ボロフェスタ2014(10/26、京都KBSホール)
プラニメjizueミライスカートKING BROTHERS大森靖子&THEピンクトカレフBELLRING少女ハートodd eyes×contact GonzoLimited Express (has gone?)→ベルハー物販→川本真琴with ゴロニャンずクリトリック・リス

KBSホール内は正面に10mステージ、左側面に9mステージという二つのステージがしつらえてあり、この2つのステージで交互にアクトが演奏する流れになっている。
ホール内に入った時には9mステージと10mステージの間の角っこのセンターステージでプラニメのステージが始まったところだった。
このほかにホールの外のロビーにある舟の形をしたビーロウステージ、地下のアンダーグラウンドステージという小さいステージが2つ、アンダーグラウンドステージはいつも満員で結局いかなかったな。

この日のお目当てその1は大森靖子&THEピンクトカレフ。フロアにドラムセットを移動してボーカルが観客の上で「西宮!」と煽りまくった前のKING BROTHERSの演奏の余韻がさめないまま、サウンドチェックからなだれ込むようにバンドの演奏が始まり、フロア後方から観客をかき分けながらアコギ背負った大森さんが登場、ステージによじ登ってつんのめるようなビートで「背中のジッパー」を歌いだす。アルバムでは静かに歌われているこの曲が強力なロックナンバーに生まれ変わっていて、むちゃくちゃカッコいい。大森さんの弾き語りの演奏は有無を言わせぬパワーで歌の中にどんどん引きずり込んでいくような息詰まる緊張感があるのだけど、、ピントカのバンドバージョンだとそのパワーが大森さんの歌を含めたバンドの演奏によって全部外に向けて解き放たれるような爽快感がある。「Over The Party」の「進化する豚」コールとか快感以外の何物でもない。

この日のハイライト。
大森「「キンブラ見てそういうのやりたくなったでしょ。「ロックンロール!とか言いたくなったんじゃないの、「ロックンロール!」って言わせてやってもいいよ。」
高野「次の曲そんな曲でもないし」
大森「変えればいいのよセットリストなんて。」
高野ギターのストローク、じゃーん 
大森「「ミッドナイト清純異性交遊」!

大森靖子
ついにきゃりーぱみゅぱみゅの事務所からクレームが来たという「新宿」から大森さんのキーボードで始まる「歌謡曲」、最後はPAによじ登って観客を煽る煽る。バンドが引っ込み、アカペラの「呪いは水色」で心震わすエンディング。
1. 背中のジッパー
2. hayatochiri
3. Over The Party
4. ミッドナイト清純異性交遊
5. きゅるきゅる
6. 絶対少女
7. 新宿
8. 歌謡曲
9. 呪いは水色

もうひとつのお目当ては、なんといってもBELLRING少女ハート。TIFでのステージが細切れでしか見られなかったので本当に楽しみにしていた。月末に発売される新曲や前のEPの曲を織り交ぜながらファーストアルバムの代表曲をほぼ網羅するフェス仕様のベストヒットセット、「みんなのファンをいただきます、BELLRING少女ハートです」っていう最初の口上以外MCもメンバー紹介もなくノンストップで全力疾走する35分間で大満足。夏に見た時よりさらにパワーアップして、ステージングもうまくなったのではないだろうか。彼女たちのパフォーマンスに「上手くなった」という表現が的確かどうかわからないけれど。あいかわらずメンバーの顔も名前もほとんど一致しないのだが、一番上手側で何度も何度も柵に上がって煽っていた子がカッコ良かった。この日ほかにも何組かアイドル観たけれど、さっぱり響くものがなく、もうオレは今のアイドルはベルハー一本推しでイイと思った。
今日のパシャっ
「サーカス&恋愛相談」の時の恒例の1枚。後ろの方にオレと娘が写ってる。
1. c.a.n.d.y.
2. World World World
3. the Edge of Goodbye
4. Crimson Horizon
5. Pleasure~秘密の言葉~
6. サーカス&恋愛相談
7. Rainy Dance
8. WIDE MIND

あとはベルハーのあと、ホールの真ん中にセッティングして行われたodd eyes×contact Gonzoのライヴがおもしろかった。ハードコアっぽいodd eyesの演奏の間、コンタクトゴンゾの連中が段ボールを投げ合い、ぶつかり合う。せっかくフロアでやってるんだからもっと観客とパフォーマーの垣根が壊れたら面白かったのだけど、なかなかそこまではいかない。でも、次のLimited Express (has gone?)が登場し、ボーカルのYUKARI嬢がいきなりフロアに飛び込んで引っ掻き回し火を付けると、一気にフロアはカオス状態に。よく見るとコンタクトゴンゾの連中やピントカのメンバーもいたような。リミエキってこんな弾けたサウンドをぶちかましてくれるバンドやったんや!

odd eyes × contact Gonzo from contact Gonzo on Vimeo.



この辺でくたびれ果ててしまった。カレー食ってベルハーの物販に並んだあたりまではまだ元気あったんだけど、川本真琴with ゴロニャンずの演奏の時は途中で後方に退却してうずくまって落ちてしまっていた。ラブクライ三沢さんとテニスコーツ植野さんのツインギターとか夢のバッキングだったんだけどなあ。
なんとか復活して最後はクリープハイプ…ではなくロビーステージのクリトリックリス!これが大盛り上がりでたぶんメインステージ大トリのクリープハイプ含めてどのバンドよりもロングセットだったというw。ラストはなぜかOasisの大合唱。

歴史のあるDIYフェスなのに実はボロフェスタ、今回がはじめての参加だった。
雰囲気もいい、メンツも楽しいイベントでまた来たいと思った。カレーもうまかったし。
愛しの愛doll BiS
ロビーでお出迎えしてくれた愛しの愛DOLL BiSのおねえさま方。
リフトされてミライスカートのステージ見守ってました。


スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2014/10/27 22:41】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
女性アイドルソングベスト20(1980-1989)
「レコード・コレクターズ」11月号の80年代女性アイドル特集が出ました。
自分がリアルタイムでアイドルにハマっていた時代なので、ランキング見ながら同感したりなぜこの曲が入ってないんだと思ったり、たいへん楽しんでいます。
と、いうことで自分でも選んでみました。レココレの選者は30曲だけど、20曲。
条件はレココレと同じく80年代にシングルリリースされた女性アイドルのシングル曲のA面曲、オリコン40位以内というのは調べられなかったのでパスですが、そんなマニアックな曲はあげてないのでたぶん大丈夫かと。

1.TVの国からキラキラ(松本伊代)
2.迷宮のアンドローラ(小泉今日子)
3.スローモーション(中森明菜)
4.夏の雫(三田寛子)
5.夏色のナンシー(早見優)
6.夢見るSeason(伊藤つかさ)
7.時をかける少女(原田知世)
8.メインテーマ(薬師丸ひろ子)
9.蒼いフォトグラフ(松田聖子)
10.ガラスの林檎(松田聖子)
11.じゃあね(おニャン子クラブ)
12.冬のオペラグラス(新田恵利)
13.バレンタイン・キッス(国生さゆりwithおニャン子クラブ)
14.青いスタスィオン(河合その子)
15.Love Fair(岡田有希子)
16.素直になってダーリン(少女隊)
17.プラスティック(奥田圭子)
18.恋のKNOW-HOW(松本伊代)
19.TATTOO(中森明菜)
20.Fade Out(小泉今日子)

順位はあまり関係ありません。どちらかといえば流れ重視です。
ぜひプレイリストにしてみて下さい。

まずは一番好きだった82年組の曲を5曲集めてみました。
中で一番好きだったのは松本伊代でした。この曲や「伊代はまだ16だから」で有名なデビュー曲「センチメンタルジャーニー」といったメタなガジェット感覚にあふれた曲を、あの鼻にかかった独特なちょっとハスキーな声でさらっと歌いこなす、われ関せずといった感じの涼しげなたたずまいにシビレました。自意識のまったく感じられない自然体すぎるところが小泉今日子とその後の進路を大きく分けることになったのかと今になれば思います。

その小泉今日子、髪の毛が短くなったこのころの曲は「まっ赤な女の子」でも「渚のはいから人魚」でもどれも勢いがあって同じくらい大好きなんですが、あえてレココレでも選ばれなかったこの曲をあげたのは、マイナー調の曲で半音ぐらい下からずり上がるよく伸びる鼻にかかった高音の魅力が一番出てると思ったからです。

中森明菜は2曲目の「少女A」のツッパリ路線はあまり好きじゃないなあなんて言ってたのですが、以降曲を出すごとに、あっという間に歌手として他のアイドルたちとは別のステージに行ってしまったような気がしますテレビ番組で見るたびに「かっけーなー」と思ってました。

82年組はほかにもたくさんアイドルはいたんですが、京都出身ということもあって三田寛子が贔屓でした。特に陽水の曲に阿木燿子が詞を付けたデビュー曲「駆けてきた処女」とこの曲は、複雑な構成の曲を安定した歌唱力で溌剌と歌いこなしていて別格です。歌唱力もありルックスも良かったのに、村下孝蔵の「初恋」などというダサい曲で小ヒットをとばしたのちは、おっとりとした天然ボケ風味のキャラクターが重宝されてテレビタレントとしての活躍が中心になり、歌舞伎役者と結婚して梨園の妻となってしまいました。

伊藤つかさは81年ぼデビュー当初は中学生にセーラー服着せて「少女人形」なんて曲(それも南こうせつのダサい曲)歌わせるセンスがどうにも嫌だったんですが、原由子によるこのサードシングルは名曲だと思います。実はアルバム「さよならこんにちは」に収められた大村憲司アレンジのバージョンがすごくいいんです。このアルバムには「TVの国からキラキラ」と同じ糸井重里作詞による伊代ちゃんを超えるセリフが悶絶の「恋はルンルン」をはじめ名曲揃いです。

80年代アイドルを語るときに角川3人娘を外すわけにはいかないでしょう。
薬師丸ひろ子はそれこそ「野生の証明」でデビューした時からのファンでしたし、原田知世にしても角川映画のヒロインとしての活動を抜きにしては語れませんから、ほかのアイドルとはちょっと違った受容をしていたと思います。原田知世は初期のシングルでは唯一映画とは関係ない「ダンデライオン」をあげようかとも思ったのですが、ここはやはりあの映画のエンドロールと込みでこの曲にしました。レココレベストの1位はちょっと意外でしたが、文句はありません。
薬師丸ひろ子はどの曲もクオリティが高くイイ曲ばかりで甲乙つけがたいです。
私は映画女優としては、忘れられがちな渡辺典子が贔屓だったのですが、またその話は別の機会に。

松田聖子は歌が上手くてサウンドも完璧、中森明菜に先んじて、いつもひとつ抜けたところにいました。そこが自分にとっての偏愛の対象にならなかった所以だと思います。まあルックスがあまり好きじゃなかったというのはあるんですが。とはいえ、名曲の多さは否めないので、そんな中で特に好きな2曲をあげました。細野さんの「ガラスの林檎」の透き通ったサウンドメイキング、イントロのシンセのフレーズに続くギターの音が鳴るたびにゾクゾクします。

80年代中期はおニャン子クラブの時代でした。おニャン子のアイドル史における意味合いとか大層なことを言い出すとキリがないので、ここでは割愛しますが、モー娘。からAKBに至る大人数グループアイドルの原点がここにあったのは確かです。あと、毎日テレビの夕方の公開生放送で歌っているという「ライブ性」も今につながるところだと思います。
ちょうどおニャン子が一番人気のあった頃、私は大学5年目で授業もほとんどなかったので駅前の貸しレコード屋で毎日アルバイトしており、おかげでおニャン子の曲はシングルもアルバムもひととおり聞いています。私は実はおニャン子本体のシングルは「ちょっとエッチな歌を「女子高生」が明るく歌う」というコンセプトが好きになれなかったのですが、アルバムはメンバーの声質の生きた佳曲・名曲が多く、大好きでした。セカンドアルバム「夢カタログ」のラストの「夢の花束」はメンバー全員が入れ替わりで歌うドラマチックなフィナーレなのですが、シンセの美しくも安いストリングスのイントロに導かれて始まる歌いだしのユニゾンの、ガサガサとして不揃いな感じ、これがこの期に及んで今のライブアイドルにひかれてしまうに至る私自身の原点です。(おニャン子の方法論を受け継いで成功したAKBに私があまり惹かれないのは、音源やライブの歌唱があまりに小奇麗すぎるところなのです)

サンミュージックのアイドルは、早見優にしても松田聖子にしてもまたその後の酒井法子にしても、まっすぐに元気よく明るいという昔ながらのアイドル像があまり興味を持てなかったのですが、そんな中で岡田有希子に関してはその高い歌唱力と裏腹な影の薄さ、線の細さがデビュー当初から気になっていました。「Love Fair」はなぜかレココレのベストでは誰も上げていないのですが、かしぶち哲郎による甘い憂いに満ちた曲も、切なく美しい澄んだハイトーンボイスに始まる彼女の歌唱も不思議な色気があり文句のつけようなく素晴らしいです。ただ私は、歌番組で歌う彼女の仮面のような微笑みと、とってつけたような振り付けのアンバランスさになにより心をかき乱されました。この後の「くちびるネットワーク」が彼女の最大のヒットとなったのですが、なるほど歌唱に文句のつけようはありませんでしたが、松田聖子のおさがりのような曲でアイドル然として振舞う彼女の姿にはどうも違和感が拭えませんでした。松田聖子のようにペルソナを自分自身として演じきれるほどタフでなかったのが、彼女の不幸だったのかもしれません。でもそこが彼女の魅力でもあったのですけれど。坂本龍一による名曲「Wonder Trip Lover」の入った彼女の最後のアルバム「ヴィーナス誕生」は生涯のフェイバリットの1枚です。

おニャン子登場以降のアイドルについても歌番組で目にしていましたし、菊池桃子も斉藤由貴も南野陽子も風間三姉妹も主演映画やテレビドラマでは見ていましたが、結局私にとっての80年代アイドルはおニャン子で終わってしまっていたようです。ひとつは自分自身が87年に大学を卒業してモラトリアムに一応の区切りを付けたという個人的事情もありますが、おニャン子の差異果てに行きついた先に、旧来のような形でのアイドルはもう存在しえないという気分になっていたのだと思います。86年の岡田有希子の死は私自身のアイドルに向けるまなざしに変容を迫っていたのだと思います。

そういうわけで最後はやっぱり82年組です。彼女たちの80年代の到達点を3曲並べてみました。松本伊代はポップなサウンドの佳曲を残しながら、80年代後半にはあまり歌わなくなっていました。中森明菜は歌姫として独自の位置をゆるぎないものにしているように見えました―少なくとも88年に7月に自殺未遂事件を起こして活動休止するまでは。小泉今日子は時代のアイコンとして「アイドル」を軽々と乗り越えてしまいました。
ぜひリンク先のパフォーマンスもご覧下さい。特に活動休止直前の絶頂期の中森明菜は鼻血が出そうなくらいカッコいいです。

このリストにYOUTUBEのリンクを張ろうといろいろ探していて思ったのは、80年代のアイドルを支えていたのは、ひとつはテレビの歌番組の存在だったんだということです。当時は「ザ・ベストテン」や「トップ・テン」といったゴールデンタイムのベストテン番組を筆頭にNHKの公開番組「レッツゴーヤング」や夜10時台のフジテレビの「夜のヒットスタジオ」といった歌番組がたくさんありました。たとえばキョンキョン目当てにチャンネルを合わせると、松田聖子を見てあーいい曲だなあと思ったり、明菜さんのパフォーマンスにかっこええなあと感心したりする機会が週に何回もあるわけです。アイドルヲタなら、今でも対バンで何組もアイドルの出るイベントで自分の贔屓のグループ以外に出会うこともあるかもしれませんが、コアなヲタ以外にもそういう機会がいっぱいあったというのは、幸せなことだったと思います。
いまはアイドル産業の収支の在り方も変わってしまって、それはアイドルたちにとってもテレビ局にとってもあまり意味のないことなのかもしれませんが、毎週たくさんのアイドルが出る歌謡番組がいくつかあれば面白いのに、と夢想します。
ハロプロとAKBグループが毎回1つずつ出て、なんだったらジャニーズにひと枠割いてもいいです、あとはももクロとかでんぱ組とかアイドリング!とか東京女子流とかそれなりにメジャーなアイドルやマイナーなアイドルが週替わりで登場して、1組くらいはベルハーとか仮面女子とか私が聞いたこともないような地下アイドルや地方アイドルが突然出て来てびっくりさせるような、そういう番組毎週やってくれないもんですかね。フジテレビとか。


文中に出てきたものも含めて当時好きでよく聞いていた女性アイドルのアルバムを以下に並べておきます。

さよならこんにちは(伊藤つかさ)
バースデイ・アルバム(原田知世)
夢カタログ(おニャン子クラブ)
Canary(松田聖子)
不思議(中森明菜)
センチメンタル・ダンス・クラブ(松本伊代)
躁鬱 SO・UTSU(早瀬優香子)
ヴィーナス誕生(岡田有希子)

だいたい再発されていたはずだと思ってたら、品切れだらけですねえ…。
早瀬優香子がマーケットプレースでも出てこないのはちょとショッキングでした。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2014/10/24 15:21】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Controversial Spark(10/24、難波BEARS)
ベアーズに鈴木慶一さんの新バンドが!共演の山本精一さんもおっしゃってたけど、これは早川義夫さんが出て以来の記念すべき夜だ、ということで迷わず休みを取って出かけてきました。
会場のお客さんは年齢層が高い高いw いや人のことは言えないのですけど。みんな前に詰めかけるので、ホスト役の山本さんが呼びかけて前から着席させる。
まずは山本精一with須原敬三・Naniのステージから。
精一さんはいつもの黒のボロストラトで、エフェクター控えめにボリューム大きめのナチュラルに歪んだ音、須原さんのベースとNaniさんドラムというリズム隊のビートのキレはソリッドで、Playgroundとは一味違ってかなりストレートにロック色の強い演奏。
この日の演奏では、特に終盤に演奏された「12色のバラッド」の間奏での三者の演奏の絡みが圧巻だった。
中盤で「カバーやります」って演奏されたのが、なんと「B1のシャケ」。この曲ライブで聴くのは珍しいなあ。どうやら慶一さんのりクエストだったらしい。
[→セットリスト]

そして本日の主役、Controversial Sparkが登場。
ステージ上は下手から近藤研二、鈴木慶一、Konoreの3人のギタリストが並び、ドラムスの矢部浩次の横にkonoreと重なるようにベースの岩崎なおみ。
苗場で見た時は矢部さん欠場だったので、フルメンバーのステージは今回が初めてになる。

ぱっと目を引くのは、黒い七分袖ミニ丈のボディコンシャスなドレスにアップにした髪をかわいい黒い帽子につつんだ最年少メンバーのkonoreさん。Charaからハスキーさを取ったような甘い舌ったらずな声で、ほとんどの曲でボーカルを取る。ベースの岩崎さんの声が対照的にふんわりとしていて、このふたりの女子の声と慶一さんのあの歌声の交錯がこのバンドの一つの魅力。もうひとつは何といっても3人のギタリストによる分厚いギターサウンド。ここでも赤いムスタングのkonoreさんが大活躍。
1曲目はデビューEPのオープニング曲「in May」だったのだけど、王道ギターリフから間奏ではギターのソロ回しがあり、CDで聞くよりずっと激しく、ロックぽい。

この日のスペシャルはkonoreさん・近藤さんのソロコーナーに続いての慶一さん(+岩崎さん矢部さん)のコーナー、山本精一を加えての「塀の上で」。山本さんはギターで控えめに装飾を付け、丁寧に2番を歌う。山本さんああ見えてさすがにすごく緊張してはるのじゃないかろ思う。
山本さんはもう一度、アンコールの「くりかえす」に登場、こちらは容赦なくがりがりとノイジーなギターを弾きまくり、他の3台のギターと絡み、ぶつかりあう。バンドのメンバーだけだとかっちりと出来上がった印象が強いのだけど、メンバーみんな手練れだから、ゲストが入ってジャムめいた展開になると恐ろしいほどの迫力がある。実はフジで見た時もゲストを交えたラストのフリーキーな曲が一番カッコよかったっけ。
[→Controversial Spark セットリスト]

若々しい勢いのあるステージなので、年寄りだけじゃなくてぜひとももっと若い人たちにも観てほしいところ。
ファーストフルアルバム買って帰りました。
続きを読む

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2014/10/24 11:36】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「こうでもしなけりゃ見れんだろ」(10/11、難波BEARS)
馬車馬
swaraga
Nasca Car
Lovebeach

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2014/10/12 22:05】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
山本精一presents <イマユラ・サイケデリア>(9/30、難波BEARS)
ベアーズに山本精一のソロライヴを見に行きました。今回はアコースティック/エレキのギターソロをたっぷりという趣向らしい。例によって20時開演という遅い時間設定なので、時間ぎりぎりを見計らってベアーズに向かいました。最近のベアーズの山本さんのライヴにはいつも出店している「移動喫茶キンメ」のジャスミンティを啜りながら開演を待ちます。
ステージ上には4台のアンプの前に普通のアコースティックギターとフルアコっていうのかな、コードの付いたやつ、そして黒いストラトタイプのエレキという3本のギターが並んでいます。
ジャスミンティ

開演時間を約20分ほど廻った定刻に山本さんがステージに登場、まずは虫の声のSEの流れる中、アコースティックギターを爪弾いていく。SEが水の音に代わって音の表情もすこしずつ移り変わっていく。存在しない映像のサウンドトラックのようだ。もしかしたらギターの音色自体が映像なのかもしれない、輪郭のはっきりしないぼんやりとした風景が形作られていくようだ。続いて山本さんがギターをフルアコに持ち替えて、あー「Limelight」のフレーズが変奏されていくーとか思っているうちに不覚にも意識が遠のき、夢の中へ落ちてしまっていた。このセットだいたい30~40分くらいで終了し、10分休憩。

後半、古いアコースティックブルースのSEを包み込むように、山本さんのエレキギターの茫漠とした轟音が鳴り響いた瞬間に持っていかれてしまった。こういう奏法はなんと呼ぶのだろう、激しく手元は動いているのだけど、深い深いイフェクトのかけられた音の海の底でピッキングの瞬間すら判然とせずに、しばらくすると輪郭がぼんやりしたまま表面にかすかに浮かび上がってきたり来なかったりする豊かな音の風景。このいわば「音響的な」パートと、ディレイを使ってループさせたフレーズに新たなフレーズを重ねていくより「音楽的な」パートがエンドレスで切り替わっていく。
山本さんのロックギターが大好きな自分にとっては、中盤から終盤にかけてのロックっぽいギターをフィーチャーしたパートがうれしいところだった。無調のひとつづきの単音の連なりのループにまるで「Red」の頃のキングクリムゾンのようなへヴィメタリックなギターソロがかぶさってめちゃくちゃカッコいい。さらにカッティングのリフのループにハードロッキンなギターがかぶさる展開になだれ込み、これがクライマックスに至ってノイジーに炸裂する。フィードバックの嵐が延々と続く中ここでもまたしても細かく動く指先からの輪郭が定かでない微細な音の粒が、ぼんやりと浮かび上がったり浮かびあがらなかったりする。
最後は軽音楽風のSEが流れだして轟音が止み、山本さんが金属音のような音で曲に軽くあわせたと思ったらカット・オフ。居眠りする暇もない45分間のナチュラルサウンドトリップだった。

アンコールで再登場した山本さんは演奏の出来に満足されていたのか、珍しくよくしゃべってられた印象。
たしかに、純度が下がることを恐れずに、音響的なアプローチからロック的なアプローチまで節操なく自由に行き来できる面白さは山本さんならではだろう。
今回の演奏で連想したのは2010年のフジのクリス・カニンガムの映像とノイジーなサウンドによるステージだった。今回の山本さんのステージは、あのweirdな悪夢のようなトリップ感覚に近いものを映像抜きのギター1本で味あわせてくれた。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2014/10/01 21:31】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |