『Dance on a SeaAnemone!』TOUR(11/29、千日前味園ユニバース)
dance

溺れたエビの検死報告書のツアー大阪公演に行ってきました。
会場は味園ユニバース、共演にBELLRING少女ハートとあって、あの昭和の大キャバレーの広々とした空間でベルハーを見られる!というので大変楽しみにして出かけました。

仕事終わって会場に駆け付けた時は、一番手のモーモールルギャバンに会場が盛り上がっているところでした。とりあえずエビのカレーで一息。

カルータラ
量はちょびっとでしたが、スパイシーで旨い。
肥後橋のスリランカカレーKALUTARA、メモメモ。

ひと月ぶりのユニバース、やはり大小の惑星を模した照明や、ビッグバンドが上がれそうな横に幅広いステージに覆いかぶさるように点滅する電飾といった内装も、何より柵などで隔てられていない、手を伸ばせば演者に手が届く近いステージも、ほんとうに素晴らしいです。そして今回フロアの中央には花道がしつらえられています。
モーモールルギャバンの最後の曲で、煽り担当のパンツ一丁のドラマーさんが、花道の真ん中でパンツに突っ込んで取り出したネクタイで汗をピシャッピシャッと振りまくという暴挙で会場を沸かせていました。

昭和末期のアニソンや歌謡曲という世代的にど真ん中なDJの選曲にいい感じにあったまってきたところでBELLRING少女ハートの登場です。
1曲目「アイスクリーム」のチェンバロのようなゴシックなキーボードのイントロが流れる中ステージ上で硬く冷たい表情で立ち尽くす6人のメンバーが、不穏なベースラインとともに青い薄暗い照明を浴びてゆらゆらと左右に揺れながら歌いだした瞬間に、もうそこにはベルハーだけにしか作り出せない世界が現れていました。モザイクのように6人が絡み合う静止したポージングから、黒い羽をはためかせて大きく前後に激しく動き出すダイナミックなコントラストの美しさに、自分でもどうかしていると思いながら早くも泣いてしまいそうです。
そして間髪入れずギラついたギターのイントロから、ステージ上もフロア中も大繩のジャンプであふれる弾け曲「GIGABITE」へ。甘楽の表情の豊かさは以前から定評がありところですが、「アイスクリーム」の無表情からこの曲の満面のドヤ顔への切り替わりがみごとです。今年の3月に加入した甘楽・れーれの2人の安定ぶりは目覚ましく、もはや新メンバーという呼び方はふさわしくないように思えます。アンナが脱退して初めての大阪でのライヴとなった今回は(アンナ「欠席」だった前回の大阪のライヴに比べても明らかに)パワーが拮抗した6人組のチームとしてのシャープさが強く印象付けられるステージだったと思います。
歌割が変わったせいか、今回特にみずほの歌声が多く聞こえたような気がするのは、彼女の歌声がきっかけでベルハーに惹かれることになった者としては嬉しいところです。3曲目に歌われた「ボクらのWednesday」なんかいつの間にかみずほがメインと言ってもいい曲になっています。もしかしたら歌割は変わってなくてみずほの歌の強度が上がっているのかもしれません。いや実際、みずほの歌が歌い方も声質も変わらないまま、声量が増して強度が上がっているというのは奇跡だと思います。
オルガンの音色がサイケなデイヴィッド・リンチへのオマージュを織り込んだ「yOUらり」とファーストアルバムの曲が続けられたあと、メンバーが田中Dに呼ばれて袖に消え、しばらくの中断します。なにやらお小言をいただいていた様子で、何事もなかったかのようにステージに戻ってきて、全員ステージに横たわり「無罪:Honeymoon」が静かに始まります。「13 Weeks Later EP」の曲群のようなパフォーマンスは現在おそらくベルハー以外のどんなアイドルでも、いやバンドでもありえないと思います。どんよりとした曲がクールなダンスと共に次第に悲痛さすら帯びた切ない歌声に変わっていきます。最後は横並びになった6人がそれぞれに作り笑いを作り、そしてゆっくりと無表情に戻っていく印象的なエンディング。
さらに暗黒度を深める「タナトスとマスカレード」の地響きのようなノイズと不安感を掻き立てるピアノのイントロ、そして不安定なコーラスが鳴り響きます。この曲の終盤でギターのメタリックなフレーズにオケが無暗に盛り上がるところではいつも大声で叫んでしまいます。可愛らしく結われていたあーやんの編み込みおさげもみずほのポニーテールも、この曲の終わるころにはすっかりほどけています。
ずんちゃずんちゃというジンタ風のビートが鳴り響き、黒い羽がステージ中を飛び回る「サーカス&恋愛相談」になだれ込みます。ちょっと走り気味なみずほの歌いだしから最後の全員の絶叫まで、激しい高速ヘッドバンキングも、指をさしながら6人がステージ上を右往左往するさまも、もう歌のすべて振り付けのすべてが愛おしい。彼女たちのオールタイムベストの曲です。恒例のパシャは花道からのパノラマ撮影でした。
そしてこれも派手な照明が生きるキャバレー感ある華やかな沸き曲「Rivelry!!!」。野菜をサーベルで受けるいつもの余興が花道で行われて場内を沸かせます。そしてあーやんと甘楽のラップ調の煽りから「c.a.n.d.y.」へ、そして「エッジ」へとフロアをモッシュピットに一変させるクライマックスの選曲が繰り出されます。花道に群らがるヲタたちに甘楽が水を吹きかけ、足蹴にしまくる光景が印象に残っています。そしてメンバー全員が花道に2列に整列するフォーメーションから「Asthma」の感動的なフィナーレに。もう何も言うことありません。

エビ1

エビ2
最後に登場したのはこの日のホスト、ユニバースのド派手な内装に負けない蛍光色に光るエビたちによるサイケデリックビッグバンド、溺れたエビの検死報告書でした。ギターもベースもキーボードも複数人数が担当しており、さらにトランペットやトロンボーンなどのホーン隊も擁した総勢15匹のエビが織りなすサウンドは、P-FUNKのようなコスミックで混沌としたごった煮のファンクです。最後は花道に観客を上げての大騒ぎ、大トリにふさわしい盛り上がりでイベントを締めくくりました。

エビ3

会場も共演者も最高のイベントでした。そして、ベルハーのパフォーマンス自体も今年見た中で1・2を争うくらいの素晴らしさだったと思います。もう今年はベルハーは大阪には来ないでしょう。年が明けるとすぐに東京の大箱でのワンマンです。2月のもえちの卒業までにもう一度大阪でやってくれるでしょうか。もし次もえちのいるうちに来てくれたら、その時はきっと、ワンマンを経てさらにグレードアップしてすごいことになっているのが予感できるような6人のパフォーマンスでした。
この日の彼女たちのパフォーマンスは、フルセットまるまるファンカムの動画がYouTubeに上がっていますが、あえてリンクは貼りません。まあ探したらすぐに見つかります。もしかしたらこんな文章よりずっと彼女たちの魅力が伝わるかもしれません。でも、僕が言いたいのは、実際のベルハーのライヴはあんな映像の何十倍もすごくて楽しいよ、ということです。できたらYouTubeなんて見ずにこの不完全なブログで妄想を膨らましてライヴの最前に実際に飛び込んでほしい。その妄想の何百倍もすごい体験ができるのが今のベルハーだと思っています。
ベルハーキーホルダー
ああ、いつか、できるだけ近い将来にベルハーのワンマンを、またこの味園ユニバースで見たいものです。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/11/30 22:02】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ケン・スギサキ・バンド/NASCA CAR 2マン(11/27、難波BEARS)
工事中

ナスカカー中屋さんとケンスギサキさんは同い年で55才と。いや見に来て良かった、トシとか言うとられんわ。
posted at 22:34:27


ケン・スギサキ
ケン・スギサキ・バンドの「黄昏のビギン」すごく良かったなあ。スギサキさんの歌も良かったけどベース稲田誠さん、キーボード西滝太さん、ドラムス楯川陽二郎さんというバンドも凄まじかった。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/11/28 21:47】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
渚にてワンマンコンサート(11/8、難波BEARS)
前日の朝ベアーズに続く昼ベアーズ。でも客層がまったく違う(当たり前だ)。
昨日と今日両方いるのはたぶん俺(とベアーズのスタッフ)くらいだろう。

渚にてワンマン
新曲中心のアンコールまでたっぷり2時間の熱量の高い演奏。
柴山さんは今日もピンク・フロイドのTシャツでした。

NAKED渚にて
恒例の限定CDR「NAKED渚にてvol.5」、今回はライヴです。
前回のベアーズでの頭士さんを加えての「太陽の世界」が入ってる!

(工事中)

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/11/09 17:36】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BLACK DAWN vol.0(11/7、難波BEARS)
急遽決定したNECRONOMIDOLと細胞彼女のBEARSツーマン、なんと開演8時半の早朝公演。
朝っぱらから結構な数の魔ヲタ・猛者が集結している。

NECRONOMIDOL
ネクロ魔パジャマ
初見。Necronomikon + Idoという名前の由来どおりのlダークなメタルサウンドが面白い。
目を惹くのはやはり白塗りの嵯里さんだけど、セリフを入れてたメンバー(ほたるさん?)がちょっと気になった。
この日は早朝とあって全員パジャマ姿での特別仕様のライヴだったので、本来の衣装でのステージも見てみたいところ。

細胞彼女
パジャマうてにゃん01
パジャマうてにゃん02
出社前のスーツ姿だったので隅っこでおとなしくしているつもりだったのだけど、スターリンの「ロマンチスト」のカヴァーでいつも通りに盛り上がってしまった。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/11/08 00:48】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DOGIMAZUN 2015 ~Halloween Night Special!!~(10/31、アメリカ村SUNHALL・GRAND Cafe他)
さすがに3週続けて土曜休んで長時間のライヴイベントとなると、家族にも会社にも、ちいと気が引ける。
年々仮装する若者が集まって夜通しバカ騒ぎすると言われているアメリカ村で行われるハロウィーンのライヴサーキット、仮装推奨とか書いてあるし、ますます尻込みしてしまう。尻込みしても気が引けても、行くしかないんです。中2週の短いインターバルでベルハーが来てくれるんだもの。
タイムテーブル

ヴィレヴァンに寄って、お面なぞ仕入れて、いちおう参加する姿勢を見せてサンホールに入ったら、DJのかける「キラキラチューン」で仮装したヲタが口上で沸いている。なあんだ、ホームじゃん。
バンドじゃないもん!。昔々、2人組でドラムたたいてワーワーやってたPVの印象しかなかったので、ちゃんとしたアイドルらしいアイドルになってるんだなあ、と。オタ(「もんスター」と呼ぶらしい)のノリもすごくきっちりしてる。必ずどの曲もパンパン(柏手)ジャージャーとMIXが入るし、オタ芸打ってるやつはいるし、ガチ恋口上も入るし、雑然としたベルハー現場に慣れたものとしてはたいへん新鮮。ゆずぽんの人がキュートでした。

グランカフェでミズタマリ、ソロお披露目の時以来ひと月ぶりに見る。あの時は3曲だった持ち歌が1曲増えている様子。さらに今回はいずこねこ時代にも歌っていたtofubeatsの「朝が来るまで終わる事のないダンスを」も歌われ、さらに最初に歌った曲を再度披露して全6曲25分のステージ。レインコートみたいな黒いジャンパースカート姿で歌い踊るパフォーマンスは、やっぱりサマになるねえ。
このあとベルハー待機のサンホールでDJがプラニメをかけて盛り上がっていたのだけど、実はロビーで物販をやっていたマリちゃんが乱入していたというのに全然気がついていなかった自分の節穴ぶりを恥じるばかり。

サンホールで5人組ガールズバンド、オレスカバンド。前方は(自分も含めて)ほぼ完全にベルハー待機勢というアウェイながら、2本のホーンをフィーチャーした賑々しいスカサウンドで観客沸かすのはさすがに10年選手のベテランライヴバンド。堺出身だからほんとはホームのはずなのにね。個人的にはスペシャルズでお馴染みのスカクラシック「モンキーマン」が楽しかった。

さていよいよBELLRING少女ハート。前回は「13 Weeks Later EP」の曲をやらない古めのアゲ曲中心のセットだったけど、今回は「タナトスとマスカレード」に始まり、「無罪:Honeymoon」「low tide」といった「13 WEEKS」のダークな曲に「Rivelry!!! 」「サーカス」といったお馴染みの曲を交えるハロウィンらしい(?)セット。甘楽はベビードールつけた白塗りのゴスベビー、あーやんは口裂け女、れーれはキョンシー風、もえちはバカボン(かと思ったらマレフィセント風だったらしい)といった感じでメンバーそれぞれのハロウィンらしいメイク。カイちゃんとみずほはステージ上では気がつかなかったのだけど、実はカイちゃんは真っ白の白塗りだった模様。みずほは一筋の鼻血が…。みんなそれぞれに個性が表れていてとてもキュート。マイケル・ジャクソンの「スリラー」の振付を換骨奪胎した「Rivelry!!! 」が本来の墓場でゾンビが踊っている感醸し出しているし、「サーカス」も見世物小屋度120%増量。
そしていつものように鬼気迫る「low tide」から間髪入れずに「エッジ」に、そして「c.a.n.d.y.」という文句のつけようのないエンディング。ベルハーらしいダークさとハードさをキュートに魅せてくれるいいライヴだった。ちょうど裏のBIGCATでPassCode~Fear & Loathing in Las Vegasをやっていたからか、意味もなく後から飛んでくる人たちがいなかったのも快適で良かったかも。
3月に加入して金髪長身の存在感を藤城アンナの11月脱退が発表されたところで、本当はこの日が大阪ラストのはずだったのだけど、残念ながら家庭の事情により欠場となり、結局あえなくなってしまったのは残念。メンバーがアンナの顔写真を貼ったうちわを持ってパフォーマンスしていた。

キバ・オブ・アキバを冷やかしたりして、最後はこの日バンドを引き連れて登場の2人組のメタルアイドルFRUIT POCHETTE。ギタリストは有名なメタルの人だったようで、かっこよくてずっとギターばかり見てたw
十分にハロウィン楽しんで、何百ものゾンビ、マリオとルイジ、アラレちゃん、ウォリー、囚人たち、ミニスカポリス、悪魔、メイドさん、セーラームーン、カオナシ、キュウベェetc.が徘徊するアメリカ村を後にした。
あー仮装と言えば、全身真っ赤に塗って女物のブラとパンティだけ付け、巨大なTENGAの被りもんの仮装したベルハーオタがいたな。胸と股間にもTENGAぶら下げて。さすがに年端のいかない若い女性に見せる格好じゃないだろww

楽しかった10月のヲタ活の思い出にこの日のチェキをさらしときます。
ハロウィンチェキ
誰やねん。はなぢのみずほさんは白目やしw
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/11/01 15:37】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |