スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
難波ベアーズ25周年記念~少年ナイフ結成30周年記念ライブ&トークショー(4/22、難波BEARS)
ここしばらく仕事が忙しくて精神的にも時間的にも余裕がなく、ライヴに出かけることができなかったのだけど、せっかくの休みに家でぼんやりしていてもしかたないし、ひさしぶりに重い腰を上げてよいしょっと出かけることにした。この日は他にも刺激的なライヴがいっぱいあったのだけど、しばらく出かけていないとハードルが高くなってしまう。こういうときは通いなれた場所を選ぶのが一番です。で、ベアーズ、みんな大好き少年ナイフ

この日はライヴとトークショーの二部構成で少年ナイフの歴史を振り返ろうという趣向だった。
第1部は「少年ナイフ30年の歴史が聴けるライヴ」、おなじみのジングルにのせてモンドリアンルックでメンバーが登場し、まずは6月に発売される最新アルバムからのナイフらしい軽快なロックナンバー「Welcome To The Rock Club」でスタートする。間髪いれずベースのりつこさんの「ワンツスリフォ!」のカウントでラモーンズカヴァーになだれ込み、さらにハードなメッセージソング「Economic Crisis」からブギー曲「Pyramid Power」にというオープニングの流れがすばらしく強力だ。今のメンバーのナイフがバンドとしていい状態なんだなということが伝わってきて嬉しくなってくる。
今回のライヴは最新作から1作ずつアルバムをさかのぼって1曲ずつ演奏していくという文字通り「少年ナイフの歴史を振り返る」セットだったのだけど、特に前半演奏された最近のナイフのアルバムの曲が、あまりちゃんと最近のナイフをおっかけていない僕にはなじみの薄い曲ばかりなのだけどどれもたいへんよかった。オリジナルメンバーのみちえさんが脱退して山野姉妹2人になった彼女たちがチャイナさんをサポートに迎えて以降、メンバーチェンジを繰り返しながらもストレートななロックンロールのバンドを続けることを選んだ「迷いのなさ」ゆえの勢いというものだと思う。
後半ではりつこさんやドラムスのえみさんがボーカルをとる場面も。りつこさんの歌った「キャットニップドリーム」はみちえさんの曲で、もうライブで聞く機会はないかと思ってたから特にうれしい。
ライヴのハイライトは、ラストに演奏された最初期インディーズ時代の3枚からの選曲。たとえば「ロケットに乗って」とか「ジェリー・ビーンズ」「ツイスト・バービー」のような今でもよくライブで演奏される代表曲ではなく、選曲されたのは「カッパ・エキス」から「バナナ・リーフ」「バーニング・ファーム」の3曲。今聞くとNWっぽい香りのする独特なポップなセンスは、おそらくみちえさんの役割が大きかったんだろうなと思うのだけど、これが若いリズム隊による今のナイフの強力なウンドで再現されるのがミソ。特に「バーニングファーム」はかっこよかった。
アンコールはレコードデビュー前に50本限定で自主制作されたカセット「みんな楽しく少年ナイフ」から「つるの一声」。曲と言うか、文字通り「つるの一声」なんだけど…。

配置転換をはさんでの第2部は柴田さんの司会でなおこさん・保山さん・ガンジーさん・平川さん(ゼロレコード)によるトークショー。最初期の貴重な写真や映像が見られたり、音源(前出の「みんな楽しく」カセットや、服部緑地野音で行われた3回目のライヴのテープなど)やいろいろんな興味深いエピソードを聞くことができた。「90年代にメジャーデビューするまではエッグプラントでの数回以外には自分たちのブッキングでライヴを行ったことはなかった」とか「心斎橋のウッドストックで18本売れた「みんな楽しく少年ナイフ」のテープは山塚アイも大のお気に入りだった」とか「直子さんがナイフの前に参加していたバンドで関西ローカルのアマバンの番組に出演したとき、ゲストの忌野清志郎に質問コーナーで「髪の毛はどうやったら立つんですか?」とたずねた」とか。84年にセカンドアルバム「山のあっちゃん」を出したところまでで時間切れで終了。当時イベントで何回か少年ナイフ見たなとちょっと回顧モード。

僕がライヴハウスに通いだすきっかけになったのが、94年にベアーズで行われた少年ナイフのフリーマーケット&ライブだった。ついこの間のことみたいな気がするのだけど、あれからもう18年も経つのか。
永遠にとはいわないけれどBEARSも少年ナイフももうあと15年くらいは続けて欲しいな。僕が引きこもりにならないように。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2012/04/25 23:15】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Altogether Alone/ 春一番/不思議なお話を/音楽が終わったら
3/26(月)
休みがあってもだいたい昼まで寝てしまって、一日そのままうだうだ1日という最近のパターン。さすがにちょっともったいないので、クリーニング屋みスーツ出しに行くついでに。自転車にのって、ちょいとそこまで歩きたいから♪
新千里南町のKAMレコードや二の切の古本市場をぶらぶらして帰宅。
KAMレコードではハース・マルティネス「ハース・フロム・アース」を購入。山本精一さんがソロのライヴで何回かカヴァーしていたボサノバ調の「Altogether Alone」が収録されている。このタイトルはどういう意味なんだろう、と思って調べてみたら、なんとUFOとの出会いの歌だった。
UFOがやってきて現れた宇宙人が「これからは僕らがそばにいるから一人でも平和と調和の中でやって行けるよ」って言った、みたいな感じかな?てっきりスピルバーグの「未知との遭遇」のコピー「We're Not Alone」を踏まえたものかと思ったら、こちらの方が2年も早かった。もしかしたらスピルバーグがこの歌にインスパイアされたのかな。

パッケージングがあまりに愛情こもって立派なので、いきなりiPodで聴くのがためらわれて聞けていなかった(ほんとは一度だけミニスピーカーに繋いで聞いた)、わすれろ草「みみくりげ」をようやくオーディオで聴く。
細かいところに工夫の凝らされた音作り、ゑでぃさんアキツユコさん一平さん三者三様のボーカルの味、そしてイメージの膨らむ不思議な詞の世界。一番好きなのはやっぱり「レム王子」かな。

3/27(火)

春一番 - ハンバートハンバート
いいねえ。

晩飯食いながらANIMAXて録画していた「まどマギ」第7話。ひたすら鬱展開の回という印象だったけど、前半の杏子の回想が人形劇だったり、クライマックスのさやかの戦いがシルエットだったり、美術面の演出が見所多し。
クライマックスは、やっぱりDVD版の方がさらに悲痛度がアップしているような気がするな。

うまくいかないことに、めんどくさいことが重なって。
管理職だからしかたないねえ。
余計なこと考えずに寝る。

3/28(水)
さすがにパッチ(a.k.a.ヒートテック)を履くのは止めることにした。
そうして一歩ずつ春が近づく。
「あの夏を忘れない」最終回、いいなあ。早く夏にならないかなあ。

なんとなくスペースシャワーを付けていたら、イギー・ポップからパティ・スミス、トム・ヴァーレインを経てヴェルヴェッツという流れで見入ってしまう。「スウィート・ジェーン」、再結成ライヴの映像かな。別にNYパンク特集と言うわけではなかったようで、CM明けはなぜだはヘンリー・ロリンズが体真っ赤に塗って絶唱していた。
その後ランシドとかNOFXとかいまどきのバンドに移っていったので寝ることにする。

3/29(木)

毎度お馴染み閉店間際のなんばタワーで散財。「ノイ!75」「そっくりモグラの毛語録(エクスパンデッド・エディション)」。そして以前見て気になっていた小泉今日子の30周年記念ベスト盤「Kyon30~なんてったって30年!」
ここまではともかく、ライノからでているイエスのベスト盤なんてものを買ってしまった。
円高とはいえ2枚組で1000円は安いよな(amazonだと991円!)。タイトルになった「不思議なお話を」は好きな曲だし、いまさらイエスのオリジナルアルバム揃えることなんてまずないだろうし。
新しい音楽なんてひとつもありません。いいよ、もう、トシ相応で、昔の音楽しか聞かないことにする。
(ウソです、そんなことできません)

3/30(金)
夜になってもあたかいのう。

3/31(土)
朝から雨。
キラキラ最終回をポッドキャストで聴取、小島慶子さんも水道橋博士も力入りまくりでちいとしんどい。
まあ最後だからしかたないね。
そして町山智浩さんのコーナーのポッドキャストはなぜだか尻切れトンボでちょっと中途ハンパでありました。

本日のRTは宇宙エンジン1号ことインキャパシタンツ/非常階段の小堺さん。

「音楽が終わったら/灯りをつけよう/音楽は君の特別な友達」でも、本当は灯りをつけたくないのか知れない。灯りを点ければ、部屋の中で一人でいる自分が見えてしまうから。
https://twitter.com/#!/pukka_white14/status/185991691986153473

雨が止んで空気が冷たくなった。
朝雨でバスに乗ったので、駅から歩きで帰らなければならないのだった。
イエス聞きながら服部緑地を歩く。梅がよく咲いていてオツな感じ。寒いけど。
イエス「不思議なお話を」って考えたらこの曲聞くのって昔高校時代にエアチェックしたテープ以来、たぶん25年ぶりとか。
80年代には初期イエスのような長いプログレはダサいもんとされていて、ZTT流のオーケストラヒットをフィーチャーした「ロンリー・ハート」は従来のイエスのイメージを覆す最先端なポップチューンだったんだけど、「じゃん!」の賞味期限の切れた今となっては「ラウンダバウト」の方が遥かにポップでクール。

そして緑地でいつも最初に花をつける、民家集落の前の桜の木のつぼみが開花の準備万端。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2012/04/01 03:44】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。