山本精一カバーアルバム第一集発売記念ライヴ(2/28、難波ベアーズ)
難波BEARSで行われた山本精一のアルバム「カバーアルバム第1集」発売記念ライヴに行ってきました。ベアーズでは昨年5月以来の全曲カバー曲によるライヴとなります。
ステージ上にはアコースティックギターとテレキャスター、そしていつものヘッドの欠けたボロボロの黒いストラトの3本のギターが用意されていましたが、結局この日はもっぱらテレキャス(ボディにf字の窓の開いたセミアコタイプ)が使用されていました。
開演予定時間を30分ほど過ぎて登場した山本さんが歌いだしたのは「オーブル街」(フォーク・クルセダーズ)、そして古い英語のフォークの名曲と、第一部はフォーク色の強い選曲です。中で異色だったのは「キネマ館に雨が降る」(あがた森魚)から雨つながりで演奏された「ざんげの値打ちもない」(北原ミレイ)。山本さんのレパートリーの中では、(今日は演奏していないけれど)「八月の濡れた砂」(石川セリ)の路線かな、ギターの演奏も含めて意外なほど情感こもっていていいです。そして打って変わって高石ともやのザ・ナターシャー・セブンの曲を2曲という落差がおもしろい。僕は「春を待つ少女」は山本さんのカバーではじめて聞いたのだけど、ういういしくて、メロディアスで、本当に涙が出そうな名曲だと思います。最初の方で演奏された「Circle Game」や「Turn Turn Turn」にしてもそうだけど、メロディの綺麗なポップな曲が山本さんの趣味なんだなと思います。

ディレイを多用した茫漠と美しいギターノイズのつづれ折りで彩られた「あの素晴らしい愛をもう一度」で始まった第二部は、初めて聞いたジュリーの「君をのせて」や定番「僕の倖せ」(はちみつぱい)も良かったけど、やはりベースに須原敬三を迎えてのデュオのパートが素晴らしかった。「失業手当」(高田渡)は、持ち替えた黒ストラトがチューニングハズレ気味なのも含めてCD以上の凶暴でジャンクなブルーズに仕上がっていてむちゃくちゃかっこよかったです。 アルバムでは原詞で歌われているジェネシス「For Abscent Friends」が、今回は去年のプレイグラウンドの時にも披露された山本さん自身による日本語詞で歌われます。どの曲だったか、エンディングで勝手にどんどんコードチェンジしていく山本さんのギターに、涼しい顔でおっついていく須原さんのベースを見ながら、ああ、山本さんが須原さんとふたりでうたもののライヴを再開した当初は、いつもこんなだったな、と思い出しました。ニール・ヤングやヴェルヴェッツといった定番の曲も、須原さんのベースが入るとぐっとロックっぽくうねり出します。「そして船は行くだろう」のメロディアスなサイケ感もよかったな。
「26番目の秋」(岡林信康)での力の入ったストロークに弦が切れてしまい、再度黒ストラトに持ち替えサイケデリック・ジェット・セッツでも演奏していた「いとしのマックス」(荒木一郎)、そしてから問答無用の「冬のサナトリウム」(あがた森魚)~「サルビアの花」(早川義夫)のメドレーで須原さん退場。最後は山本さんソロで、ギターノイズの深海に深く沈みこんでいく「からっぽの世界」(ジャックス)。

この時点で10時15分過ぎていたので、アンコールは何か1曲ということだったのだけど、結局この日出番がなかったアコースティックギターの弾き語りで「ヘイヘイヘイ」「We Shall Overcome」とフォーククラシックを2曲。そういえば去年のカヴァー特集の時も1曲目「オーブル街」で最後が「We Shall Overcome」だったっけ。そして今年も「うぃしゃるおーばーかーむ」と口ずさみながら帰路についたのでした。

早川義夫、あがた森魚、ニール・ヤングといったオリジナルを聞くと、ああこの歌の凄さはこの人たちの歌声の唯一無二の存在感によるものだなあと思うのですが、山本精一が独特のまっすぐフラットな歌唱で歌うと、そうではなく、その奥底にある歌そのもののよさが浮かび上がってくる。でもそれだじゃなく、こうしてライヴで聴いているとやっぱり山本さんの歌そのものにも抗えない魅力があって、それがなんなのかいまだに言葉にならないのだけど。


会場の物販で山本さんがアルバムの続きで録音したというCDR「More 7 Songs」を1200円で購入。アルバムには収められていなかった「春を待つ少女」「26番目の秋」「Don't Cry No Tears」や日本語バージョンの「不在の君へ」など貴重なトラックが7曲も入っていて、値打ちモノです。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2013/03/01 15:43】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |