RAINBOW HILL 2015(9/27、服部緑地野外音楽堂)
当日未明に大雨が降って、大丈夫かよと心配したのだけど、夜が明けるとちょっと雲がかかるくらいのちょうどいい塩梅の天気、どころか次第に雲一つない秋晴れの好天となり、陽射しがキツくて暑い暑い。絶好のフェス日和となりました。

11:00 栗コーダー&ビューティフルハミングバード
12:05 みにまむす
12:20 ふちがみとふなと
12:55 Floyd Hill
13:20 キセル
14:15 夕凪
15:00 チェリータイフーン
15:10 ハッチハッチェルオーケストラ
16:00 みにまむす
16:15 みうらじゅんと安齋肇の勝手に観光協会
17:05 小島麻由美
18:05 チェリータイフーン
18:10 ハンバートハンバート

レインボーヒルのバッファロービル
・例年同様開場と同時に演奏が開始、今年の一番手は栗コーダーとビューティフルハミングバードの観客の入場を眺めながらのリラックスしたステージ。フジで2回見てるので3回目になる。小ネタをはさみながらの栗コーダーのインストもいいけれど、何回も見ているうちに後半のビューティフルハミングバードの歌もののセットがどんどん馴染んできた。「旅人」ってすごくいい曲。

ふちがみとふなとはこないだリリースされたのパスカルズとのコラボアルバムから「1+2」、11月に出る新作アルバムのタイトル曲「だってチューだもん」や7インチアナログ「大阪のうた」の収録曲と、リリースラッシュを反映したセット。「大阪のうた」のカップリングとなる「おばはんは見ている」のブラックな感じが良かった。

・なんか腕にタトゥいれた長髪のヘビメタ風白人ハードロックトリオが出てきて、なんじゃこりゃと思ったら、Floyd Hillという、けん玉の名人たちのバンドらしい。あとで小島麻由美のステージの前に再度出てきてけん玉のデモも行っていた。

・意外にキセルが早い時間だった。女性ドラマーを加えて、最近出した初のカヴァーアルバムからの曲を中心にしたセット。ふちがみとふなとの訳詞の「Teach Your Children」など。昼下がりいい時間、ほろ酔い加減で、あれ、この曲誰の曲だっけ、くるり?…などと思っているうちにあまりの心地よさに意識を失っていた(正解はゆらゆら帝国の「ひとりぼっちの人工衛星」)。

夕凪はドラムスに藤井寿光、ヴァイオリンにハンバートハンバートの佐藤良成を加えたいつものレインボー仕様の編成で安定感ある演奏。レインボーヒルをイメージして作った「虹の丘」をせい子さんとふちふなの純子さんがデュエット。

・今年はほんとうに子供連れが多かった。例年多いんだが、今年は特に多かったんじゃないか。音楽に踊ったり、飽きて走り回ったり、けん玉で遊んだり。会場のあちこちに仕掛けられたシャボン玉マシーンを振り回したり。楽しそうでいい。そんな子供たちには、身体のあちこちプルプルと震わせ会場を踊りまわるダイナマイトなバーレスクダンサー、チェリータイフーンさんはどんな風に映ったのかな。

ハッチハッチェルオーケストラの歌は「綱渡り人生」とか「調子っぱずれ」とか「戦力外通告」とかダメ人間讃歌のような歌ばかりで泣かせるのだけど、その隙のないエンタテイメントぶりをを見ていて、我が家では逆にハッチェルさんダメ人間ではなくハイスペック疑惑が持ち上がっていた。あとの小島麻由美さんのステージにハッチェルさんがドラマーとして登場し活躍するのを見て、その疑惑は確信に変わった。ハッチェルさんカッコよすぎ。あとで調べてデキシード・ザ・エモンズのドラマーだったというのを知り、納得。

みうらじゅんと安齋肇の勝手に観光協会は何回目になるんだろう、毎年見てるんだけど、実は面白さのツボがさっぱりわからない。今年はリードギタリスト山田五郎がまさかの欠場で、小野瀬雅生(クレイジーケンバンド)が曲によってギターを弾いたりベースを弾いたりの大活躍。しかしギター小野瀬さんにドラムスが古田たかし(ex.Dr.Strangelove他)ってなんとムダに豪華なバッキングだろう。去年はみうらじゅんのオリジナルばかり歌う、わりとガチなステージでちょっと面白いと思ったんだけど、今年は勝手に作ったご当地ソングを何曲かを披露したあと、最後はみうらじゅんのオリジナル曲を2曲。小野瀬さんのデイヴ・ギルモア風?ギターは良かった。あと所在無げにタンバリンをたたく安齋さんの佇まいは大好き。

・初見でいままで音源も聞いたことがなかった小島麻由美は、まず、3ピースのバンドの演奏が予想以上にロックンロールなサウンドでかっこいい。半ズボン姿のカジヒデキさんのベースが結構ぶっといのも新鮮だったけど、塚本功さんという人のギターがいぶし銀のように渋い。そしてハッチェルさんのドラムがとてもパワフルで途中スネアが敗れて曲の間に交換するなんていうアクシデントも。なにより小島さんのボーカルが艶っぽく良く伸びる。こんなステージを夕方のええ時間の野外で至近距離で目撃できる贅沢。この日ここまでのベストアクト。

・すっかり日が暮れ、ステージ上にライトが美しく映える時間になって登場したこの日のトリはもちろんハンバートハンバート。遊穂さんの産休やなんやでここ2年は良成さん遊穂さんそれぞれピンでの登場だったので、ハンバートとしてはひさしぶりのレインボーヒルとなる。例によってゆるっと現れてミサワホームの歌で始まるのはフジのときと同じ。2曲目で「風に吹かれて」の日本語カヴァーで、硬派なところを見せる…と思いきやメドレーでなぜか吉田拓郎さんの「結婚しようよ」。この辺のひねったセンスがハンバートの面白いところ。いつものようにゆるいMCに続いて「虎」「僕のおひさま」といった胸に迫る曲を歌ったあとに、コミカルでそこはかとない毒を感じる「ロマンスの神様」の名カヴァーを歌う流れが絶妙すぎる。
おしゃべりCD
ぐだぐだMCばかり70分集めたCDを出したというので、ライヴ中に物販に走って購入。

・夕凪のせい子さんが良成さんの代わりにヘビメタばりのハイキーで遊穂さんとデュエットする「おなじ話」から、ビューティフルハミングバードの光子さんに歌わせて遊穂さん自身は客席に突入して観客と手遊びをする「アルプス一万尺」に、そして最後はラップパート付きの「おいらの船」。

・アンコールの声に応えて、この日の出演者を連れて登場したハンバートのふたりが歌いだしたのはなんと吉田拓郎の「人間なんて」。そうか「結婚しようよ」はこの曲のネタ振りだったのか。ちゃんと良成さんが歌ったのは1番だけで、(これはかなりサマになっていた)、基本的には出演者が交代でマイクをとってコーラスを延々繰り返すちょいgdgdな感じの「人間なんて」だったのだけど、客席も含めて大盛り上がり。謎のヘビメタ白人がでたらめに歌いながらけん玉技を繰り出している。みんなニコニコしながら「人間なんて」って叫んでる。カジヒデキが「人間なんて」を歌う姿をみる日がくるなんて想像だにしなかったよ。

今年も最後は多幸感に包まれた大団円で、本当に楽しかったです。
来年は9月25日の日曜日、なんとラリーパパとカーネギーママの再結成がアナウンスされてます。

ミロワールのタルト
おまけ画像。今年も来ていた中崎町ミロワールのタルト(一口かじってる)。
タルトもチェリーパイもキッシュもシフォンケーキも、ほんまに旨い。
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/09/28 18:24】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
BELLRING少女ハート VS Vampillia blackest ever black metal (9/23,東心斎橋CONPASS)
われらがベルハーことBELLRING少女ハートが大阪にやってきてVampilliaとツーマンを行う!ということで出かけてきました。
会場の東心斎橋CONPASSは気になるライヴをよくやっているので気になっていたのですが、今回初体験です。地図を見ていてそうじゃないかと思っていたのですが、以前鰻谷SANSUIのあった場所ですね。ステージの感じなんかそんままで、昔ここでメルツバウやJackie-O-Motherfuckerの出るVampillia主催のイベントを見たことを思い出します。

この日はVampillia本体ではなく、別動隊のVampillia blackest ever black metalという「ブラックメタル」ユニットでの登場なのですが、早々に前説で、バンド名がVMO(Violent Magic Orchestra)と変わったことが告げられます。真っ暗な舞台に、それぞれにブラックメタルのバンド名がカタカナで書かれたTシャツを着たメンバーが登場し、しばし不穏な静けさに満ちたメランコリックな音楽が奏でられます。やがてインダストリアルな打ち込みのビートがテンポアップし、激しくデスヴォイスが咆哮し、ストロボライトが明滅します。ビートが打ち込みなのですが、転落や飛翔をイメージさせるような静と動を対比するコンセプト自体はVampillia本体とそれほど変わらないような気がします。ただし激しいストロボライトの明滅が視覚に訴えるインパクトが強すぎて、音そのものについては正直あまりよく覚えていません。基本真っ暗だったので、ステージの上に何人メンバーがいたのかすらもよくわからない。前説でダークスローンさんが「アトラクションだ」と言っていましたが、「ブラックメタル」の意匠を借りて音と光のマジックが喚起する暴力的なエモーションを追及するというのがVMOのコンセプトということになるでしょうか。

DJさんのかけるPassCodeの曲がフェイドアウトするといきなりオケが低く流れ出し、慌ててメンバーが登場してBELLRING少女ハートのステージが始まります。
1曲目「無罪:Honeymoon」、いきなり最新系のダークなベルハーで会場の空気をつかみます。今日はこの路線でしばらく突き進むのかと思いきや、2曲目はセカンドアルバムの掉尾を飾るジプシーブラスナンバー「Rivelry!!!」バカ騒ぎにそしてさらにキラーチューン「サーカス」「rainy dance」で早々からぶち上げてきます。

「yOUらり」のあとメンバーが全員一度舞台袖からはけて謎の中断があり、しばらくして再び横一列で登場して歌いだされたのが、なんといまだ音源化されていない幻の曲「Cherry」でした。2月にじゅりが卒業する時にじゅりのために作られ、じゅり卒業後はほとんど歌われていないはずです。来年2月のもえちの卒業が発表されたばかりのこのタイミングで、じゅりの親友であるみずほがもえち・かい・あやののコーラスで歌います。難しい歌で、ベルハーの中でも特に歌唱力がしっかりしていたじゅりも苦労して歌っていたこの歌を、後半は感極まって涙を流しながらも最後まで途切れさせることなくしっかりと歌い切ったみずほのパフォーマンスが、間違いなくこの日のハイライトでした。

「c.a.n.d.y.」「GIGABITE」とまたしても破壊力の高い曲をかまして盛り上げたところで、アシッドな香りのするミニマルなテクノ曲「クロノスの鎌」で一気にクールダウンさせます。新メンバーでの「クロノス」はもちろんはじめて。思えば今年の年始にUFOクラブで見たこの曲のパフォーマンスが彼女たちに本当にハマるきっかけでした。
さらに「タナトスとマスカレード」「low tide」と最新EP「13 WEEKS LATER EP」の魅せる曲が続きます。「タナトス」はちゃんとした振り付けのある形では関西初演です。
「low tide」はおそらく今のベルハーの最もエモーショナルなパフォーマンスが見られる曲だと思います。この曲が最後、メンバー全員が悲痛な叫びともいえる絶唱を聞かせて生々しいぶつ切りで終わると、間髪入れず「the Edge of Goodbye」が始まり、さらに彼女たちの最新曲にして早くもアンセムとなった「Asthma」へと、もう文句のつけようのないクライマックスが続きます。
終わってみると70分のロングセット、現在形のBELLRING少女ハートを堪能できる素晴らしいライヴでした。

そしてさらに、しばしのセッティングののち再度VMOが登場しベルハーとのコラボステージが。
正直どういう曲だったかさっぱり思いだせないのだけど、ストロボライトの激しく明滅する真っ暗な場内にVMOもベルハーもダイヴしまくる狂騒のうちに、この日のライヴは幕を閉じたのでした。

今回は勢い一発のセッションだけだったけど、ベルハーの、特に「13 WEEKS LATER EP」のゴシックでシアトリカルな方向性とVampilliaは非常に相性がいいと思うので、今度はぜひ本体でのがっつりのコラボレーションも含めた共演の機会があればよいと思います。
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/09/24 01:53】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Rock In Disco Fever(9/23、千日前味園ユニバース)
ex.いずこねこ、ex.プラニメの茉里ちゃんことミズタマリのソロお披露目ライヴ。
歌われた3曲のオリジナル曲はいずれもプラニメの路線に近いEDMっぽい曲。
どっちかといえば個人的には苦手な路線なんだけど、1曲目のマイナーな曲調は茉里ちゃんのクサめの良く伸びる声質によくあってたような印象。

味園ユニバース
味園ユニバースはずっと行ってみたい会場だった。いや、すごいところですね。
そして3曲だけ見て、次の現場にさっさと移動したのでした。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/09/23 22:12】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
畑中葉子 in Osaka(9/21、難波BEARS)
いつものように開演時間直前にベアーズに着くと、クラフトワークがかかる場内は、並べられた長椅子やパイプ椅子がすでにほぼ埋まっていました。40代から50代のちょっと年齢層高めの男性(オレもそうじゃw)が多く、青や黒の「後から前から」Tシャツを着た人もちらほらi。いつもとちょっと違う雰囲気で楽しいです。
0921BEARS

一番手、山本精一さん。「今日は歌謡曲ばかり歌います」という前置きに続いて、いつもの黒いストラトを爪弾きながら歌いだされたのが「真夜中のギター」、以下カルメン・マキ、トワ・エ・モアと山本さんのお得意のフォーク歌謡のカヴァーが、譜面台に置かれた歌本から繰り出されます。今日はちょっとエコーを深めにかけて歌われる山本さんの声との相性の良いこのあたりの楽曲が、山本さんのポップセンスの原点なんだろうなあと感じます。
小椋佳の「さらば青春」なんかは山本さんが歌うの初めて聞いたような気がします。「カヴァーアルバム第2集」もすぐにできそうですし、ぜひ作ってほしいです。
最後は「悲しくてやりきれない」から「あの素晴らしい愛をもう一度」と加藤和彦さんの曲を2曲続けて。どの曲もギターのバッキングはたぶんその場でコードみながら合わせてるだけなんだと思うのですが、これがまたいいです。「あの素晴らしい~」はギターのフィードバックノイズをブーストさせる塩梅も絶妙で胸に迫りました。

続いてJOJO広重さんがナスカカーの中屋浩市さんとともに登場、初音ミクの「ワンツースリーフォー」のカウントとともに「タンゴ」が始まった瞬間にがつーんとのギターノイズがぶちかまされます。今日はミク役がいないので、被せて歌うのはJOJOさん!中屋さんも髪振り乱してシンセノイズピュンピュン飛ばしてられます。なかでも特に「虹とスニーカーの頃」はデスメタル度が200%増量でカッコよかったです。
惜しかったのはJOJOさんが歌い切れてはらへんかったところ。特に頭脳警察「さよなら世界夫人よ」はミクに任せずに声が裏返っても音程が外れまくっても最後までJOJOさんの声が聴きたかった。JOJOさんの歌はCDで聴くとどうも馴染めなかったのだけど、ひさしぶりにライヴで聞いて生々しくてぞくっとする瞬間があったから。
20年以上前にこのベアーズで「西陣三郎」名義のJOJOさんの歌を初めて聞いたときの感じを思い出しました。
JOJO

そしてもちろん今日のメインは畑中葉子さん。まずはアップテンポの初期曲から。畑中さん歌上手い! そりゃあ平尾昌晃先生の元で鍛えられてんだから当たり前なんだけど、91年に結婚してから20年間子育てに専念していたというブランクを経ても衰えていないってのがスゴイ。ふだん歌の「上手さ」をあんまり必要条件としない音楽ばかり聞いてるし、たまに接する「上手い」歌を鬱陶しく感じることも多いから、特にこういうバラード曲などで歌謡曲ならではの歌の「上手さ」が表現力になる瞬間に出会うとすごいなあと思います。
畑中さん、過去のカタログには興味を持つが新作を出す体力のないマネジメント会社にさっさと見切りをつけて独立し、現在フリーとのこと。スーツケースにTシャツ詰め込んでベアーズでも営業でも単身で乗り込んでくるフットワークが素晴らしいです。今回のこの企画はJOJOさんとtwitterで知り合ったことがきっかけだったのですが、JOJOさんと畑中さんは実は同い年、畑中さんが「カナダからの手紙」でデビューした78年にJOJOさんもライヴデビューと意外に共通点がある(笑)。でも実は一番の共通点このしたたかにインディペンデントな姿勢なのかもしれません。
「いま色っぽい歌を歌えるのは私しかいませんから」ときっぱり言い切り、紅白に今度は紅組での出場をめざす、畑中さんの矜持に痺れました。
最後はもちろん代表曲「もっと動いて」「後から前から」。「もっと動いて」の「もっともっと」の指を回して親指立てる振り付けとか、「後から前から」でトップオタらしき方がやっていた指さしする振り付けを真似して楽しませていただきました。

そして最後はJOJOさん山本さんをギターボーカルに加えてのセッションです。これも初音階段のバックトラックを使いますが、やはりちゃんとした歌手が歌うと情念が違います。もちろん初音階段のミクの歌は異化効果を目論んだもので、情念の部分はノイズが担うわけですが、この日のセッションはノイズの中でも自身の歌を見失わない畑中さんが主役になっていました。「八月の濡れた砂」なんか良かったなー。
山本さんがハコバンと化してオケのギターフレーズを真似て弾くのも面白かったです。ラストでJOJOさんと畑中さんのデュエットした「カナダからの手紙」のエンディングのあのお馴染みのリードギターとか。

JOJO_yoko_seiichi
山本さん「すいませんね、こんな豚小屋みたいなところに」
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/09/22 13:07】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Nu-Nu初アルバム「Un-Un」発売記念Party(9/13、難波BEARS)
ヌーヌレコ発
LONGTAIL SPANGLE
タカ&ザビ(杵屋多可+ザビエル)
Foodie
Nu-Nu


タカ&ザビ
タカ&ザビ

Foodie1

Foodie2
Foodie

Nu-Nu1
Nu-Nu

Nu-Nu2
Nu-Nu「殺したいリストNo.1」!

Nu-Nu3
記念撮影

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/09/14 22:34】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |