうかわからないけれど、いわゆるロックっぽいアクションやオイオイ言う煽りではなく、ごく自然体で振舞っているという点で。特にカナミルさんの、へらへらとしながらおもむろにポーンとダイヴしてくる感じとか、最高にイカしてる。ヲタのノリが、ぐしゃぐしゃのハードコアなモッシュノリだけじゃなくて、ここぞというところでちゃんと声をからしてタイガーファイヤーとMIXを入れてくるあたりも楽しい。

ゆるめるモ!は、先ほどまでとは打って変わって、推し色のペンライトが色とりどりに咲き乱れる華やかな現場だった。オープニングの「ゆるトロ!」から「Hamidasumo!」になだれ込んで以降の圧縮ぶりはあまり変わらなかったけどね。
今回はじめて彼女たちのライヴを体験することになったのだけど、NW/ポスト・ロック系のサウンドと6人の個性的な歌声の組み合わせは、レコーディングで聞いていた以上に楽しくて、ハッピーなものだった。「Hamidasumo!」ではいきなりようなぴさんがスロープの柵を伝ってフロア中ほどのテーブルの上に立って、アニメ声っぽいファニーボイスで観客を煽る。おお、俺のすぐそば!めっちゃかわいいやん! そしてそれは少しでも前方への圧縮を分散して、後方も含めて全体にパフォーマンスを伝えようという計算された演出なんだろうと気付いたのは、終盤の「Only You」で。再度もねさんを伴ってようなぴさんがフロアのテーブルに降り立った時だった。今年の初めにベアーズのノイズ新年会で非常階段とのコラボレーションを目にしていたからより目についたのかもしれないけれど、しふぉんさんとようなぴさんがいつも全体に目配りをしているような印象を受けた。続くラストの「私へ」があのちゃんのソロで始まるとようなぴさんテーブルにしゃがみこんで観客にステージに注目させるとか、心遣いが細かい。あと、あのちゃんはこの日体調不良で前物販を欠席していたのだけど、何のためらいもなくいきなり飛び込んでくるダイヴが美しくてドキドキする。でもステージに戻ると何事もなかったようなつまらなそうな顔で、それは体調が悪かったせいかもしれないけれど。ぞくっとするような虚無感を感じる。ミラーボール直撃して激しく頭打ってたみたいだけどねw。「Only You」は間違いなくこの日のハイライトだった。「飛べ!飛べ!」と叫んでたよ。いいグループだ、またライヴ見たいな。


ようなぴさんのツイッターに貼ってあったすごく美しい写真。たぶん「Only You」の時かな。すぐそばのどこかできっとオレが感動して涙ぐんでるw。
[セットリスト]
1.ゆるトロ  2.Hamidasumo!  3.ゆるめるモん  4.逃げろ!  (MC)  5.もっとも美しいもの  6.夢なんて  7.KAWAIiハードコア銀河  (MC)  8.idアイドル  9.よいよい  10.Only You  11.私へ

トリは地元京都の4人組女子バンドおとぼけビ~バ~。ゆるめるモ!が終わってゆるヲタが後ろに下がるとなぜだか前方に残ったファンは妙に外国人が多い。この日唯一のバンドアクトで、寂しい盛り上がりになるんじゃないかとちょっと心配したのだけど、なんのなんの、達者なステージングで、外人軍団にヲタども入り乱れて、アンコール3回もかかるバカ騒ぎ。演者もフロアもお前ら最高かよ。2016年は磔磔ワンマンに少年ナイフとの全国ツアーも控えてるとのことで、さらなる飛躍の年になりそう。


ようなぴさんのソロのCD-Rが出てたので買いました。すっかり推しですw。

続きを読む

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/12/29 01:34】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
JAMJAMラジオ300回記念 テニスコーツ+大友良英(12/22、京都拾得)
工事中

拾得

開演前

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/12/23 00:20】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柴田聡子サードアルバム発売記念ツアー【京都編】(12/15、京都磔磔)
柴田聡子さん、その前の「いじわる大全集」を聴いて、おもしろいなーくらいに思っていたのが、Gofishトリオとコラボで出したEPがすごく良かった。そこへきて今回の山本精一さんのプロデュースで出したサードアルバム「柴田聡子」がすごくポップでへんてこで良くって、このアルバムのバッキングメンバーによるバンドツアーがあるというので、京都まで出かけてきた。
柴田聡子

まずひとりアコースティックギターを抱えて登場。セッティングしながら2~3言ひそひそ声のMC、最初だからかなと思ったら基本ずっとそんな感じ。そしておもむろにすっとんきょうな子供のような声で歌われるのが「酒が飲みたきゃ墓場に行けよポン酒に冷酒なんでもあるよ」というバンカラな詞で、この取り合わせにまずやられてしまう。

山彦のようにクリアに歌声の一部が反響する、ミキサーDub Master Xの職人技。
3曲目からドラマー一楽誉志幸登場。最初パーソネル見た時に、あれドラびでおさんてドラムやめはったんじゃ?と思ったけど、こちらは息子さんの方。
続いてギターの山本精一、キーボード西滝太、ベースの須藤俊明というバックメンバーが揃い、キラーチューン「ニューポニーテール」。もう柴田さんの歌声がキュートすぎてもうこの辺ですでに蕩けてる。
歌声にドライブをかけるバックの演奏。柴田さんがガシガシアコギをカッティングするので、山本さんはコーラス付けながら基本ずっとリードギター弾きまくってる。6曲目「アワーホープ」でリズム隊が生み出すメロウなグルーヴにさりげなく流れるように終始鳴り続けてる山本さんのリードギターとか絶品。7曲目「好きってなんて言ったらいいの」のワルツに合わせて弾いている山本さんのギターが最後のところで柴田さんのスキャットでぴたっとユニゾンするあたりの心地良さ。

中盤でサードアルバムの曲が尽き、セカンドアルバム以前の曲や新曲が今回のバンドアレンジで演奏されることになる。初めて聞く曲がどれも強烈な曲ばかり。
「ゆべし先輩」の歌がいちばん印象に残ってる。妄想めいたゆべし先輩の思い出にバックの演奏がドライヴをかけて爆走し、最後の柴田さんの「せんぱーい」という呼びかけに乙女ちっくに胸がきゅんとなる。、
「あいつが山に行ったのは」とシリアスに歌いだされる歌が、「消防自動車が水を放つのが見たかったから」という想像を遥かに超えたまさかな放火魔展開を見せる「ばら」に茫然として聞き入っていたら、後半は山本さんの渋いギターソロに西さんのスペイシーなシンセが鳴りまくる展開に宇宙の果てまでぶっ飛ばされたり。
ギターをかき鳴らして歌いだす出だしがちょっと大森靖子を思わせる、陽気な「カープファンの子」の「あの子に子供が生まれる前にはもっともっと酷いこと考えておかなくちゃ」なんていうキャッチ―過ぎるパンチラインに爆笑したり。
改めて聞きそびれていた旧作聴かなきゃと思った次第。

アンコール前の長めのMCより。
柴田「人生一度音程をばっちし合わせて歌う時があってもいいかと」
山本「妙なアングラ臭はすべて取り去ってしまおうと」
また、
山本「いやスゴイポップメイカ―ですよ」
柴田「いやポップの巨人にプロデュースしてもらって」
山本「俺?」
なに褒め合ってねんw

アンコールは「ラストダンスは私に」、そして一楽さんがギターに、山本さんがドラムにという謎のパートチェンジが行われ何をやるのかと思ったら、早川義夫「この世でいちばんキレイなもの」!
これはあべのぼるヴァージョンじゃん!意外なつながり方が嬉しいエンディングだった。
続きを読む

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/12/16 16:13】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地下アイドル姫乃たまの、地下しか泳げない通信~『潜行 地下アイドルの人に言えない生活』出版記念イベント(12/13、ロフトプラスワンWEST)
昨年末のいずこねこのラストライヴで1曲だけ曲を披露したのを拝見して、ずっと気になっていた姫乃たまさんなんですが、著作の出版を記念して来阪イベントを行うということで、1年ぶりにお会いしに行ってきました。

まずはホストの姫乃たまさんが、あいさつ代わりに彼女が最近「僕とジョルジュ」名義で出したアルバムから1曲「恋のすゝめ」。「僕とジョルジュ」は作りこまれたインドアポップ感が昔好きだった鈴木さえ子さんを思わせて、すごくお気に入りです。

そしてゲストのアイドルが登場します。
まずは栗原ゆうさん。ポップな曲に澄んだ高音のきれいなキュートボイス、2曲目ちょっと自虐入った「アラサーランド」で「アラサー」コールで沸かせます。
ロックアレンジの「うしろ指さされ組」で登場したのは「さきそん」ことももねさきさん。昭和のアイドル大好きとのことで、さらに岡田有希子「くちびるNETWORK」で会場のオッサンのハートをわしづかみw。ルックスはともかく(失礼)、歌い方や振りつけがほんとによくオリジナルを研究していて素晴らしいです。
松原タニシという松竹の芸人とたまさんの地下アイドルトークを挟んで、後半はももねさき先攻で、オリジナル曲2曲ずつ。さきそん最初の曲、ティアーズ・フォー・フィアーズっぽい80年代感あるサウンドが渋いです。栗原さんもももねさんも、曲がよいのと、さすがベテラン地下アイドルって感じのおもてなし心が随所に見られて良いステージでした。

さてここからは飛び道具、まずは合唱曲をバックに「虚無」と印刷されたメモを配りながら登場した謎の虚無僧アイドルきゃりー虚無虚無。「キャンディ・キャンディ」に合わせた「♪ガンジ-ガンジーマハトマガンジー」とか「ふりそでーしょん」に合わせた「はまちーはまちー…ぶりの名称」なんていうわかり易いきゃりーネタの一発ギャグと「きょむきょむ~」と声かけるとピーとソプラノリコーダー奏でるなどの不条理感のあるナンセンスが程よいバランスで、地下感を盛り上げてくれました。
虚無虚無

そしてでっかいお○こマークが書きなぐられた白Tシャツに黒サン・赤バンダナ、ベルボトムジーンズという出で立ちでサンプラー内蔵の改造アコースティックギターを抱えて登場した宝塚の誇る特殊ギタリストstrong>佐伯誠之助。
ロリ声の「ち○ぽ」コールから高速ドラムンベースに突入する1曲目から全開の異様にカッコいい人力ブレイクビーツ、ただしネタは卑語下ネタオンリー。なんでしょうこの下らなさ以外になにも存在しない完全に役に立たないカッコのいい音楽はw。ラストはいままで聞いた中でもっとも最低の「rollin' rollin'」(♪ロ~リ~ロ~リ~)。ヤバすぎてこれ以上説明できません。「たま…たま…姫乃たま~」と姫乃さんの名前を絶唱するソウルフルなエンディングで会場を一つにしてくれました。

最後はもちろん姫乃たまさんの歌。「巨大な遊園地」からアコースティックな「42歳」とオシャレな「僕とジョルジュ」の曲を続けます。ふんわりとした姫乃さんの声がとってもキュートです。
今日は「僕とジョルジュ」の曲だけなのかなと思いきや、歌ってくれました、「ねえ王子」。アルプス一万尺の振りと華麗なるステップで引きこもりの王子様を慰撫してくれる優しい歌。
最後は姫乃さんが「たまちゃん」と呼びかけると客席が「はーい」と答えるコール&レスポンスで、会場全体を銭湯のようなゆるっとした空気にしあげてくれました。

潜行
すでに読了していた姫乃さんのご著書を持参してサインをしていただきました。
姫乃さんの「潜行」は、地下アイドルとその周辺の奇妙な愛すべき生態を描くのみならず、16歳でこの地下の世界に入って22歳の現在まで駆け抜けた姫乃さんの青春を描いた名著だと思います。
ちなみにカードはなぜかたまさんではなくてAV女優さんのポストカードだそうです。
そして思いだしたトークでの発言。「私のファンは40代バツイチと50代が多いんですよー、愛人顔なんでー。」

そして佐伯誠之助の「非売品CDR付プロマイド」も。
このいろんな面でグレーなブツを非売品のオマケとして売るやり口、以前ドラびでおがやってたなw
佐伯誠之助ブロマイド

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/12/14 20:55】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リビアライズ(12/6、アメリカ村三角公園前RIBIA)
プティパ-petit pas!-、ひrしまMAPLE★S、つばさFly、PassCode

アメリカ村三角公園前の大型ビジョン「RIBIA」で毎月行われているインディーズアーティストのフリーライヴなのだそうですが、今回はインディーズアイドル、それも割りとアレなのを集めちゃって、大丈夫でしょうか。

いやあ酷かった。
昼間っから酒瓶片手のハッカー(PassCodeヲタ)はじめとするヲタ達が大量に集結し、三角公園はヲタの解放区と化していた。
アジア系のツーリストがステージじゃなくてヲタを一生懸命撮影していたのが印象に残っている。

演者はなかなか力が入っていて、特にトリのPassCodeは別格の風格がた。
リビアライズ

でももうアイドルは呼ばんやろうなw

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/12/06 22:31】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アイドル楽曲大賞2015
第4回アイドル楽曲大賞2015」に投票しました。
投票内容と投票コメントに加筆したものが下記になります。

■メジャーアイドル楽曲部門
1.ねぇバーディア(Negicco) (3.0pt)
2.1000%の片想い(Negicco) (3.0pt)
3.14才のおしえて(ずんね from JC-WC) (2.5pt)
4.ふへへへへへへへ大作戦(寺嶋由芙) (1.0pt)
5.不景気(アイドルネッサンス) (0.5pt)

AKBGに縁のない自分がこの部門でなんとか5曲選べたのは、ひとえにT-Palletteがこのワクに入っていたおかげ。タワレコのレーベルの中でT-Palletteだけがメジャー扱いなのはちょっと不思議だけど。
まずは「RICE & SNOW」をアルバム部門に選べなかったお詫びも含めてNegiccoの大好きなシングル曲を2曲。
ずんねはまず吉田凛音と蒼波純という対照的な14歳コンビの取り合わせがいい。大森靖子の昭和歌謡くさいメロにサクライケンタのトチ狂ったアレンジのハマり具合も奇跡的で、企画もののプロジェクトとしては出来過ぎ。
ゆっふぃーでネタがつきたので、残り1曲はT-Palletteから出たピチカートファイヴカヴァーアルバムから、オープニングを飾るアイルネの曲を選んだ。選曲だけで満点っていうカヴァー。

■インディーズ/地方アイドル楽曲部門
1.Asthma(BELLRING少女ハート)
(3.0pt)
2.i.s.f.b.(いずこねこ) (2.0pt)
3.snow irony(Maison book girl) (2.0pt)
4.仮初の涙(Peach sugar snow) (1.5pt)
5.Love likes a mille-feuille(Hauptharmonie) (1.5pt)

この部門が今回の自分の投票の中心です。それが証拠にいちいちコメントが長い。
いろいろ迷ったけどどれも本当に大好きな曲ばかりだから、この結果にはまったく異存はない。

1.今年のベルハーでどれか1曲選ぶとしたらこれしかない。彼女たちの楽曲の中ではどちらかといえば珍しい直球で爽快な曲と泣かせる詞のポップな楽曲で、レコ―ディングは歌もちょっとお行儀がよく普通にいい曲って感じ。でもライヴだとこんなもんじゃない、破壊力200%増量のいつものベルハーの歌唱とパフォーマンスで、最後はオタちゃんのチャントも含めて聞くたびに弩級のカタルシスを与えてくれる。

2.映画「世界の終わりのいずこねこ」の主題歌でありながら、隕石衝突による華々しい世界の終わりの映画とはあまり関係なさそう。きわめてプライベートな世界の終わりを描く、いままでのいずこねこの詞の中でもペシミスティック度では最悪なサクライさんらしい詞の世界。12月から15月にかけての終わりの日々のドキュメントが、つんのめるような変拍子のトラックに乗せて、茉里ちゃんの時に伸びやかな愁いを帯びる声で歌われる生々しさ。いずこねこのラストソングとしてこれ以外にはありえなかった。

3.変拍子を駆使したパーカッシブなサウンドをバックに、いずこねこ「i.s.f.b.」の続きの16月から始まり「rainy irony」の引用で終わる歌詞の世界は、まぎれもなくいずこねこから袂を分かったサクライケンタのネクストステップ。Maison book girlのファーストアルバムの中心に位置する、心臓ともいうべき曲だが、アルバムで入念に加工されていた彼女たちの歌声が、ライヴのパフォーマンスで生き生きとした生歌で血肉化されたのを聴いた時に、いずこねこは本当に終わったんだと実感した。

4.ソロユニットになってからのPeach sugar snowのシングルは2枚とも素晴らしい出来で、むしろグループ時代からひと回りもふた回りも大きく化けたんじゃないか。第1作の「さよなら惑星」が「かぐや姫」をモチーフにしていたのに対し、この曲はたしか「赤頭巾ちゃん」をモチーフにしていると言っていたと思うんだけど、ライヴでは赤ではなく茶色い頭巾を着てステージにうずくまって歌うパフォーマンスが、戦争と平和を歌った壮大な歌の世界と相まって圧巻だ。勝手な俺の解釈では「どっちに生きても仮初の涙が流れてる」という歌詞通り、赤頭巾とオオカミのどちらにもなりうる人間の業に対する祈りがこの歌だ。(「赤頭巾」じゃなくて「ヘンゼルとグレーテル」だったかもw)

5.Hauptharmonieのライヴは1回しか見たことがないのだけど、そのステージの最後に歌われていたのがこの曲だ。感情に寄り添うようなピアノとベースをバックに、3人の登場人物が入れ代わり立ち代わり現れてドラマチックに胸の中をかき回す。たった4分の曲なのにまるで1時間半の映画のラストシーンのようだ。次の日タワレコで探したけれどまだCDになっておらず驚いたのだけど、数か月後発売された彼女たちのファーストアルバムで当然のようにその掉尾を飾っていた。

自分は自分のことを「楽曲派」だと思ってる。それはどんなかわいらしいアイドルさんでも、曲が引っかからないとほとんど興味を持てないからで、まあこれは楽曲の好みが人それぞれあるだけで、実はアイドルリスナーのかなりの部分がそうなんだと思う。
でも今回投票コメントを書いてて思ったのは、アイドルの楽曲の魅力はライヴでのパフォーマンスと抜きがたく結びついているんだなってこと。たぶん今年になって地下アイドルとかライヴアイドルとか言われるアイドルの現場に多少出入りするようになってから自分の中で変わった部分だと思う。

■アルバム部門
1.UNDO THE UNION(BELLRING少女ハート) (3.0pt)
2.Hauptharmonie(Hauptharmonie) (2.0pt)
3.3776を聴かない理由があるとすれば(3776) (1.0pt)

これは厳しかった。3枚どころか5枚でもムリだったろう。
1と2は既定として、3はいまでも迷っている。
3776のアルバムと以下の次点の5枚はどれにしても良かった。

(次点)
・RICE & SNOW(Negicco)
・Maison book girl(Maison book girl)
・THE-R(里咲りさ)
・女王失格(夢幻レジーナ)
・細胞宣戦(細胞彼女)


…うーん3776とか入れる人多いだろうし、細胞彼女とかに入れときゃよかったかな…。

ゆるめるモ!の新しい奴とかも、もう少し聞きこんだら入ってくるかもしれない。
ベルハーは6月に出たミニアルバム「13 WEEKS LATER EP」がまた良かったのだけど、これは「EP」なのでアルバム部門のノミネート対象にならないみたい。まあ年末の個人フェイバリットに。

■推し箱部門
BELLRING少女ハート


去年のTIFではじめてベルハーのステージを見ることができた時に、彼女たちだけが他のアイドルたちとまったく違う場所にいて、目指すところもまったく違う、異質な存在だと感じた。その後少しばかり地下のシーンに少し足を踏み入れて、ベルハー以降ともいうべきエクストリームだったりオルタナティヴだったりスカムだったりする新しいアイドルを含め、いろんなアイドルを見ることになったけれど、そんな中にいてもいまだにベルハーだけは、音楽的にも志向的にも、他のアイドルとまったく違うところを向いているように感じられる。
今はむしろ、そんなベルハーこそが正統なアイドルの王道なのではないかとさえ思いつつある。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2015/12/03 01:36】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |