山本精一& THE PLAYGROUND ワンマンライブ(10/14、梅田Shangri-La)
なんだか雨の降りそうな曇り空の中、大好きな山本精一さんのうたものバンド「THE PLAYGROUND」のライヴを観に、梅田のコンテナヤードをくぐって、Shangri-Laに行った。
2005年の羅針盤解散後しばらくライヴで歌を聞かせることのなかった山本精一が、約1年のブランクののち、須原敬三(b)を従えて再始動し、あるときは「怪獣教室」あるときは「幽霊バンド」、またあるときは「人間万事サイモン&ガーファンクル」とさまざまに名前を変えながら進化を深めていた。2009年から千住宗臣をドラムスに加えたバンドとして「Play ground」結成、現在は山本精一& THE PLAYGROUNDとして「うた」をメインにした山本さんのメインユニットの1つとなっている。
今年は春先にBEARSで一度このバンドがあったけれど見られなかったので、昨年11月に今回と同じShangri-Laで行われた山本さんのソロアルバム「Rhapsodia」レコ発でのステージ以来約1年ぶりとなる。

ファンキーな「ラプソディア」で幕を開けハードな「DAYS」と前半はアルバム「Playground」や「Rhapsodia」からの最近の曲を中心に、バンドならではのグルーヴを聞かせてくれる。須原さんは天候のせいかあまり体調良くなさそう、千住さんはいつもながら若々しくて、涼しい顔で複雑なリズムを刻んでる。「めざめのバラッド」の中間部、ノイジーに演奏が暴走したと思ったら、ぴたっと元の曲に戻るあたりのアンサンブルがみごとの一言、さすが変幻自在のリズム隊。
羅針盤の「いちばんめの歌」に似た新曲らしき曲も演奏されたけれど、今回は「なぞなぞ」の曲が一曲も演奏されなかったのは、バンドとしてのPLAYGROUNDにかける意気込みなのかとも思える。

「虚空の屋根」からフォークルの「オーブル街」に始まるカヴァーメドレーが中盤の聴き所。聞き覚えのある曲だったので、あとで調べたら1曲はムーンライダーズの「トラベシア」、もう1曲はわからなかったけれど、いかにも山本さんがお好きなんだろうなという、ポップで複雑な曲。

綺麗なメロディに内省的な詞についつい引き込まれてしまう新曲から再びハードな「DISCORD」へ。
そしてドラムのフィルからハンマーが振り下ろされるようなギターの印象的なイントロは、うわあ羅針盤の「がれきの空」だ。そしてさらに続いては「ソングライン」!
「ソングライン」は、もちろんCDではフェードアウトして聞けない最後のパートのついたライヴでおなじみだったバージョン、「太陽のいちばん近くで/待ち続ける」の山本さんと須原さんのコーラスの掛け合いのあと山本さんの歌が入り、ギターの音がノイジーに壁を作っていく。あわせて背後から照明が明るくステージを照らして…
2000年だか2001年だかのちょうど今ごろ、同志社のEVEで明徳館前の特設ステージで行われた羅針盤のライブの最後の曲も確かこの曲だったなとか思い出す。肌寒い空気の中、音が高鳴るにつれて背後の照明が白々とステージを照らし、映し出される4人のメンバーの姿…。

アンコールにまた羅針盤の「会えない人」、そしてこの日の物販で販売されていた山本さんの弾き語りのCD-Rに納められている優しい新曲「ゴミ箱の中」。
そして再度のアンコールの求めに登場して、この日使っていた赤いストラトから、山本さんのトレードマークともいうべき(最近あんまり見なかったけど)ヘッドの欠けた黒いストラトに持ち替え、今度は「HOWLING SUN」。この日は結局羅針盤のナンバーを4曲も演奏した。どれも馴染み深い曲ばかりで、個人的なことを語りだしたらきりがないので控えるけれど、いままでも山本さんのソロやPlaygroundのライヴで1曲2曲をスペシャルで演奏したことがあったとはいえ、こうしてレパートリーの一部として普通に羅針盤の曲を演奏してくれるようになったことが本当に嬉しい。
「HOWLING SUN」は曲が終わったかと思うとコーダ部が始まるオリジナルバージョンで演奏されたのだけど、演奏しながら山本さんが次の曲のカンペを探しまくっているご様子…どうも見つからないらしく、そのままするするっと終わってしまった。どうも本当はもう1曲あったっぽい流れ(あとで須原さんの前にあった譜面台を覗くと「せいか」のカンペが…)なのだけれども、ぜんぜんかまわない、また今度演奏してくれるだろう。

去年と同様、MCもほとんどなくほぼ2時間のかっちりとした演奏だった。千住さんが東京に拠点を動かしたためなかなかこのバンドのライヴはなかなかコンスタントには難しいようなのだけれど、どんどんやって欲しい。
次の羅針盤ナンバーは「無限のうた」をどうかひとつ。

5 songs
物販で売っていたCD-R(1000円)。中身は「オーブル街」やこの日演奏された「ゴミ箱の中」など弾き語り5曲。ジャケは玲によって山本さんの手書きの味のある絵で5種類あって、どれにするかちょっと迷ってしまった。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2012/10/15 03:07】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Psychedelic Autumn Days (10/13、難波BEARS)
夏のFREEDOMMUNEで個人的なハイライトであったタコ(TACOという表記が正しいのかな)が、なんとベアーズ恒例秋のサイケイベント「Psychedelic Autumn Days」に出るというので出かけてきた。

まずは共演の東京の若いバンドが2バンド、愛のために死す壊れかけのテープレコーダーズ
この日のベアーズはエアコンがぶっ壊れていたため、どちらのバンドも汗だくになりながらひたむきに演奏していて、すごく勢いのあるバンドなんだというのはびんびんと伝わった。特に2番手の壊れかけのテープレコーダーズはギターのおにいちゃん(はだし)とオルガンの女子(DoorsのTシャツ)のボーカルの掛け合いや演奏の絡みがユニークで、すごくおもしろい。ただどちらのバンドも、歌われる言葉がまっすぐすぎて、すれっからしのおっちゃんにはあまり響かなかった。
最初に出た愛のために死すの演奏を,僕の前の女子がずっと胸の前で手を合わせ、祈るように聴いていて、最後には崩れて落ちて顔を覆っていたのを見て、ああ、こういう音と言葉を切実に必要としている人にきちんと届く形で演奏しているのは素晴らしいなあと、素直に思いましたよ。

幕間BGMの「ジギースターダスト」のちょうど「Rock'n'Roll Suicide」が終わる頃、トリのTACOが登場。まずはギター、ベース、ドラムスにボーカルの山崎春美の4人で「雨上がりのバラード」「社会復帰」とガセネタのナンバーを2曲演奏する。時折はじかれたような痙攣を交えて早口で言葉を繰り出す山崎春美のボーカルは、録音で聞かれる昔のガセネタの頃に遜色なく、街の不動産のおっちゃん然とした今の風体もあいまって妙な存在感がある。前回FREEDOMMUNEのときも??となったのだけど、「社会復帰」は「マンホールの光を浴びて溺死したキリストがやってくる」という歌いだしこそ一緒だけど、リフも歌詞も「sooner or later」のバージョンとはかなり変わっていて別の曲みたい(今年出たボックスにはこういうバージョンもあるのかもしれない)。「リハビリビリビリ…これで救われる…」
ここで山崎に手を引かれて、ガーゼで目隠しをしたロリータ風のボーカル鎖帷子レイコ登場。ベース、ドラムの2人と精神病院の一室風寸劇。「この人は…横田めぐみさんだ!」「マンセー!そう、わたしは横田めぐみです。…すいませんでした」という鎖帷子あらため横田めぐみのセリフから「赤い旅団」に突入。以下「嘔吐中枢は世界の源」「な・い・し・ょのエンペラーマジック」とファーストの曲、間で春美抜きで演奏された「納豆の中のナメクジ」(ロリータ順子の「だめなあたし」の曲)含めていかにもタコだなあという独特のネガティヴなヴァイブにあふれた名曲が続く。
このあたりまではFREEDOMMUNEのときと同様の完璧なタコ・レヴューを見せてくれている感じ。ところがFREEDOMMUNEでも演奏された新曲?らしきかえるの歌をはさんでふたたびガセネタコーナー、春美が「宇宙人の春」の言葉を投げつけている横で「横田めぐみ」a.k.a鎖帷子レイコが所在投げに、ほとんど素の状態でそわそわしているように見える。推測するに序盤で春美が歌詞カード置いた譜面台片付けてしまったせいじゃないかな。いたたまれない宙ぶらりんな感じは「宇宙人の春」に似つかわしいような気もする。続いてほとんど歌えないままの彼女の絶叫を時折交えた「横田めぐみの「父ちゃんのポーが聞こえる」」。
ラストはファーストからキャッチーなドラッグアイドル歌謡の名曲「仏の顔は今日も三度だった」。春美は終盤さっさと退場してしまい、演奏が終わると、宙ぶらりん感だけ残してほかのメンバーもそそくさと退場。
中途半端なアンコールの求めに応じて、痙攣しながらことばを投げつける山崎春美とギター、ドラムのセッション。緊張感あってさすがだと思ったけれど、アンコール無しであのまま困惑を残して終わるのも相応しかったのではないかと思う。フェスのお祭りの大舞台とは違う、ベアーズのような小さな場所ならではの空気感がおもしろかった。
若いバンドたちの熱演に冷や水をぶっかけるような相も変らぬタコの日陰感にシビレる。この形態のTACOがいつまで続くのかわからないけれど、しばらく山崎春美の活動を追っていたいと思った。
続きを読む

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2012/10/14 23:24】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
09/30のツイートまとめ
takutee

本降り中レインボーヒル開場。ビューティフルハミングバード。
09-30 11:25

ステージ裏開放。 http://t.co/SeD3g9se #rainbowhill
09-30 16:24

雨上がって夕焼け、ステージでは勝手に観光協会の「おはよう舞妓はん」w 次はいよいよパスカルズ! http://t.co/k6G80XA3
09-30 17:53

風呂に入って暖まって一息ついた。
09-30 20:00

レインボーヒル、台風大変やったけど、最後は雨も上がって奇跡のような楽しいフィナーレだった。このフェスばかりはほんとに毎年マジックがあるわ。
09-30 20:02

レインボーヒル、スペシャルな瞬間がいっぱいだった。夕凪+渕上純子の「野の人の野のうた」、ふちふな+石川浩司「大阪のうた」、知久寿焼+知久寿焼の「生活の柄」、曽我部恵一が弦の切れたギターを放り出してアカペラで歌った「Stars」…
09-30 22:20

ハンバートハンバートwithロケットマツ・船戸博史の「夕暮れ時のさびしさに」、そしてなんといってもパスカルズの「6月の雨の夜、チルチルミチルは」!
09-30 22:21

知久さんと良成さんのスペシャルデュオはふたり見詰め合って歌う「おなじ話」も(ちょい反則w)良かった。あと勝手に観光協会の安斎さんの謎の存在感!サイケなオカリナが笑ったよ。
09-30 22:24

雨でアップできなかったけど、今日の昼食べたMarthaのキーマカレー。マーサはグリーンカレーもミネストローネも美味かった、 http://t.co/HCxcIUCq
09-30 22:32

なんか間違えた。ちくちくになってしまった。まあいいわ。
09-30 22:45

【2012/10/01 03:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |