渚にて ワンマン(5/26、難波BEARS)
前日のノイズメーデーに続いてまたベアーズに、渚にてのワンマンライヴに出かけてきました。
柴山さんのソロは何回かあったのですが、昨年の再始動のライヴを観ることができなかったので、渚にてとしてのライヴはたぶん2008年の「よすが」のレコ発以来、ほんとに久しぶりです。
ベアーズの昼公演も初体験、前日とはまたちょっと違う感じでお客さん満員です。

1曲目で柴山さんの歌に竹田さんのコーラスがかぶさる瞬間に、ああ渚にてだ、と嬉しくなってしまいます。演奏された曲は「こんな感じ」「よすが」「花とおなじ」からの曲が何曲かあるほかは、基本的には新曲中心のようです。すでに最近の柴山さんのソロのライヴでも演奏されていた聞きなじみのある曲も何曲かありました。
竹田さんがメインでボーカルをとった曲は5~6曲くらいで、ちょっと少ないかなと思ったけど、柴山さんの歌は大好きなので文句はありません。なによりひさしぶりの竹田さんのドラムが強力で、じゅうぶん存在感ありましたし。竹田さんのドラムスはリズム楽器というよりメロディ楽器だと思います。
今回の渚にては、柴山伸二(g.vo)、竹田雅子(ds,vo)、山田隆司(b)の3人に吉田正幸(keyb)が加わった特別編成で、吉田さんのオルガンのような音色のキーボードが柴山さんのノーイフェクトのストラトのナチュラルに歪んだ音とともに、しっとりとした今回の歌たちをさりげなく彩っています。たとえば「七つの海」の最後のコーダで柴山さんのアルペジオに、吉田さんのチャイムのようなキーボードの音色が寄り添い、武田さんのハイハットの音がさざ波のようにかぶさってくるところとか、痺れました。

本編たっぷり1時間半、さらに「よすが」でいちばん好きな「ひみつ」とおなじみ「花とおなじ」の2曲のアンコールでライヴは幕を閉じました。
本編のラストを締めくくったのは、柴山さんのソロでも何回か披露されていた「永遠の遠泳」。「また泳ぎだそう、ゆっくりと」という歌です。歌の通りゆっくりと活動を続けていって欲しいと思います。
外に出るとまだ明るくて、この感じは新鮮で昼ベアーズもいいなとは思いましたが、さすがに渚にてについては次回はもう一回りキャパの大きいところがいいなあ。

Naked渚にて2
物販で「NAKED渚にて vol.2」というCDR購入。今日演奏された曲も含む新曲4曲入りです。1回聞いただけの印象で言ってしまうと、正直なとこ内容は今日のライヴの演奏の方が100倍良かった。
でも、子供さんの描いた絵なのかな、手作りのライナーと折り紙のロケット?が封入されていてとってもチャーミングなパッケージが嬉しかった。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/27 11:19】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
NOISE MAY DAY 2013
蒸発都市
MAN DOG
SOLMANIA
JOJO広重+CROSSBRED
MASONNA


(工事中)
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/26 18:11】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イージー・ライダー
前に「桐島」を観た塚口サンサン劇場に「イージー・ライダー」がかかっていて今週末までだというので、観にいってきた。

たぶん映画館で観るのははじめてだと思う。最近はこういうクラシックな作品もデジタルリマスターでピカピカの映像だったりして、それはそれで悪くないのだけど、今回は35mmフィルムの上映と言うことで、経年によるフィルムの傷やゴミによる画面上のノイズや色あせ、コマ落ちなどもニューシネマのやさぐれ感にはフィットしている気がする。

この映画では、前のシーンとあとのシーンをザッピングするような、変わったつなぎ方をしているところが何箇所もある。フェイドとかの代わりなんだろうな、新鮮といえば新鮮だけどちょっと素人くさい。尺が長すぎて配給会社からの要求で泣く泣くカットして今の形に仕上げたという話があるから、たぶん行き当たりばったりに長廻しでとったぶつ切りのフィルムを繋ぐ苦肉の策だったのかもしれない。そんな繋ぎのところだったかシーンの間のインサートだったか忘れたけれど、映画中盤で、何の説明もなく、いきなりラストの炎上するバイクのショットが一瞬カットインしてちょっとドキッとさせられた。
 
最初の方でもモーテルの宿泊を拒まれるシーンなどもあったが、前半、中西部の農夫の家で食事をおよばれするシーンや、ヒッピーコミューンに立ち寄るあたりあたりまでは、主人公のピーター・フォンダやデニス・ホッパーは開拓者の系譜につながるアメリカ精神の継承者として明るいトーンで描かれている。
中盤ジャック・ニコルソンのドロップアウト弁護士が仲間入りするあたりから、素朴な開拓者精神とは裏腹なアメリカの現実が主人公たちに有形無形の圧力をかけるとともに、だんだん死の影があちこちに差し掛かってくる。ニコルソンは「人々は自由を語ることはするが、実際に自由を目の前にするとそれを恐れるんだ。恐怖は危険だ」といったことを語った直後に、まさにそういう自由を恐怖する連中によっていとも簡単に殴り殺されてしまう。先の炎上するバイクのインサートはこのあたりだっただろうか。
映画のクライマックスは二人がたどりついたニューオーリンズの謝肉祭なのだが、実録風に撮影されたマルディグラの映像はあまり使われていない。ニコルソンの紹介状を持って訪れた娼館はゴシックな教会のようなところで、エレクトリック・プルーンズの「主よ憐れみたまえ」が使われる。その後の墓場での娼婦たちとのLSDパーティではトリップの間じゅう使徒信条と主の祈りが流れ続け、weird極まりない。だいたいなんでわざわざこんな陰陰滅滅としたセッティングでLSDキめようとするかね。

ニューオーリンズをあとに再び旅に出る二人のバックに、ロジャー・マッギンの歌うディランの歌が流れる。例によって難解な歌詞だけど、この中でディランはアメリカの偽善を告発し、何者にも属さないでいることの大切さを歌っているようだ。まるでジャック・ニコルソンの死の直前のセリフのように。歌のタイトルは「ママ、大丈夫さ、血が流れているだけさ」という。
そしてこの直後が衝撃的なあのラストなのだけれど、これだけフラグが立っていると実は意外ではない。

カメラが川の流れにパンし、静かに流れ出すマッギンの歌が、主人公たちの心情を海に流れ込む川の流れになぞらえて代弁する。陰鬱なエンディングにもかかわらず、この空撮の解放感がカタルシスを与えてくれる。謝肉祭のあと教会の暦はキリストの受難を再現する四旬節から復活祭へ向かっていく。「川よ流れろ、海へ向かって」
ラストショットの川の流れに、ホッパーはアメリカの再生への祈りを込めていたのか。


***
ディランの元曲聞いたときにはぜんぜん気づかなかったのだけど、今回この映画でロジャー・マッギンの「イッツ・オールライト・マ」を聞いて、遠藤ミチロウの「お母さんいい加減あなたの顔を忘れてしまいました」とかなり雰囲気が似ているのに驚いた。黙示録的なヴィジョンとか、「お母さん」への呼びかけである点とか、影響を受けていてもおかしくないだろうな。

***
ラストのシーンは映画的にはかなり気色が悪い。バイクとトラックが切り返しで撮られているのだけど、トラックが前から写されているショットには後ろの路上にバイクが写っておらず、逆にバイクの向こうに走り去っていくトラックは写っていない。つまり、バイクとトラックが同じフレームに写るショットは存在しないんだな。これをもってたとえばあのトラックは実際には存在していなかったなんて深読みすることもできるのかもしれないけれど、多分、単純に別に撮ったショットをモンタージュでなんとかつなげたけどうまくつながらなかったってだけなんだろうな。

***
ネット上の複数の映画サイトで、この映画のあらすじに「マリファナの密輸で大金を手にした主人公たちが」とか書いてあってのけぞったよ。どこにマリファナを白い粉に精製してスニッフィングする奴がおる!?
Wikipediaにあるようにコカインが正解ですね。

Easy Rider

(1969アメリカ/カラー/1.85:1/95分)

テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

【2013/05/16 02:14】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
豊田道倫「mtv」発売記念ライヴ(5/12、難波BEARS)
ベアーズで豊田道倫の新作「mtv」のレコ発ライヴ、仕事を片付けて開演時間を少し回ったくらいにベアーズについたら、おやもう始まってるじゃない。
あわてて満員の場内にはいると、アルバム1曲目の「少年はパンを買いに行く」を演奏中、どうやら始まったところのようだ。ステージにいるのはギター抱えた豊田道倫に、ベースその他(よく見えない)の宇波拓、ギター・キーボードの冷牟田敬、そしてドラムの久下恵生はステージ上をうろうろしながら打ち込みのビートに合わせてそこらをスティックで叩いている。
久下がドラムセットにすわり、続けて「抱っこ先生」「桜空港」とポップな「mtv」の曲を順番に。

「大阪に来たから」と加地等のカヴァー、そしてパラガ時代の懐かしい「UFOキャッチャー」から「チョコパ」という流れが染みる。

「こないだの弓場宗治の追悼ライヴ来た人いる?」とうMCから畳み掛けるように演奏された「ブルーチェアー」。爆裂するエンディングから「DJ親心」「ゴッホの手紙、オレの手紙」というもともとバンドで発表された2曲へ、凄まじいぶっ壊れたスピード感。かっこいいわ。

ハードな轟音の「あいつのキス」から、ポップなイントロに人懐こいメロディの「The End of Tour」、そしてふたたびギターが唸りをあげドラムが叩きまくる「CITY LIGHTS 2019」、そして「鈍行列車に乗って」と、アルバム後半の曲を畳み掛けるように演奏するクライマックス。最後は冷牟田のコーラスで始まる夢のような「幻の水族館」でひとまずエンディング。

アンコール、まずは豊田の敬愛する松山千春の曲を交えたアコギ弾き語りのコーナー。「ヤバクナイ、ヤバクナイ、ヤ・バ・ク・ナ・イ」、詞の言葉が立ちまくってる。

再びバンドメンバーが登場、久下のハイハットのビートに冷牟田の哀愁のピアノがイカす「東京の恋人」から、またしてもシューゲイザー風(ちゅうか、身も蓋もなく言ってしまうとマイブラ風)の轟音ギターノイズをバックに「僕は間違っていた」、そしてそのままメドレーでなんと「移動遊園地」! ちょっとあまりの美しさに陶然としてしまった。

再度のアンコール「東京で何してる」まで2時間20分。弾き語りのライヴとかだと途中でしんどくなってしまったりすることもあって、実はそんなに熱心に豊田道倫のライヴを追っているわけではなく、偉そうにいうことでもないのだけど、今回のバンドでのライヴは本当に最後まで聞かせどころがあちこちにある素晴らしいライヴだった。豊田さんのちょっと外れたポップな音作りややみくもなスピード感を再現するにはベストな布陣だったのではないかと思います。いや宇波さんの音響トリートメントも、冷牟田さんのギターももちろんよいのだけど、なんといっても久下さんのドラム、規格外でかっこいいわ。

豊田道倫の新しい本「たった一行だけの詩を、あのひとにほめられたい」(晶文社)とCD-R「mtb」を購入。
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/13 17:51】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初音階段(5/11、難波BEARS)
白波多カミンバンドfeaturing中林キララ
KISHIDASHIN
初音階段


(工事中)
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/12 16:52】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
祝春一番2013(5/6、服部緑地野外音楽堂)
清水ひさお、ROBOW、ふちがみとふなと、ベラベラベラーズ、ヤスムロコウイチ、NEIGHBORS、ポロリーズ、TARO & JORDAN、松井文with AZUMI、山中一平with AZUMI、シバ、坂田明F1 Trio featuring JOJO広重&JUNKO、AZUMI、維新派、中川五郎

(工事中)




続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/07 16:48】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雯(ぶん)2013(5/5、梅田クラブ・クアトロ)
恒例のぶんちゃんのイベント、心斎橋クラブクアトロの閉店にともない、梅田クラブクアトロに会場を移しての実施です。
生前のぶんちゃんとは面識のない私ですが、一昨年のこのイベントがたいへん楽しい、多幸感に満ちたものだったので、今年は家族を伴って参加することにしました。
会場の梅田クラブクアトロの建物は以前松竹会館(梅田ピカデリー)として邦画洋画の封切を上映する4つのスクリーンを持つ映画館だったところです。たしかバートンの「バットマン・リターンズ」とかここでみたなあ。現在は座席・ステージのあるつくりを生かして、フロアごとに大衆演芸場・ショーパブ・ライブハウスなどが入っているようで、クアトロはその最上階で心斎橋のクアトロは場内にバーカウンターがあったのですが、ここはロビーの売店スペースをがバーカウンターとなっていてここから映画館時代のように重い扉を2枚くぐると階段状の傾斜のある場内に入ります。後ろの方は座席を何段か残し、前方は席を取っ払って床を張りステージとスタンディングフロアにした感じ。
今回はスタンディングフロアの2段めのスペースをサブステージとしてメインステージと交互で演奏が行われます。

当日の出演アーティストは以下のとおりでした(登場順)。
三田村管打団?STYLE音遊びの会下山アコースティック(サブステージ)・ふちがみとふなとマヘル・シャラル・ハシュ・バズPIKA(サブステージ)・おおたか静流&ことこと倶楽部POPO(サブステージ)・NECO眠るテニスコーツ(サブステージ)・少年ナイフdoddodo(サブステージ)・原マスミオオルタイチ&UTAMOかきつばた

(工事中)

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/06 15:55】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Psychedelic May Day~ヰタ・セクスアリス4thアルバム発売記念ライヴ(5/3、難波BEARS)
ひさびさのニューアルバムをリリースするヰタ・セクスアリスのレコ発ライブが行われるということでベアーズに出かけてきた。共演もNASCA CARにKUKUとベテランが2組。

一番手NASCA CAR、中屋浩一(electroincs)+ドラムス×2とベースの3人の女子というこの編成のライヴを見るのは2回目。前回は10年ぶりに見るナスカカーということもあって中屋さんの変わらぬ前のめりなパフォーマンスにただただ感動するだけだったのだけど、今回はヴァラエティに富んだサウンドの多彩さをじっくり堪能することができた。まずは夜のムード漂うアダルトオリエンテッドなトラックに合わせてパッドでクールに電子音を飛ばすというちょっと意外な幕開けで、打ち込み+ツインドラムによる強力な4つ打ちのビートにあわせて電子音が駆け巡り、終盤になってナレーションとも朗読ともつかないナカヤさんの語りののっかる2曲目にうつり、3曲目から電子音のリフと性急なビートに中屋さんのアジテーションのような歌がのっかるおなじみのスタイルで畳み掛けてくるという展開がめちゃかっこいい。リズム隊を生きのいい若手で補強しているのは伊達じゃない。秋ぐらいに出るというひさびさの新作はかなり期待できそう。
それはそうと、オープニングの「夢を見て夢に酔い夢に飛び、さすらいながら明日をつかむのさ」というキメの歌詞がかっこよい謎の歌謡曲はなんだったんだろう。後半中屋さんがカラオケ状態で熱唱するもんで爆笑だった。

KUKU
も90年代から活動しているバンドで、たしかかつて一度ライヴ観たみたことがあるはず(申し訳ないことにぜんぜん覚えていないのだけど)。ブランクがあって最近ひさしぶりに活動再開と言うことのようで、そのせいかお客さんがめちゃ多かった。ギター、ベース、ドラムス、キーボード、ボーカルの5人組、ドラムの岡野氏(ex.サバート・ブレイズ、ロスト・ユートピア)はじめみんな手練がそろっていて、うねりまくるビートに自然に体が動き出す。後半どんどん演奏は混沌としたヘヴィなサウンドに突入していくんだけど、人口密度が高く身動きがとれない状況になってきたこともあり、腰を下ろしたとたんにしばし夢の世界に運ばれてしまった。

そして本日の主役ヰタ・セクスアリス、ニューアルバムの発売記念とはいえ、全曲ニューアルバムからの新しい曲のみという攻めのセット、でもすでにライヴで演奏されている曲をはじめ、どの曲もバンドのよい状態が伝わってくるような、勢いのある素晴らしい演奏だった。
2人の新しい女子メンバーが強力で、レイ・マンザレクみたいなサイケオルガンからノイジーな宇宙音までカバーするキーボードのアヤさんもいいし、なんといってもドラムのクノさんがパワフルでスピード感があっていい。ギターの奇島さんやボーカルの原田さん、ベースの須原さんといったおじさんたちものびのびと楽しんで演奏しているのがびんびんと伝わってきた。
アンコールはセカンドアルバムのタイトル曲である「日時計のたもとで」。ラストを飾るに相応しいしっとりと始まり後半大きくうねりだす大作で、次作ではまたこういうドラマチックな大作もよろしくお願いします。
1.かぶりつきのばらあど
2.天井桟敷のように
3.Back To Back Band
4.ドグラ・マグラ
5.ヰタ・マキニカリス
6.ワレハ詩人
7.幻想のリリー
8.性的生活
E.日時計のたもとで

物販でヰタ・セクスアリスの4thアルバム「Vita」を購入した。丸ジャケット、皮ジャケットと変形ジャケが続いたけれど今回は普通にプラケース。でも中のライナーのブックレットは分厚い丁寧なものでなもので、眺めながら聞くこと推奨。
店頭に並ぶのは6月下旬になるようです。
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/05/04 09:26】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
中之島まつり/少年ナイフミニライブ(5/3、NHK大阪放送局アトリウム)/幽霊・妖怪画大全集(大阪歴史博物館)
世間ではゴールデンウィークも後半になるのだろうか、我が家ではようやくゴールデンウィークが始まった感じである。奥さまが「食博」行きたいなどとのたまわれるのを押しとどめ、とはいえどこにも出かけないのもなんだし、天気もいいし中之島まつりに出かけてみることにした。
昼間っから露天のビールや焼きソバ食らいながら、いろんな市民団体やNPOのブースや助産施設の手作りクッキー、なんだかいまひとつ垢抜けないフリーマーケットなどを冷やかして回る。
No Donnerといって、脳死判定による臓器移植に反対する団体が、ドナーカードに対抗して自分が臓器提供に賛同しない旨を表明したカードを持とうという呼びかけを行うブースがあって、なるほど最近はそういう活動もあるんだなと思っていたら、そのすぐ脇で渡されたポケットティッシュにはドナーカード普及の呼びかけのチラシが入っていたりして、なかなかカオスで楽しい。
中央公会堂地下食堂のオムライス
中央公会堂地下の食堂のオムライス。

公会堂で自主映画祭などもやっていたのだけどスルー。ほてほてと天満橋から大手前のNHK大阪放送局まで歩く。思ったより距離あったな。BKといえば昔は馬場町にあったものだけど、ちょっとだけ移動したんだね。開放感のある明るい吹き抜けで大阪歴史博物館とつながっている立派な建物。
NEXT UP 少年ナイフ
ゴールデンウィークのBKワンダーランド春というイベントを開催中で、この日NHK-FMで生放送中の今日は一日パンク/ニュー・ウェイブ三昧のPR企画として、この日同番組で「大阪ラモーンズ」としてスタジオライブを行う少年ナイフがミニライブを行うという情報をキャッチして家族で出かけてきた次第。
中には革ジャン姿のパンカーやメイクをキメたニューウェイヴァーもちらほらいるものの、基本は親子連れなど通りがかりのお客さん。
おなじみカーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」で始まり、ドリトル先生もの「オウムのポリネシア」、そして大阪賛歌「My Favorite Town」、そしてキャッチーな「カピバラ」とポップな曲のつるべ打ち。古いファンとしては「オウムのポリネシア」はうれしいなあ。若いリズム隊の二人がしっかり今のナイフの演奏の屋台骨を支えていて、特に長い髪振り乱して弾きまくるリツコさんのベースが良く響いていて格好良い。エンディングは「ツイスト・バービー」から「Pop Tune」と20分ほどのセット、はじめて見た人も含めてみんなが楽しい気持ちになったんじゃないかな、かなり感動したよ。

さらに娘に引っ張られて、となりの大阪歴史博物館で行われている幽霊・妖怪画大全集に。
そんなに期待せずに入ったのだけど、亡くなった美女の死体がだんだん朽ち果て白骨になり草に埋もれるまでを描いた九相図や、今回の展覧会のメインイメージに使われている国芳の描く巨大な髑髏の絵で始まるイントロから容赦なく本格的。
一歩足を踏み入れた最初のセクションのずらりと並んだ20点以上の応挙から現代にいたる幽霊掛け軸が壮観で度肝を抜かれる。最後の方にあった野村清六という現代の画家による乳飲み子を抱く幽霊の絵が、大胆なデフォルメでちょっとアブストラクトですらあり、非常に不気味だった。
妖怪セクションもまず「百鬼夜行絵巻」「百怪図巻」といった京極夏彦の本の巻物の口絵でも見覚えのある定番がしっかり展示されている。さらにその他にも、とにかく膨大な量の妖怪画があって、満腹した。人多かったけれど立ち寄る価値あった。6月9日までやっているので、妖怪・幽霊お好きな方はぜひともどうぞ。実物はやっぱり迫力あります。うちの娘なんて母親にねだって図録まで買っていて、のけぞったわw
YKI48
YKI48総選挙と称して幽霊・妖怪の人気投票を行っていた。僕の推しはだんぜん豆腐小僧。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2013/05/04 00:06】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |