モシモシの夏(8/29、神戸元町space eauuu)
space eauuu
スペース・オーは元町の駅に近い雑居ビルの3階にあるフリースペース、でも狭い階段を上って中に入ると、意外とゆったりしていて心地いいです。長方形のスペースの1辺がステージになるのだけど、PA設備はなく、おそらくヴォーカルの出力用と思われる小さなサッカーボール型のスピーカーが左右に1つずつ、あとはギターアンプ、ベースアンプからの生音になる模様。上手にフロアタムとスネア、ミニハイハット、サイドシンバルだけのシンプルなドラムセットがあって、ちんぷんかんぷん/他力本願寺のまさをさんが全アクトで大活躍することになります。
space eauuu2
このセットだったらアンプラグドに近い弱音セットになるかな、と思うし、実際事前にはそういうツイートも目にしていたはずなんですけど…。

いつもはまさをさんがギターでゆうこさんがピアニカというデュオ編成のちんぷんかんぷん、今回は早川洋平さんのベースと貝つぶさんのギターを加えてまさをさんがドラムをたたくバンド編成です。
まずはファーストアルバムの冒頭に収められていた「きみとぼく」をCDより少しテンポをおとしてゆうこさんが歌います。続いてとてもキュートな「ねこのうた」、まさをさんがドラムを叩きながら歌う「わすれる」、そしてふたたびゆうこさんが歌う「まぶしい」「かお」と、演奏されたのはすべてファーストアルバム「ちんぷんかんぷん」からの曲。基本的にビートを強調したバンドらしいアレンジで、貝つぶさんのギターソロの入る「まぶしい」なんかはちょっとブルージーな感じで、オリジナルとまた違った印象を受けました。というか、家に帰ってからファースト聞き直していて気付いたのですが、ゆうこさんが歌った曲、「ねこのうた」以外はもともとアルバムでまさをさんが歌っていた歌やないですか。最初の「きみとぼく」で気付いてしかるべきところなんだけど、ぜんぜん違和感がなかったんです。
最後はまさをさんが歌う「なれる」、2012年の最新作「ちんぷんかんぷんのまど」に収められた曲で、オリジナルはアコースティックギターとキーボードの最小限のバッキングに抑えた歌唱が胸に迫る曲です。この日は、静かに歌いだされた歌が、次第に熱を帯びるバンドの演奏とともに高まり、「ことばが頭上から降ってくる」クライマックス以降は力いっぱいフロアタムを叩きながらの絶唱となっていました。声を張り上げない普段のちんぷんかんぷんのスタイルからすると、大きな冒険だったのかもしれません。もともと抑えた歌唱のうちに潜んでいた「叫び」が、バンドの演奏で増幅され、殻を突き破って表出したようなカタルシスがあり、見ている僕も思わず叫びそうになっていました。

アコースティックギター+ヴォーカルとエレキギターの2人組、ヘルベチカは初見です。
まず1曲目、一聴して言葉のはっきり聞こえるフォーク調の歌ものと思いきや、リヴァーブのかかった幽玄なエレキギターの音色が全体のトーンを支配していて、途中でぬるっとテンポが落とされたり、そこはかとなくアシッドな空気感が漂います。
2曲目からはまさをさんがドラムで加わり、マレットでそっとアクセントをつけたり、シンプルにロックしたりとサポートします。この編成での演奏はちょっと後期のヴェルヴェット・アンダーグラウンドを思い起こさせます。
最後は再び二人での演奏、この曲のギターの切込みが圧倒的で素晴らしかったです。他のバンドばかり引き合いに出して申し訳ないのですが、ギターと歌の絡み方が、僕の大好きなクレイマーの名盤「The Guilt Trip」みたいだったな。

ひさしぶりに見る他力本願寺、サイケ奉行やプレイグラウンド、ヰタセクスアリス、ノイズわかめなど数多くのバンドでベースを担当する須原敬三さんがギターとヴォーカルを担当するリーダーバンドです。
おぼろげな光を放つ須原さんと長濱さんの2本のギターによる長いフリーフォームの絡み合いののち、ゆるっとコードカッティングとリードギターに分化し、須原さんの歌が生々しく乗っかり、さらに引き摺るような重いビートがよっこいしょと腰を上げます。時間の感覚を失わせるような浮遊感のあるグレイトフル・デッド直系のサイケ、でも須原さんの歌が音楽を現世につなぎとめているような印象があっておもしろいです。
2曲目は打って変ってハードにドライヴするブルーズロックで、もはや弱音なんて設定はどこかに行ってます。この路線はかなりこのバンドと相性がいいと思います。ぜひニプリッツあたりと対バンしていただきたいところ。
暗い曲ばかりという反省から作ったというバラードナンバーで最後を締めくくりますが、確かに曲調は暗くはないのだけど…明るくはないような…ほの明るい光が感じられる、という絶妙な感じ。
最初の曲が長かったので全3曲で30分のステージでした。たぶん3曲ともアルバム未収録の曲で、そろそろセカンドアルバムが出てもいいころじゃないでしょうか。
他力本願寺

この日のトリを務めるのは頭士奈生樹です。
ステージの真ん中にギターを抱えて腰かけた頭士さんがひとり、おもむろにきらめくようなフレーズを爪弾きだし、重ねていきます。少しづつ風景が移り変わりながらゆったりと時が流れる間に、密やかに呟くように歌が歌い出されます。「Ⅲ」に収められた「最後に」。
2曲目もまた静かにギターのフレーズが積み重ねられて始まるけれど、途中からゆったりとしたコードストロークに塗り替えられ、今度は歌の代わりに眩い歪んだ音色のギターのソロが咆哮し続けます。ここまで2曲で40分。圧巻でした。
最後に他力本願寺が加わり、バンド編成でファーストアルバム「PARADISE」に収められたフォークロックナンバー「童話」が演奏されます。頭士さん・須原さん・長濱さんの3本のギターの分厚い轟音とその間でひっそりと呼吸する頭士さんの歌に痺れました。

頭士さんと他力の共演がYouTubeにアップされてました。

ライヴハウスの爆音とは違うけれど、生々しい轟音と密やかな歌の両方が胸に迫る、いいあんばいのイベントでした。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/08/30 09:34】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オシリペンペンズpresents 超能力vol.1 BEATITUDE(8/24、難波BEARS)
超能力
オオルタイチ
オシリペンペンズ


オシリペンペンズ01

オシリペンペンズ02

オシリペンペンズ03

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/08/25 13:23】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
FEAR THE SETTING SUN JAPAN TOUR 2015(8/21、難波BEARS)
FEAR THE SETTING SUN JAPAN TOUR

休みで家でゴロゴロしていたらVampilliaのユニットがベアーズに出るというので、思い立って出かけてきたはいいが、かなりイカツそうな面子なので少しばかり緊張して場内に入ったら、とりあえず細胞彼女のTシャツ着たヲタばかりなのでかなりホッとした。

とりあえずスラッシュとかデスメタルとかブラックメタルとかストーナーとか呼ばれるような激しいバンドがいくつか出てきたのだけど、それぞれのサウンドがどう呼ばれるものなのか、てんで区別がついていないので、以下あまり説明もできない。ぜひ詳しい人に教えを請いたいところ。

HAZARDは3人組スラッシュメタル(たぶん)バンドで、ドラム募集中のため打ち込みでやってる。まだ10代なのかな、若い、若々しい。
hazard01.jpg

細胞彼女。ゲスト扱いなのかと思ったら、お客はほとんど彼女のオタだった模様。これはメタルじゃ…ないよね。でもヘヴィなリフの効いた狂騒的なサウンドで歌い踊るうてなさんのステージ、楽しすぎる。
Intro/マッカートニートーテムポール/UDON/最◎暴/ヒとゲのム/顔す!/CELL OUT

Vampillia blackestever black metal、真っ暗なステージに登場した白塗りのメンバーが静かに奏でだした曲が激しく高鳴りストロボライトが派手に明滅し…というところで電力食い過ぎてブレーカーが飛んでしまい、楽器の音が消え、ライトは消えのアクシデント。以下ライティング抜きでやけくそ気味のダイヴ三昧、ハチャメチャであった。
微力ながらVampilliaの人を持ち上げる手伝いを何度となくする羽目になってしまい、身体中が痛い。
これはブラックメタル?(多分違う)

オーストラリアからのFEAR THE SETTING SUNは初めて聞くタイプの音楽だった。ヘヴィなリフが鳴り響くダウンテンポのサウンドの上にデスヴォイスが喚きたてる。かと思えばドラマチックで構築性の高い曲があったり、かなりおもしろい

ラストのRIGORMORTISというスラッシュのバンドが強力すぎて、燃え尽きた。
たぶん長くやってるバンドなんだろうな、貫禄の一言。

細胞彼女さん
細胞彼女さんお誕生日おめでとう。
最近アイドル現場付きすぎてるのでデトックス半分だったのだけど、全然だめですね。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2015/08/22 13:38】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BOUQUE presents IDOL ROCKS! Vol.02(8/4、大阪MUSE)
Idolrocks.jpg

ラウド系・ロック系のサウンドを売り物にしたアイドルを集めたイベントに行ってきました。
BiSHやベルハー、PassCodeと荒っぽい現場が悪名高いグループが勢ぞろいということで、直前に主催者のツイートで流れて来た「ダイブ・モッシュ・リフトなどの危険行為は禁止です」との注意も、ダチョウ倶楽部的な前振りとしか思えません。
「お前ら、絶対押すなよ、押すなよ…」
開けてみれば案の定…。

田辺ユウキさんのピースフルなアイドルDJ、オープニングアクトの2MC&1DJの下ネタラップユニットUNDERHAIRZに続けて、まずは細胞彼女。ヘヴィな重低音の利いた激しくノイジーなダンスビートの上で明るく元気いっぱいに歌い踊るうてなさんというコントラストがおもしろい。サウンドは全然ちがうけれどいずこねこを思い出させるところがあり、好きな感じ。
DJ HIRO THE J-POP。ジャニーズクラシックやチャゲアスでジャージャー言って沸くのがなかなか楽しい。フロアが一番盛りあがったのがももクロの「走れ!」で、マタギ(あゆみくりかまきのファンの総称)やパスコのTシャツのヲタが「オーレ―のーかなこぉー」とか言ってるのも楽しかった。この辺まではとりあえず平和な感じ。

会場に聖飢魔Ⅱ「蝋人形の館」のトラックが流れ、「関西の森から下りてきたパンクな3頭の熊娘」ことあゆみくりかまきが登場する。クマ耳のフード・クマ手袋とニーソの組み合わせがなかなかキュートだ。
しかし彼女たちのこのあふれるメジャー感はなんだろう。いやもちろん実際メジャーデビューして深夜アニメのED曲歌ってたりするわけだけど、そういう話じゃなくて、楽曲やパフォーマンスの安定感に溢れたメジャーっぽさ。スカコアな「森のくまさん」に合わせてのサークルモッシュなんていう派手な盛り上がりもあるのだけど、マタギのみなさんの踏み外さないノリも実に健全でメジャーな印象。楽しい。
(セットリスト)ナキムシヒーロー/クマトナデシコ/ジェットクマスター/鮭鮭鮭/アイノウタ/森のくまさん/KILLA TUNE/自分革命

転換のタイミングで主催者側の「危険行為禁止」の再三のアナウンスが。しかしすでにフロアでは何やら意味不明なことを喚き続けるヲタの集団がいる。ハッカー(PassCodeのヲタの総称)やべえw。そしてPassCodeの最初の曲が始まるや否や、クラウドサーフの嵐。
くるくると曲調の変わる曲が切れ目なく次々と披露されるので、どこからどこまで1曲なのかよくわからないのだけど、2回目となると、多少は聞き覚えのある曲も出てきる。デスボぶちかますハードなリフとキャッチ―なサビメロ、なんちゃって東洋風のへんてこなインストパートなどがミックスされる1曲目「アスタリスク」とか、ハードな曲の間に挟み込まれる普通にポップな「KISSの花束」とかかなり印象に残っている。メンバーが一人増えて5人になっていたけれど、複雑な曲に乱れることなく黒い短いワンピースの裾をひらめかせて歌い踊る姿はみんな堂に入っていて、どれが新メンかわからなかった。つべで曲をチェックしてみたら、ベビメタ効果で海外の反応もあるようでまだまだ化けそう。
(セットリスト)アスタリスク/激動プログレッシブ/Club kids never Die/Toxic/Kissの花束/Nextage/ Seize the day!!

だから毎回毎回「危険行為はやめましょう」って言っても(笑)。
BiSHは初見だったが、「星の瞬く夜に」とか「スパーク」とか一聴してぐっとくる曲の良さはさすが。バックトラックの音色の生々しいロックぽさはあゆくまとは対照的だ。まだデビューしてそんなにたっていないのに堂々としたパフォーマンスぶりで、特に前髪ぱっつんのセントチヒロチッチさんの歌いっぷりにはかなり惹かれるものがある。いわゆる「ロック風」の煽りはほとんどなく台本っぽいMC交えながらクールに歌い踊るにもかかわらず、清掃員と呼ばれるヲタたちの盛り上がりっぷりはこの日PassCodeと双璧。まああそこまでバカ騒ぎせんでもいいような気はしますが。ヲタをステージにあげてTシャツ脱がせたりするのは好きじゃないなあ。
(セットリスト)MONSTERS/ぴらぴろ/BiSH-星が瞬く夜に-/TOUMIN SHOJO/サラバかな/スパーク

ひめキュンフルーツ缶は今日の面子の中では、名前からしたら一番普通のアイドルさんなのかと思ったら、メンバー全員「君らはBalzacかい」という揃いの骸骨のスーツ(ただし白地に黒、ミニ)で登場して、デジロック風味からメロコア風の曲を歌い踊って笑ってしまった。ヲタの着ている「HKFC」の黒いTシャツもハードコアぽくてカッコいい。

さていよいよわれらがBELLRING少女ハート…と思ったら新メンバーを除く4人だけがステージに登場して、これは、と思う間もなく、「rainy dance」の大音量のギターイントロが流れてトロボライトが激しく明滅し、アドレナリンがMAXに上がる。そして新メンバー合流して早々に「サーカス&恋愛相談」から噂の新曲「Asthma」へ。PAの真ん前にいたもんで音がデカすぎて曲がよくわからなかったんですが(汗)、メンバーがみんな生き生きと楽しそうに歌っていて、それだけで嬉しい気持ちになる。最後はみんなでウオーウオーするところだと思うのだけど、ヲタ側パワー不足でこれは残念なところ。
このまま最後まで行くか、と思いきや、ここで「無罪:Honeymoon」、ダウナー曲でがくっと落とす。打って変ってシリアスなメンバーたちの表情を堪能する。
後半「World World World」から定番「エッジ」で会場内はモッシュの嵐に。あーやんは柵で煽り、みずほは柵のぼりを阻まれ憤慨し、そしてなんと仮ちゃんがダイヴした。左足負傷のため主に椅子に座ってのパフォーマンスだった甘楽も、大きな動きが目を惹くアンナも、新メンバーの存在感は大きい。
ラストはミニアルバム随一のキラーチューン「GIGABITE」、フロア中で大繩ジャンプ!
いや楽しかった。
(セットリスト)rainy dance/サーカス&恋愛相談/asthma/無罪:Honeymoon/World World World/the Edge of Goodbye/GIGABITE

本場の東京ではどうか知らなきけれど、関西で見てる分には、実はベルハーのヲタのノリはそんなに酷いと思ったことはない。
まあモッシュは別として、今回禁止されていた「危険行為」にあたるのはリフトぐらいで、ダイヴとかクラウドサーフなんてほとんど見ない。この日もベルハーのときに後ろから流れてきた連中って男も女もパスコあたりからおんなじ奴ばっかりだったもん。
ただそのかわりにベルハーは演者がダイヴするんだけどね(笑)
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2015/08/05 22:15】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |