PAUL McCARTNEY OUT THERE JAPAN TOUR (11/12、京セラドーム大阪)
out there 1 out there 2
ドームのコンサートなんかめったに行かないから、人の多さにまず圧倒されたり。
高いチケット代払った割にはそんなにすごく期待して行ったわけではなかったんだ。もう見る機会ないかもしれないし見とくか、くらいの。まったく失礼な話だ。

out there 3
なんせスゴイよ、コムサで流れているビートルズのヒット曲ほとんど全部やってるし。そして、それだけじゃない、たとえば「サージェント・ペパー」からわざわざ「ミスター・カイト」選ぶっていったいどういう選曲なんだろう。
「オール・トゥゲザー・ナウ」とかほんとしょーもない歌だ。でもポールの凄さはそういうほんとにとるに足らないことを歌った曲にこそあるというのは、「オブラディオブラダ」の大合唱でよくわかった。
ビートルズナンバーとニューアルバムの曲のおかげで、ほかのソロ曲やウィングスの曲でもっと聞きたい曲もあったのだけど、「バンド・オン・ザ・ラン」とか「恋することのもどかしさ」のような代表曲は聴けたし、「死ぬのは奴らだ」ではそれなりに派手にドカンとやってくれたし、文句はない。

2回のアンコールまで3時間弱全37曲休みなし。水飲みさえしない。あとで目にした「ビッグ・イシュー」のインタヴューで「イギリスじゃ誰もステージで水なんか飲まなかったよ、僕は保守的な性質なんだ」なんて涼しい顔で答えていてめちゃクール。たぶんこの人はこうやって毎晩ステージを人を楽しませるのが心から好きでやってるんだろうな。

2回目のアンコール、まずアコースティックギター1本持って登場し、たぶんドーム中の大部分が待ち望んでいたであろう「イエスタデイ」を歌う。ここから最後は噂の「アビーロード」メドレーで美しくフィニッシュ決めるのかなと思ったら、その前に演奏したのはなんと「ヘルタースケルター」!このタイミングで!苦しいながらもオリジナルキーでシャウトしまくり。
心底シビれた。このジジイほんとにすげえや!
out there 4


1. Eight Days A Week
2. Save Us
3. All My Loving
4. Listen What The Man Said
5. Let Me Roll It/Foxy Lady
6. Paperback Writer
7. My Valentine
8. 1985
9. Long & Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen Your Face
12. We Can Work It Out
13. Another Day
14. And I Love Her
15. Blackbird
16. Here Today
17. New
18. Queenie Eye
19. Lady Madonna
20. All Together Now
21. Lovely Rita
22. Everybody Out There
23. Elenor Rigby
24. Being For Benefit For Mr.Kite
25. Something
26. Ob-la-di, Ob-la-da
27. Band On The Run
28. Back In The U.S.S.R.
29. Let It Be
30. Live And Let Die
31. Hey Jude
E1. Day Tripper
E2. Hi Hi Hi
E3. Get Back
EE1. Yesterday
EE2. Helter Skelter
EE3. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/11/13 01:36】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初音階段2nd full album「からっぽの世界」発売記念(11/10、難波BEARS)
ベアーズで初音階段のアルバム「からっぽの世界」のレコ発、いずこねこというアイドルとのツーマン、これは面白そうだということで出かけてきました。今年は非常階段のおっかけみたいになってるな。

混雑するだろうと思っていたので早めに行きたかったのだけど、仕事片づけてベアーズに駆けつけたら、いつものように開演時間を少し回ったぐらいだった。中に入ると場内は白い猫耳付けたいずこねこTシャツ姿の若者たちがぎっしり。たまたま様子を覗いたJOJOさんがニコニコしながら「これはアウェーかも」とかおっしゃってる(自分たちのレコ発なのに!)。これはエラいとこ来てしまった。定位置に須原さんの姿をお見かけしてちょっとホッと安心したり(ひとまず復活おめでとうございます)。

まずはいずこねこのステージ。
いずこねこ・茉里さんは裾に猫の絵の描かれた真っ白なアイドルらしいひらひらのドレス姿、「ダンス」っていうより、「振付」っていう感じの振りで始終激しく腕や体を動かしながら歌う。曲は洗練されたシティポップという印象、変わった拍子の曲や途中でテンポが急に変わったりする曲があっってなかなか凝ってる。
何といってもファンたち(「飼い主」と呼ぶらしい)のバックアップがすごい。声を合わせて掛け声をかけ、合いの手を入れる。何よりもアイドルのパフォーマンスをいかに盛り上げ、輝かせるかを常に考えているように感じた。場内を埋め尽くした猫耳も飼い主さんたちによる自主的なサプライズ企画だったようで、大喜びの茉里さんに「ステージから見たら不気味よ」なんて突っ込まれたりしている。面白いのはMCのときはみんな一斉にしゃがんで「おとなしく傾聴する」姿勢をとるのね。献身的ともいえる尽くしっぷりにどっちが飼い主かわからへんやんと思ったけど、よく考えたら猫と飼い主の関係ってそういうものかw。
ラストの曲、客席に降りて歌う茉里さんを飼い主さんたちがしゃがんで取り囲む。ピンクのサイリウムが一斉に点灯され、茉里さんを照らし出す。曲が終わると一斉にクラッカーが鳴らされ、「Happy Birthday!」の合唱とともに茉莉さんに猫型のケーキが贈呈されるという飼い主のみなさんからのサプライズ演出。
ライヴアイドルの現場に居合わすのってほとんど初めてだし、ほかのアイドルもそうなのかどうかはわからないけれど、少なくともいずこねこのライヴは、想像していた以上に美しく愛に満ちた場所だった。
いずこねこ1 いずこねこ2

いよいよ初音階段、飼い主さんたちが外の空気を吸いに出たすきに、するすると前方に移動する。飼い主さんに影響されてこっちもしっかりご贔屓をもりあげなくちゃな、という気になっている。
まずはJOJO広重と中屋浩一が登場し、ギターとエレクトロニクスによる爆音のノイズをひとしきり。対バンの盛り上がりに対抗してか前回より心なしかノイズの音量もデカいよう気がして、胸が震える。ノイズの中から1曲目「やさしいニッポン人」のクールなバックトラックが始まって、初音ミクに扮した白羽多カミンが登場し静かに歌いだす。1番終わったところで、カミンさん生絶叫! スキンヘッドに黒サングラスのJOJOさん、タレサンに落ち武者のような長髪の中屋さんの2人にミクコスが完璧な小柄なカミンさんというこの3人のルックスだけでも、やはりこのユニットはライヴで観るべき。
まずはおっさん趣味全開の懐メロが続く。僕のお気に入りはオフコースの名曲「YES-YES-YES」なのだけど、カミン=ミクの表情があるだけで曲への移入の度合いがアルバムで聞くのと全然違う。ユーミンの「卒業写真」や原田知世の「時をかける少女」などはオリジナルの歌声がどちらかというと平坦で、ボカロが歌ってもあまり意外性がなく、トラックも(あえてそうしているのだろうけれど)ひねりがなく、本当のところはアルバムで聞いたときにはまるで面白く感じなかったのだけど、こうしてライヴでカミンさんのパフォーマンス込みで接すると印象が全く変わってくる。5月にベアーズで観たときに比べるとカミンさんのパフォーマンスもはるかに進化している印象を受けた。
今回フロアのかなりの割合を占めるいずこねこの飼い主さんたちの反応が気になって観察していたら、懐メロコーナーからアニソンコーナーに移り「残酷な天使のテーゼ」が始まった瞬間の食いつきが素晴らしかった。カミンさんの煽りに応えて掛け声をあげ、聞かせどころでは腕をあげてひらひらさせる。
デスメタルなアレンジの「虹とスニーカーの頃」を挟んで、バックトラックにJUNKOさんの絶叫をフィーチャーした「人のいない島」が始まると、さっきまで笑顔で観客を煽っていたカミン嬢が、一転謎めいた無表情に小首を傾げながら歌う。そして絶叫、うーゾクゾクする。そのままの冷たい無表情のまま「からっぽの世界」へ。嵐のようなノイズも、クール極まりないカミンさんのパフォーマンスも壮絶で、曲が終わった瞬間客席は静まり返り拍手どころか物音ひとつしない。ゆったりとワルツにアレンジされたヴェルヴェッツ「Sunday Morning」で空気が緩み、トリッキーなリズムアレンジがファンキーなじゃがたらの名曲「TANGO」でふたたびフロアが大きくうねりだし、3つ数える前に天国へとこぼれ出す。最後はノイズにまみれたアンセムともいうべきラリーズの「白い目覚め」。カミンさんJOJOさんにしなだれかかったり、中屋さんのテルミンのアンテナを指先で弄んだりぺろっと舐めるようなしぐさをしたりと色っぽいパフォーマンスもかなりヤバいっす。
曲の流れは前回7月とほぼぼ同じだったのだけど、ニューアルバムの曲が入ってパワーアップしたクライマックスの5曲の流れ(「暗黒コーナー」?)は、迫力があり、感動的ですらあった。
初音階段

アンコールはいずこねこ茉里さんがBiSの「IDOL & NOISE」Tシャツで登場し、スペシャルな「初音ねこ階段」。カミン=ミクとデュエットで再度「残酷な天使のテーゼ」が歌われ、飼い主のみなさん待ってましたの大騒ぎ。さらに客電着いても鳴りやまないアンコールの拍手に再度登場して「カントリーロード」。


ドルオタの人たちの盛り上げ方って、決め事が多そうだったりするので必ずしも自分がそれで楽しめるかというとちょっとわからないけれど、ライヴを楽しみつくそうという貪欲な姿勢は素晴らしい。いずこねこのライヴの終盤におもむろに電子ブック取り出して読みだした非常階段ファンらしきお兄ちゃんなんかより、初音階段の間も自分がノれそうな曲であれば(多少控えめながら)いずこねこの時と同じようなアイドルノリの掛け声と手振りで自分たちなりに楽しみ、盛り上げてくれたたいずこねこの飼い主さんたちの方に、ずっと共感する。
まあ好き嫌いはあるだろうし何でもノレとは言わんけど、不幸だとは思うな。だって君の好きだろうルー・リードだってラリーズだって、その曲を聞けば当時流行りのポップスやロックンロールが大好きだったんだろうことは容易に想像がつくだろうに。

いやあいいツーマンだった。
続きを読む

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2013/11/11 11:57】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語
そんなの気にする人はこんなとこ来ないとは思うのですが、念のため、いわゆる「ネタバレ」です。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]始まりの物語」と「[後編]永遠の物語」(以下「前作」)で「神」になったはずのまどかが開巻早々魔法少女として登場し、さやか・杏子・マミの3人の魔法少女と共に活躍している。なにもなかったかのように前作のファーストシーンの鹿目家の朝の風景が、のどかな劇伴までそのままに再演されるが、前作のラストでまどかのいない鹿目家を目にしている観客は、どういうトリックが仕掛けられているのかという目でこの後のストーリーを見守ることになる。ほむらの孤独を強調するオープニングタイトルを挟んで、まどかとさやかのクラス(今回はご丁寧に杏子まで一緒だ)にほむらが転校してくるという前作で何回となく目にしたシーンが繰り返され、どういうわけだかこの世界は4人の魔法少女が共同してナイトメアという悪役と戦う世界で、ほむらはその助っ人として仲間入りしたことがマミから明かされることになる。
マミさんの指揮のもと和気藹々とまるで普通の(笑)魔法少女のような活躍をする彼女たちの姿は、前作の魔法少女たちに与えられた厳しい試練を知っているファンにとっては、こんな世界があってもいいんじゃないかと思わずにいられなかった世界である。ご丁寧にお菓子の魔女を引き連れて、「プエラ・マギカ・ホーリー・クインテット!」なんて名乗りまで上げて活躍している姿に苦笑いしながら、しかし観客はこのありえない世界への違和感を、ようやく記憶を取り戻しつつあるほむらとともに感じることになる。確かにほむらが杏子に言う「あんたそんなキャラとちゃうやろ」的なセリフにはちょっと笑ったな。だいたい最初のほむら転校のシーンからして、人類破滅を祈る担任の早乙女先生の言動は(もともといささか誇張されたふるまいをするキャラクターではあったとはいえ)あまりに不穏であった。
いったい誰がこんな世界をでっち上げたのか…というほむらによる謎解きが前半のストーリーの柱なのだが、観客には実はその答えはかなり早いうちにわかってしまっているだろう。だいたい4人の(5人の)魔法少女たちの顛末をすべて知っている魔法少女はひとりしかいない。ファンが望んでいたような幸せな魔法少女を誰よりも望んでいたのが彼女であることも想像に難くない。(あの名乗りやお茶会も?まあそうであっても不思議はない)
かくして中盤は彼女の救済の話である。前作で悲惨なところしかなかったさやかが活躍したり、マミ×ほむらのバトルがかなり力を入れて描かれたり、果ては大魔女バトルまでとファンにはうれしい見せ場がたっぷり。さやかと杏子のシーンに思わずほろりとしてしまったのは私だけではないだろう。アシッドなイヌカレー空間は今回も文句なし。「新しい魔法少女」なぎさはほとんど名前も呼ばれず、いささか扱いとしては中途半端だが。
そんなこんなで、ようやく苦しみ続けたほむらの煩悩が浄化され、成仏するシーンを迎えることになる。さやかとなぎさとともに「神」まどかが降臨するシーンのベタさときたら、まるでふたりの脇侍を従えた阿弥陀如来のご来迎ではないか。本来感動的な場面なのだろうが、どちらかというと馬鹿馬鹿しさにちょっとあきれてしまっていたら、ここで盛大にちゃぶ台がひっくり返される。ここからが今回の「新編」の「新編」たる所以だ。
ほむらの変容については確かに衝撃的ではあるし、その内面の必然性をストーリーの中で理解できたかといえば怪しいところ。しかし、いまあらためて考えてみると、前作はあまりに破綻なく世界が完結しすぎていた。物語として見事に着地して感動的だったし、まどか的秩序の統べる世界ビジョンは美しい。でも人間の営みの中でそのような秩序をはみ出す部分は必ず発生する。前作でまどかの秩序から唯一はみ出して残されていたほむらのまどかに対する強い思いがその秩序を破壊するきっかけになることは図式的には理解できる。
ほむらはそれを「愛」と呼んだ。彼女の薄ら笑いを浮かべた薄い唇からこの言葉が発せられる瞬間はなかなか衝撃的である。でも彼女の言う「愛」って何? たとえばすべての魔法少女を救済したまどかの行為は、まさにキリスト的な無償の愛「アガペー」の発現だった(いや仏様の「慈悲」だという人もいるかとは思うけど)。それに対して、ほむらの「愛」はプラトン的な「エロス」だろう。プラトンは「エロス」を人間を突き動かす原動力になる、美しいものや完璧なものを求める衝動と定義づけた。まどかがその名の通り「円環」=秩序を示す概念となって世界を再構築したのに対して、ほむらはまどか=秩序を愛おしみながら突き破る炎=衝動としてその世界を引き裂いた。ほむらの叛逆は、いわば神に対する人間性の叛逆だったのだ。ロケンロール!

一度ひっくり返したちゃぶ台の撤収は早ければ早い方がいい。
そういう意味では本作の幕引きは悪くなかったと思う。ただ、おかげでほむらの干渉したあとの世界の成り立ちはほとんど明かされないままだ。魔法少女の立ち位置はどうなったのか。まさか悪魔ほむらがいまさら序盤の閉じた世界で行われていた茶番じみた微笑ましい魔法少女ごっこに満足しているとも思えない。基本的な世界の構造はまどか改変後の魔獣が跋扈する世界なのだろうか。
本編のラストはほむらとまどかの今後の壮大な相克の物語を予感させる対話で締めくくられる。もはやほのかには不要になったまどかの「遺品」がまどかに返されるくだりは胸に迫る。オープンエンディングとしては余韻があってよいと思うが、すっきりと片付いた満足は与えられない。
いや、矛盾するようだが、実は世界を説明するような面倒くさい説明じみた描写などこれ以上この作品中には必要ない。そんなのは続編にでも任せておいて(いや別に続編すらなくてもいいのだが)、感情的に悪魔ほむらの魅力に魅入られるようなシーンが最後にもう一つあればそれだけでよかったのにな、と思う。

もしかしたらエンドタイトルロール後のシークエンスがそうなりえたのかな、と思う。嫣然と微笑みながら軽くステップを踏んで姿を消すほむらの姿は悪くないけれど、それだけでは弱い。それにしてもあのボロ雑巾のようになったキュウべえの意味は?確か逃げ出そうとしたキュウべえを「役割がある」とこの世界に放り込んだのはほむらのはずだ。ここでFinのクレジットが出るのだが、このパートは物語の終わりを告げるシーンというより、「いったいどうなってるの?」と新たなる物語への興味をひっぱる、ぶっちゃけていえば次回予告のワクだよなあ。
確か前作もエンドタイトルロール後に短いシークエンスがあって、その時は戦い続けるほむらの姿なのかな、なんて適当に考えていたのだけど、今思えばほむらの後ろには悪魔の羽のような黒い裂け目が広がっていたのだった。
続編については大歓迎だ。今回語られなかった新しい世界秩序(もしくは混沌)についてじっくり語ってくれる話があってもよいと思う。秩序破壊者として大きく成長したほむらは、もとより漠然とした概念的存在であるまどかなんかよりキャラクターとしてもはるかに魅力的だし、物語のすわりとしても、もう一度まどかが逆襲する話があるべきだろう。

******

見どころの多い前半部での白眉は,やはりなんといっても事の真相に気づいたほむらがまどかに真情を吐露するシーンだろう。
ほむらの千々の乱れる心情にシンクロして花畑が次々と色を変えるバックにずっと流れていた音楽が、大林宣彦の「時をかける少女」のメランコリックな劇伴を思い出させた。原田知世が唐突に「愛」を口にしてとまどうあのシーンの音楽だ。思えばあの映画のヒロインも、時を超えて彷徨い、ただひとり誰もその存在を知らない恋人を待ち続けるのだったな。

10月26日(土)大阪ステーションシティシネマ スクリーン1
11月1日(金)梅田ブルク7 シアター1


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
2013年日本 116分

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

【2013/11/08 00:08】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |