ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987
1987年に阿蘇山のふもとで豪雨の中行われた伝説のオールナイトフェスの記録映画、なのだけど、こんなイベントがあって、こんな事になっていたってことすら全然知らなかった。

1987年といえば大学を卒業して就職した年で、もはや尾崎豊に感情移入するような年齢ではない。じゃがたらがJAGATARAとして復活した年で、毎日CDウォークマンで「裸の王様」を聞きながら通勤していた。まあそれもどうかと思うが。
佐野元春は結構好きな曲もあったけど、アルバムをちゃんと聞くほどのファンではなかった。今でこそカラオケで歌ったりもするけど、当時はブルーハーツもテレビでしか見たことはない。あとは尾崎豊はおろか、ボウイも渡辺美里もハウンドドッグも、この映画に出てくるような大メジャーアーティストには、当時ほとんど興味がなかった。

そんな自分が一番感動したのが白井貴子&Clazy Boysのステージだったというのは、音楽というより映画の奇跡だろう。音楽的完成度で言えば、あの大雨の中一糸乱れぬプロフェッショナルなパフォーマンスを繰り広げたBOOWYや、トリの佐野元春& The Heartlandなんかの方がずっと優れているのかもしれない。
でも、開演直前の舞台袖の白井の、心底おびえたような、雨ざらしのステージに出たくないオーラ100%の表情から、とりあえずステージに出たはいいけれど機材トラブルで1曲目でギターの音が出なくなり、それでもバケツの水をひっかぶって、シャツを脱ぎ捨て上半身水着姿になって歌いまくるという一連のステージドキュメントには本当に心動かされた。
この日の上映は「ライブ上映」と銘打って、立ち上がったり歌ったり自由に楽しもうというイベント上映だったのだけど、白井さんの時はほんとに「頑張れ」って声かけたもん。それは実際にこのライブの会場で雨の中震えてステージを見ていた観客の目線じゃなくて、リハーサルやバックステージからの彼女の表情を見ていた映画観客の視線なわけで。

BOOWYのステージの完成度は凄かった。彼らだけバックステージ映像が一切使われていないのも、おそらく彼ら自身の意向なんだろうと思わせる、プロフェッショナルなステージ。別に好きなバンドではなかったけど、別格的なオーラを感じさせる。
岡村靖幸は実は初めて観た。プリンスみたいなリアルなエロいファンクは当時日本では珍しかったんだろうな。
ストリートスライダースは結構好きだったのだけど、ダルでブルージーなイメージの強い彼らが「Tokyo Junk」「Boys jump The Midnight」とアップテンポなナンバーで煽りまくるのは天候を意識してのセットだったのだろうか。
他にも、トップバッターのブルーハーツの連中が、次に出てきたRed Warriorsのマイクアクションキメキメのグラマラスなステージを袖から楽しそうに眺めてる様子とか、貴重なオフショットも楽しめる。

雨はトリの佐野元春&ハートランドが登場するころにはあがり、感動的なフィナーレを迎える。若き佐野さんのステージは本当に素晴らしい。「あの光の向こうに突きぬけたい」とはじまる「ストレンジデイズ」とか、「サムデイ」とかこのステージにはちょっとハマり過ぎってくらいの選曲だ。現地の人々もさぞかし盛り上がったことだろう。個人的には「99ブルース」の歌のグルーヴ感が半端なくカッコよかった。

しかしあれだね、サンダルやスニーカー履きの観客がビニール袋かぶって合羽がわりにしているのを見て、10年後の天神山の第1回フジロックを思い出さなかった人はいなかったろう。「不法駐車のためバスが遅れています」なんてアナウンスに、この時の経験が業界内で何も受け継がれなかったのかと愕然としたね。スマッシュの日高社長って熊本の出身じゃなかったっけ?
プロモーターらしきおっちゃんが司会でたびたび登場して、「コンサートは中止しません、みんな辛抱して頑張ってください」なんて力のないMCをたびたびかますのがどす黒い苦笑いを醸し出すのだけど、最後に登場した30年後の能天気ぶりはすばらしかった。最後の最後に出てきてそれかよ、直前の佐野元春のステージの出来過ぎな感動を見事にぶち壊してくれる、いいオチだったと思う。いやあ死人が出なくて良かったねえ。

まあそこで止めときゃよかったんだけどね。ラスト10分は本当に蛇足。ライヴ映像のダイジェストに合わせて出演者でもない現在のアーティストの曲が流れ、さらにえんえんと「ロックの神様は非情だ」みたいな下らないポエムがナレーションでかぶさる。最後に「ベイビー、大丈夫かっ」って、大丈夫じゃねえよ!
で、ようやく終わった!と思ったら、さっきのエンディング曲のPVが再度流れる。調べたらこの二人組、コンサートの主催のマザーの現在の所属アーティストなんだよな。権利関係難しそうなこの映画のオトナの事情山盛りがうかがい知れる。空々しいロックポエムがますます寒々しく思い起こされるのでした。

1月19日(日)塚口サンサン劇場(THEATER4)「ライブ上映」

ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD1987
(2013年、139分)
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

【2014/01/28 01:25】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ノイズ新年会2014(1/12、難波BEARS)
他力本願寺
下山
初音階段
山本精一


@takutee
他力本願寺、ラジオのようにヤバかった…。ほんま凄いもん聞いた…。
posted at 19:42:19

@takutee
ノイズの客はおとなしいなあ、ミクにマイク向けられて逃げたらいかんやろ。いずこねことのツーマンの時は理想的なノリやった。
posted at 21:42:07

@takutee
ベアーズより帰還、フロ入って一息。「ノイズ新年会」満員で4時間立ちっぱなしはかなり厳しかったけど、ライブ自体はどれもおもしろかったー。今年もベアーズ中心の1年になりそう。
posted at 00:05:08

@takutee
娘も下山でもまれながら、初音階段のときはいつの間にか最前列に陣取って「タンゴ」でマイクむけられたり、楽しんでいたみたい。
posted at 00:07:50
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2014/01/13 20:53】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NASCA CAR「最新録音盤」発売記念ライヴ(1/11、難波BEARS)
Foodie
若い男女のデュオ、打ち込みのリズムトラックに合わせて、女子がベースを弾きながら歌い、男子がギターを弾きまくりコーラスを付ける。中盤レゲエっぽいトラックではギターを女性にスイッチして、男性はサンプラー?のパッドを叩く。少年ナイフにも通じるようなポップで人懐こいメロディに、コーラスやギターのフレーズの絶妙さはタダモノではない感じ。ビールが入ったとこだったせいもあるかもしれないけど、かなりじんときた。こんどof Montrealの来日公演の前座を務めるとのこと。あとで調べたらボーカル・ベースの女子はmummy the peep showの人やった。キャリア長いじゃん、失礼しました。CD-R購入。

Lovebeach
元オフマスク00の秋井さんによるサンプリングとボーカルを中心に、ドラムがメタリックなビートを叩き、   ノイジーな高速ダンスビートユニット。もともとオフマスク00あんまり好きじゃなかったこともあって、スキーター・デイヴィスの「The End Of The World」からSun Raの同題曲のチャントにつなぐオープニングあたりではニヤニヤしながら見ていたのだけど、秋井さんのボーカルがシャウトし、サックス(竹谷さんじゃないかなあ)がフリーキーに咆哮し始めると、俄然熱くなってくる。「ナンバナーイン」とおなじみの「Revolution No.9」と「不思議なメルモ」のEDのサンプリングがザッピングされて始まったのがビートルズの「Tomorrow Never Knows」のバッキバキな高速カバー。ラストは、あ、このイントロは「Sunday Morning」のオルゴールみたいなあの…と思いきや、「Waiting For A Man」。RIP、ルー。

高品格
高品格といえば九蓮宝燈のあがり牌を握って死んだ麻雀放浪記の出目徳ですが、テクノポップのバンドです。ヴォイスはヴォコーダー通してるし、まぎれもなくテクノです。ただし完全に人力。なんせビートは打ち込みではなく全部早川「コブ」さんが手でパッドを叩いて弾いてるんだから。
モモさんのキーボードもなんか懐かしい感じの音出してるし。ギターは弾きまくりだし、いわば渡辺香津美みたいな役どころか。

ナスカ・カー
本日の主役登場。今回はレコーディングに参加した東京メンバーも含めた編成だと勝手に思い込んでいたのだけど、中屋+ベース・ツインドラムの女子リズム隊によるいつもの関西メンバーによる演奏だった。とはいえこのメンツのコンビネーションは最強。たとえば序盤だと同じリフを延々繰り返す「斬る!斬る!!斬る!!!」で終盤2台のドラムがなだれ込んできて電子ノイズの嵐になるあたりとか、すさまじい迫力。
そして今のナスカカーの魅力のかなりの部分を占めるのは中屋さんのロックンロールな歌唱で、これをツインドラムのリズム隊がブーストし、暴走しまくる。「コミック雑誌なんかいらない」と歌った裕也さんよろしく中屋さんが「俺には地デジのテレビなんかいらない!」とシャウトする「NOTV」のトライバルなビートにはさすが元グラインドオーケストラ。
幻のサードアルバムでさんが歌っていた「やめちまえ」は中屋さんが歌ってこその味があるのは、ふだんご自身ブラックな職場で生き延びてこられたからでしょうか。
ウルトラビデに捧ぐ「インプロビゼーションアナーキー」と「嫌われ者のパンク」、そして「まとめてアバヨを言わせてもらうぜ」と最後は中屋さんの歌唱が炸裂して終わり。
すかさず流されたSEで、白竜がレゲエのビートに乗せて「誰のためでもない国のためでもない自分のために走るのさ」と歌いだし、泣かせました。
アンコールはすっかり今のナスカカーのサウンドにバージョンアップされたセカンドの「スイサイダルバーガー」!中屋さんと吉川さんとヤスシさんが3人でステージでがなりあっていた姿を思い出します。あれから15年、いまだに衰えるどころか当時と同じ、いや当時以上のテンションの高いライブ活動をされているナスカカーまじリスペクトですよ。
しかしMCで中屋さんがおっしゃってた今回のアルバムが大阪で17枚しか売れていないって、ほんまやろか。俺ナスカカーはファーストが出る前からライヴが一番好きなバンドとしておっかけてたのだけど、正直アルバムは中屋さんがすごく凝って作りこんでいるのはわかったけど、ライブほどいいと思ったことがなかった。でも今回のアルバムは違う。ライブのナスカカーと同じくらいかっこええし、おもろい。前作までと何が違うって、やっぱり中屋さんがご自身で歌いまくっているというのに尽きる。(未完)
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2014/01/12 20:49】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フェイバリット・ディスク 2013
あけましておめでとうございます。
すっかりブログの更新が滞っておりますが、1年の締めくくりくらいは、ということで、2013年に聞いた音楽の中で気に入ったものを選んでみました。

m t v 絶対少女

まともがわからない(初回限定盤) 惡の華 暦の上ではディセンバー izukoneko.jpg
ギフト/いつもふたりで

大航海40年史

連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION

年の初めに出た豊田さんと年末に出た大森さん、この2枚だけでほんとうはいいと思います。
どちらもポップをめざし、実際おそろしくポップであるにもかかわらず、その人独自の特殊な音楽になっているのが素晴らしいです。

でも、2枚だけじゃさみしいので、今年よく聞いたシングルやEPを選んでみました。
だから今年もフェイバリット・アルバムじゃなくてフェイバリット・ディスクです。
でも、ディスクですらないものも含まれてしまいました。
振り返ってみれば配信に手を出すきっかけがこの曲だったような気がします。この曲は最初配信でしか手に入らなかったしね。でも今年以降は配信で買った曲をこうやってベストにあげることはしないと思います。
あと、テレビやアニメの主題歌多いですね。今年はそういう年だったんです。
大友良英さんが「あまちゃん」で歌われる歌に関して、技術的にのっぺりと「上手く」直すことはできるが、その歌い手個人が見えるざらっとした感触の方がおもしろいし、そういう作り方をしたというようなことをおっしゃっていました(うろ覚えの引用なのでかなり不正確です)。それはテレビドラマやアニメの物語のことだけじゃなくて、たとえばここにいずこねこが入っているのにも、ライブで覗いたその歌の歌われる場への親しみがあってのことなのかもしれないなと思います。
平賀さんという歌手のことは実はこの曲以外全く知らないのですが、まずはその歌声が僕の中に強く響き、何回も何回も聞きました。今後どんな歌手なのか、聴いていくのがすごく楽しみです。

あがたさんのベスト盤はちょっと衝撃的でした。いままで活動初期の曲しか知らなかったのですが、今も現役でポップに向かい合った素晴らしい作品を作り続けている。まだまだ聴かれるべき、聴いたことのないいい歌がいっぱいあるというのはすごくうれしいことです。
あとはサントラを2枚。あまちゃんは何も言うことはないでしょう。
(もしくは言うこと多すぎで、書ききれません)
まどマギは本当は2011年だよなあ。ようやくのCD化を祝って、ということで。

豊田道倫「m t v」
大森靖子「絶対少女」

坂本慎太郎「まともがわからない」
宇宙人「惡の華」
アメ横女学園芸能コース「暦の上ではディセンバー」
いずこねこ「last summer EP」
平賀さち枝「ギフト/いつもふたりで」

あがた森魚「大航海40年史」

大友良英「連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック」
「魔法少女まどか☆マギカ MUSIC COLLECTION」

なんかまるでアルバムでいいものがなかったように思われるかもしれませんが、ほんとうはその逆で、いっぱいいいアルバムがあって選べなかったのと、その中で特に上記2枚が突出してインパクトがあったということです。
そんなよく聞いたアルバムの中から次点を7枚選んでみました。
非常階段featuring初音ミク「初音階段」
山本精一「カバー・アルバム第一集」
やくしまるえつこ「RADIO ONSEN EUTOPIA」
James Blake「Overgrown」
きゃりーぱみゅぱみゅ「なんだこれくしょん」
Soggy Cheerios「1959」
NASCA CAR「最新録音盤」
ちんぷんかんぷん「ちんぷんかんぷんのまど」

ああ、あれも入れなきゃこれも入れたい、という気がまた出てくるので、とりあえずこの辺で。
続きを読む

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2014/01/03 21:00】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |