他力本願寺レコ発(8/19、難波BEARS)
今日は昨日のようなことはないだろう、と開演時間の7時を10分過ぎたくらいにベアーズについたら、一番手の埋火で出番のはずの須原さんが、場内に流れる放課後ティータイムの「私の恋はホッチキス」を聞きながらニコニコしておられたので安心した。

いつもは関西アンダーグラウンド音楽界のど真ん中の、少し脇で静かに微笑みながらベースを弾いている須原敬三さんが、今日はステージの中心でスポットライトを浴びてギター&ボーカルをつとめる他力本願寺のアルバム発売記念ライヴ、須原さんが30年音楽やっていて初めてのリーダーアルバムという他力本願寺の「ひろう」はさまざまなスタイルのサイケが詰め込まれた玉手箱のようなアルバムで、この日はもちろんこのアルバムの曲をたっぷり演奏してくれた。
ただし、今回のライヴはヴァイオリンが不参加なこともあり、演奏の雰囲気はCDに比べるとはるかにワイルドでハードな感触。特にギターの礼香さんのギターが野太くハードでいい。「リアルファンタジーブルース」はますます混沌を増し、「ひみつ」は忙しく走り回る高野さんのベースラインにノイジーなリードギターが激しく絡み、「ひとりごと」はまるでラ○ーズのように轟音の中で深いエコーのかかった内省的な歌が歌われる。
ラストは初期の羅針盤でも演奏されていた山本精一の「カラス」。そしてアンコールの求めに登場して演奏されたのがなんと想い出波止場の「第三ロック」!須原さん「ちょっと反則ですが」とおっしゃっていたけれど、これ完全にできあがってるやん、オリジナルの曲は歌詞カード見ていたのに、この曲はソラで歌ってはるしw。
あまりの迫力に、終演後客電がついて羅針盤の「せいか」が流れてきても、場内でしばし呆然としていた。

共演のバンドがふたつ。埋火はセカンドアルバムの曲を中心のセット、セカンドも出てもう1年経つのでさすがに演奏がかなり練られて安定しているな。
個人的に今回は特に志賀さんのドラムと須原さんのベースのコンビネーションによる跳ねるリズムのグルーヴがすごく心地よかった。
1.なぞなぞ  2.サマーサウンズ  3.菊坂ホテル  4.ディスタンス  5.夏至  6.タイムレスメロディ  7.Letter  8.テレパシー  9.溺れる魚

名古屋のスリーピースの女子バンド、フリーダム。ベースのゴリゴリっとしたビートが特徴的なファンキーなサウンドは80年代のニューウェイヴファンクみたい。女の子の日常をファニーな振りとSE風のテルミンを交えながら歌うギター担当の人のキャラが強烈で、目が離せませんでした。ちょっとソープ嬢変死など思い出したり。

他力本願寺

シレトコさんという居酒屋が出店していて、日本酒が小さな紙カップになみなみでなんと1杯100円!
島根の天穏というまったりとしたお酒と、名前忘れたけど対照的にシャープですきっとした大阪のお酒。美味しくて翌日朝から健診だというのにかぱかぱ行ってしまいましたよ。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2012/08/20 03:07】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「あべのぼるLAST LIVE何も考えない」発売記念ライブ(8・18、難波BEARS)
仕事にけりをつけて特急に駆け込んで、そろそろ始まったところかなといつものような感覚で7時半過ぎにベアーズに到着したら、なんと定刻スタートしていてトップバッターの三輪二郎が終わるところだった。あとでAZUMIのMCによると風太さんが7時ちょうどに出てって開始の挨拶したとのこと。「山本精一さんがベアーズ始まって以来って言ってはりました」。
あべのぼるさんのこのベアーズで行われた生前最後のライヴのCDの発売記念ということで、この日参加したメンバーを中心に、春一番をあべさんとともに作ってきた福岡風太さんやNIMAといった春一ゆかりの人々が参加するとあって、場内はいつもBEARSであまり見ない年齢層の高いお客さんでいっぱい。あ、いつも緑地野音でみかけるおっきいおじさんもいる。

今回CD化されることになったあべのぼるとAZUMIのライヴをベアーズで企画した豊田道倫が、バットマンのキャップに黒い難波屋のTシャツ姿で二番手に登場。まずはラップトップのビートをバックに声をひずませてあべのぼるさんの「何も考えない」のカヴァーをがなる。2曲目からはテレキャスをかかえて、時にひずませ、時にアンプラグドにしてかき鳴らしながら歌ういつものスタイル。とはいえ僕がライヴで観るのは凄く久しぶりだ。音源はわりと追っているつもりだったのに、初めて聞く曲ばかりだった。露悪的だったり、紋切り型だったりする部分も平気で歌ってしまうその歌の世界はあいかわらず健在、それが不安定な音程のあの鼻にかかった声で歌われると俄然センチメンタルな艶を放ちだす。ひたすら聞きほれていた。特に終盤に歌われた新作からの「あいつのキス」はギター演奏も含めて勢いがあってよかった。ノイジーなエンディングからしずかにあべのぼる「天王寺」のカヴァーで終了。

真っ赤なアロハを来たAZUMIがぼろぼろのアコースティックギターを抱えて登場。間近に浴びるその歌とギターの見事さにあらためて撃たれる。海苔の缶に材木つけただけのような自作の1弦ギターをボトルネックでたくみに操って歌われたあべのぼるメドレーが凄まじかった。ブルーズでパンクで、フリーミュージックでもある。でも何より、迫力のある歌だった。さらに、あべのぼるの他の歌や西岡恭蔵の「サーカスの終わり」もはさんで歌われたラストの「夜が短い」が素晴らしすぎた。語りで挟み込まれたあべさんのことばがひとつひとつ胸に迫った。たとえばこんなの。「オレが女やったらお前のションベン飲んだるのに」。

なんと山本精一のギターとNIMAのダンスのコラボレーション! 静かにディレイを駆使して静かに爪弾かれて重ねられる山本さんのギターが断続的に高鳴っていき、NIMAさんの体のうごきががギターの音色と重なったり外れたりしながら大きくなっていく。揺れ動く照明のなかで轟音のフィードバックが高鳴り、NIMAさんの体が伸び上がり、静止する。

最後は「あべのぼるLAST LIVE」の布陣よろしく山本精一のドラムスに豊田道倫、三輪二郎、AZUMIがギターを弾くスペシャルバンド。福岡風太もなぜかヴァイオリンを手に登場し、まず先頭を切って相棒あべのぼるの歌を調子っぱずれに歌い、あべとは生前付き合いがなかった三輪に、そしてデュオを組んでいたAZUMIに引き継いでいく。
アンコールの拍手に応えて登場した風太さんから、あべさんへの深い思いのこもった一言と一節。大きな拍手。
いい夜でした。

春一番
BEARSに春一番のちょうちんが飾られ、福岡風太が山本精一をバックにステージに立つなんて日がくるとは想像しなかった。これも縁なんだな。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2012/08/19 16:41】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08/12のツイートまとめ
takutee

灰野さんは歌もギターも一音一音そこになくてはならない音をさぐりだして確実に鳴らしているようだった。
08-12 00:31

このBroaDJ のステージ30分押しやな。つうことは、大友さん前にちょっと小室のそけるし、幻の名盤解放同盟の前に旅人ちょっとみれる!?
08-12 00:48

ターンテーブルをシンバルで押さえつけ、揺らし、しまいには持ち上げるわ叩きつけるわ…パイオニアDJのロゴの隣の大スクリーンに映し出される大友さんの狼藉行為w #freedommune
08-12 02:22

旅人の1曲めは弾き語りでなんとI'm Proud!
08-12 02:42

結局旅人最後までみて幻の名盤解放同盟に。またしゅぽぽぽ言ってるww アシーッド! #freedommune
08-12 03:45

そろそろマヌエルごっちんが始まるころかと思うけど、幻の名盤解放同盟終わりで離脱、始発を待ってる。
08-12 04:36

朝だというのに蒸し暑いな。
08-12 04:38

始発ののぞみの自由席に駆け込み。このまま山口の奥さんの実家に向かいます。席空いてないなあ。どこかで座れますように。
08-12 05:51

奇跡的に座れた!ごっちん師のE2-E4聞きながら、広島までお休みなさい。
08-12 06:04

6時に東京を出た新幹線が、1時間以上遅れてようやく名古屋に着いた。
08-12 08:45

【2012/08/13 03:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
08/11のツイートまとめ
takutee

インビ忘れて取りに戻る(汗
08-11 10:45

名古屋・三河安城間大雨のため不通、で東京駅が満線状態だとかで目前にして新幹線動かず、日比谷シャンテをかれこれ20分くらい眺めてる。
08-11 16:44

そんなことなら品川で下ろせよ。
08-11 16:51

ようやく東京駅に入線。
08-11 16:56

東京駅凄いことになってるな。明日あさ無事帰れるのか。
08-11 17:01

とりあえず新幹線は運転再開のようです。
08-11 17:02

なんとノイズオリエンテッドな(?)FREEDOMMUNEのMYタイムテーブル http://t.co/YSRcBKUG #DOMMUNE #tametebo
08-11 17:15

ネズミーランド通過。幕張メッセって遠いねんなあ。
08-11 17:30

幕張メッセ到着。お洒落なぱーりーぴーぽーばっかりやたらどうしようと心配したけど、これなら大丈夫。
08-11 17:52

ようやく開場なのかな。
08-11 18:10

続きを読む
【2012/08/12 03:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |