01/30のツイートまとめ
takutee

にかさんのUstやってる!楽しんでたのに生駒のトンネルに突入で残念。お、出たか (http://ustre.am/sOdW)
01-30 20:26

休憩に入ってしまった。 http://ustre.am/sOdW
01-30 20:30

こんな時に限って電池がない…。
01-30 20:39

スポンサーサイト
【2011/01/31 10:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キック・アス/わすれがたみ/有田焼
1/27(木)
朝寝をせずに、ひさしぶりにひとり映画を観に出かけることに。
テアトル梅田で「キック・アス」
女に縁もなく、ただマンガにうつつを抜かしすおたく高校生が、ある日ふと、自分もスーパーヒーローになろうと思いたつところから始まる冒険活劇。
血も涙もないホンモノのスーパーヒーロー父娘や敵役であるギャングの親玉はもちろん、そのボンクラ息子やその他主人公にからむ登場人物が、脇役まで本当によく生き生きとしてるし、コドモには見せられないエグめの暴力描写の切れのよさときたら、見事なもんです。
もう別にエントリー立てて書くことなんか何もないなあ。
おもしろかった。おもしろい映画が観たいと思っていて、まだ観ていない人はとにかく観てください、って感じ(これもこんだけ評判になってからじゃいまさらな物言いだけど)。
ストーンズの歌にもあった「欲しいものが手に入るとは限らない。でもとりあえずやってみろよ、いつかはかなうかもしれないぜ」っていう単純な真実を、いまさら教えてもらったようないいラストでした。
110127アイリッシュカリー
アイリッシュカレー中津店でアイリッシュポークカレー850円。
そうかこんな梅田からすぐのところにアイリッシュカレーがあったんだ。文句なし。
Po'Boy Records
うろうろしていて見つけたPO'BOY RECORDSというレコード店に入ってみる。
アメリカンルーツミュージックの専門店で、ウッディでしゃれた店内にたくさんのブルーズやフォーク、マウンテンミュージックなどのアナログやCD、古い「Sing Out!」など雑誌までそろえていて、ぼくは完全に門外漢なんでけど、そういう方面の好きな方にはたまらない品揃えなのではないでしょうか。
AZUMIさんや、先日亡くなられたあべのぼるさん、良本優作さんといった大阪のミュージシャンのCDやCD-Rが並んでいるコーナーがあって、お聞きすると、このあたりのミュージシャンの方との交流が深い様子。あべさんと福岡風太さんの笑顔のツーショット写真がいい。
久保田麻琴さんの名盤「まちぼうけ」と並んでディスプレイされていた音羽信「わすれがたみ」試聴させてもらって、購入。久保田さんのアルバムと同時期に作られた対になる一枚とのことで、バッキングも夕焼け楽団が担当しているのだけど、受ける印象はもっとダークで、確かに対照的。
「まちぼうけ」に入っているのと同じタイトルの音羽さんの詞の曲が2曲ほど入っているのだけど、まるで別の曲です。エンジニアを吉野大作さんが勤めていたようで、ライナーも書いてられるのがびっくり。
本当はあべのぼるさんのCD-Rとか買えばよかったかな、とあとで思ったんだけど、「ポーボーイ」といえばアシッドな空気感のある野坂昭如さんの名曲を思い出してしまって、僕の中ではつながってるんです。

奥さんが阪神百貨店の駅弁まつりで買って来てくれた佐世保線有田駅の有田焼カレー。有田焼の丼に入って2000円(プレミアム版)。ちなみにプレミアム版と通常版(1500円)はどう違うかと言うと、器のグレードが違うらしい。
いやカレーは旨いし、器も立派なのだけど、これって駅で買って列車の中で食えるの?
110127有田焼カレーパッケージ 110127有田焼カレー
「紙のおとうた通信」2月号到着。
定期購読のおまけの鈴木画伯のイラストのバッジがかわいい。

1/28(金)
なんばwalkの西端、日本橋のたんと定食黒べえで土鍋タンカレー定食950円。見た目豪華だけど、土鍋の意味は特になし。茄子もタンもルーになじんでなくて残念な感じ。お店は2月頭に閉店だそうですが。
110128黒べえ

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/31 09:43】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・ベストテン
1/23(日)
朝から出勤。1時間前のつもりで出勤したら、勘違いしていたようで本来の出勤時間だった。あぶね。

帰りに難波のタワーレコードに寄って散在。
山本精一さんの今度の「PLAYGROUND acoustic+」は、昨年の「PLAYGROUND」のレコ発ライヴでも予告されていたもので、正直今回は見送りかな、と思ってた。だってこのライヴのおまけでアコースティック版「PLAYGROUND」のデモCD-Rもらい、さらに物販でアコースティックギター弾き語りによるCD-R買ったし。ところが試聴してみたら、ギターの音と山本さんの歌声が想像以上に生々しく、揺さぶられまくって購入することに。
他には浅川マキさんの初CD化、「裏窓」を。浅川さんの歌は亡くなってから気になって少し聴いているのだけど、正直のところ、いまだにどれもがすごくよくわかるということはない。たとえば初期の代表曲とされる「かもめ」とかぜんぜんピンと来ないんだけど、このアルバムに入ってる「こんな風にすぎて行くのなら」とか「引越し」は、最小限のシンプルなバッキングによるポップなサウンドの不思議に柔かい空気感が大好きなのだ。店頭ではファーストの「浅川マキの世界」が売り切れの様子。
他にザッパ&マザース「グランド・ワズー」、ファンカデリックの初期作の紙ジャケ再発、ケイクの新作など。
ファンカデリックのおまけのバッヂが、いい感じ。
蛆虫脳
家に帰って、奥さんが借りてきたいしいしんじの絵本「なきむしヒロコちゃんはかもしれない病かもしれない」を読む。めちゃおもろい。作者自身の手によってヘタウマに描かれたたくさんの登場人物が、めいめい勝手にしゃべってるのが楽しい。

1/24(月)
昨日タワーで買った「映画秘宝」のは2010年度のベスト映画特集。いやあ、去年はさっぱり観てないからねえ。こういうの読んで観たつもりになっちゃいけないとは思うんだけど。
もっとひどいのは音楽雑誌のベスト10。映画と違って、けっこうCD聴いてると思うのだけど、自分のお気に入りはさっぱり出てこない。「ミュージックマガジン」のジャンル別ベストにリストの中で、僕がベストにリストアップしたものなんて山本精一「PLAYGROUND」しかない。
でも立ち読みした「SNOOZER」とかもっとひどいぞ、ベストアルバム50のうちに、聴いたことのあるアルバムすら1枚もない。いや、ウソです。くるりのアルバムは聴いたな。
「SNOOZER」がプッシュするような「ロックンロールの現在形」とは無縁だ、ということなんでしょうね。まあ「SNOOZER」はポリシーが特にはっきりしているだけで、ROもクロスビートも、年間ベスト選ぶようなメジャーな洋楽系音楽誌はたいして変わらないだろうと思います。しかし「分断化が進む2010年に、確固としたオリジナリティと刺激をもたらした50枚のアルバム」ってコピー、スゴイなあ。
いちばん自分が去年聞いた音楽との接点が大きかったのは「レコード・コレクターズ」のリイシューベストの、「日本のロック」(湯浅学選)。エンケンのBOXと浅川マキさんのベスト、EP-4の3点が含まれてました。
別にリイシューばかり買ってるわけじゃないんだけど。

1/25(火)
朝っぱらから、娘が図書館から借りてきた野村美月「“文学少女”と死にたがりの道化」(ファミ通文庫)を一気に読んでしまい、二度寝し損なう。
なんだよこれマンガじゃんとか思いながら読んでいたのだけれど、太宰に自らを仮託するような、思春期にはありがちな、ぞじてそれゆえに大変やっかいな自意識の危機をいかに救うかというクライマックスの泣き笑いに、いや、ライトノベルでなければできない表現はあるんだなーと痛感しました。とりあえず子供に続き借りてこさせよう。

池田敏春監督の死をツイッターのTLで知る。何回も書いたけれど、「人魚伝説」は僕のオールタイムベストの1本だ。その後の作品をそれほど熱心に追っていなかった者の言えるような事ではないのかもしれないけれど、こんな作品を一作でも世に出した人がそんな死に方をする必要はないのに、と心から思う。


1/26(水)
最終の急行に乗れず、鈍行で帰る。ワンセグでNHKの「SONGS」佐野元春を視聴。生駒山に阻まれながらも「SOMEDAY」だけなんとか見ることができる。声の荒れっぷりにちょっとびっくり。俺がカラオケで歌ったほうが上手いんじゃないか?でも、
この荒れた声の感じはこの歌にイイ!と思う。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/27 02:30】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01/22のツイートまとめ
takutee

なんとなく見始めた「宇宙戦争」最後まで見てしまったなう。スピルバーグ映画で最強だと思うのだけど、どうも多数派ではないらしい。人々が逃げ惑い、ただただむごたらしく虐殺されていく戦時下のアメリカを、あれだけえげつなく描いたというだけでも凄いことだと思うのだが。
01-22 23:41

【2011/01/23 10:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
奈良彷徨/千里彷徨
1/21(金)
防火管理者講習を申し込まなければならないのを忘れていて、大慌て。
HPをチェックしたら定員に達していなくて申込期間延長中であったので、少し早く出て奈良市防災センターに出かける。

どうも交通機関がバスしかないようなのだけど、これが1時間に2本しかない。仕方がないので、新大宮からタクシーに乗ろうと思うのだが、駅前で捕まえれば良かったのに、二条通に出たらまったくやってこないので、とぼとぼと24号線方面に歩き出す。いやあ、まったく通らないですねえ、タクシー。仕方ないので腹を決めて24号線を徒歩で南下、紳士服店やラーメン屋、DVDショップ、ドンキホーテなどが並ぶ味のない国道の風景を横目に30分ほど歩いて、防災センターに到着。
帰りはそのまま西に20分ほど歩いて西ノ京の駅に。こっちは薬師寺があって、いわゆる奈良らしい風景。
iPodのザッパの「ベスト・バンド」は国道の方がマッチしていたかも。

少し早めに家出たのに、結局定時に戻れず。一日バタバタ。

「ミュージック・マガジン」は佐野元春の特集。
へーAkron/Familyの新しいの出るんだ、買わなきゃ。

そして久しぶりに聞き返した「ベスト・バンド」は、やっぱりラストの「天国の階段」に大笑い。レゲエアレンジで、緩く始まって、最後のギターソロのとこからテンポアップ、件のソロはホーンで完コピwww!!
この日の歩数、1万歩超えたw

1/22(土)
午前中、熟睡。
昼から娘と千里中央へ。

サンタウン専門店街B1のジャンボカレーでトンネルカレー700円。カツ丼風の卵とじの豚カツにカレーのルーがかかった珍品。
なぜ「トンネル」なのか、店のお姉さんに聞いてみたけれど「わからない」と言われた。
110122ジャンボカレー
セルシーで何か歌手のイベントが終わったところだった。どうやらミヒマルGTの人のソロだったみたい。ちょっぴり残念。
Labi、田村書店とうろうろして、千里図書館でぼんやり。
新しい千里図書館、初めて入ったけど、広々としてきれいで本の冊数も多い。
でも、いま家に読んでない本がいっぱいあるからなあ。

懲りずに晩もレトルトでカレー。以前も食べたMeijiの茄子とひきにくのカレー。玉ねぎのみじん切りの舌触りがグッド。レトルトカレーで最強ではないか。
110122Meijiナスとひき肉のカレー
地上波でやっていた「宇宙戦争」をちらっと覗いたらまた最後まで見てしまう。
スピルバーグの映画でいっちゃん好きかも。

そして今年もどうやらハルイチが開催されるらしいという報にホッとする。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/22 23:53】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
01/21のツイートまとめ
takutee

うわあこれは何かわからんが凄そう。 RT @tomokiy: 修学院駅から徒歩3分の謎の喫茶店、店内はこんな感じ。→ http://twitpic.com/3rxfxs
01-21 23:45

【2011/01/22 10:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
人のセックスを笑うな/連れて逃げてよ
1/17(月)
深夜、チャンネルNECOで「人のセックスを笑うな」(2007)。永作さん演じる年上の講師との情事に舞い上がってめろめろになってしまった美大生の松ケンに、同級生の蒼井優たんは気が気でない、という、まあうらやましいお話。永作さんが下着姿で歩き回ったり揉み合ったりするくらいで激しいセックス描写はない。もちろん蒼井優にそんなシーンはあるはずない。永作さんの夫役であがた森魚さんが登場したのにはちょっとのけぞった。基本ミニマルな映画で、永作さんも蒼井優たんもかわいいなあと見ているうちに、眠たくなって、いい夢を見れそうなので、残りは録画して寝ることにする。

1/18(火)
行きの本屋で「レコード・コレクターズ」増刊の「フランク・ザッパ/キャプテン・ビーフハート・ディスク・ガイド」を購入。パラパラめくりながら、通勤中に久しぶりにザッパを聞き返してみる。どのアルバムもかっこいいなあ。とっつきはジャズロック風味の「ホット・ラッツ」「ワカ/ジャワカ」だったのだけど、今聞くと「いたち野郎」の振幅の大きさは本当にカッコいい。初期はどっちかというと苦手で「フリーク・アウト」位しか聴いていないのだが「アブソルートリー・フリー」とか聴いてみようかね。

なんか毎晩特急で帰ってるなあ。
えー、「人のセックスを~」の続き、永作さんが消え、色っぽいシーンがなくなり、眠くなったので30分残してお休みなさい。

あーそうそう、話題のジム・オルークの「矢切の渡し」レッスン@BS朝日見ました。

「少し恥ずかしいけれど、がんばります」って、ジムさんカワイすぎる。

1/18(水)
今日も特急で帰る。完全に近鉄の思う壺。

おおっムービープラスで「愛のむきだし」やってるやん。ちら見したらむっちゃおもしろい。
これはちゃんと最初からみたいなあ。ということで再放送を録画することにして、たまってる「てっぱん」を片付けて、「人のセックスを笑うな」の続き。優たん酔っ払った松ケンをホテルに連れ込むが、何もおこらず…というあたりからラスト、すげえおもしろかった。うん、おもしろい映画じゃない。見終わるのに3日もかかったけど。だらだらが味とはいえ、もう15分短くしてくれればかなり良いのではないでしょうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/20 01:45】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
01/17のツイートまとめ
takutee

ゑでぃまぁこんとふちがみとふなと@ムジカ!こんな組み合わせが!http://bit.ly/gsaLr1
01-17 01:06

【2011/01/18 05:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミスティを私に
1/10(月・祝)
いやあ寝た寝た。

散髪。頭が寒い。

ゑでぃまぁこんの10インチに針を落としてみて、音の劣化ぶりに愕然としてB面を聞けず。
針替えなきゃ…。

夕方からミナミに。浪速区役所前のタージマハールエベレストでチャレッテフィレッテセット1,200円。マトンのカレーにナンとサラダ、ドリンク付。
中辛にしたけれどけっこう辛くていい感じ。
110110タージマハールエベレスト(難波)
豊中の店と味が同じかどうかは不明。

ベアーズで猫と猫アレルギーのギタリストとコタツを見る。

1/11(火)
奥さんの借りてきた鴨志田 穣「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(スターツ出版)
読了。おもしろかった。恐い話なんだけどね。
てかカモちゃん同い年かよ。

1/12(水)
A is as tall as B.(1)は、
「AはBと同じ背の高さである」(A=B)という意味だと思っていた。
ところが、A is not as tall as B.(2)だと
「AはBほど背丈がない」(A<B)になるのはなぜか?
(1)の否定なのだから「AはBと同じ背の高さではない」(A≠B)ではないのか?

実は(1)は「AはBと同じくらいの背丈はある」つまり「AはBと同じ背丈か、Bより背が高い」(A≧B)が意味するところなんだって。
なーるほど。

夜、ムービープラスでイーストウッドの「恐怖のメロディ」(1971)最後の部分だけ見る。
こえええ。

1/13(木)
朝から晩までどたばた。

深夜「魔法少女まどかマギカ」というアニメをなんとなく見る。
魔法少女が魔女と闘うという、プリキュアとかどれみみたいな話をいまどきの深夜アニメらしい萌キャラでやってるんだけど、魔女の現れる異界の造形がアウトサイダーアートみたいな異形ぶりでちょっとおもしろい。

1/14(金)
朝から晩まで、ばたばた。

1/15(土)
朝から晩まで、ばたばた。
とりあえず初期の目標値は達成。

近鉄の休日ダイヤは酷い。夜9時半以降は急行がほとんどなくなる。
明日休みだというのに仕事が片付かずおたおたしていたら、最終の準急に乗りそこない、各停に。
駅に止まる度に開く扉から夜風が吹き込み、寒い。
あまりの寒風に駅から自転車に乗る気がせず、タクシーで帰宅。

1/16(日)
寒波襲来。奈良は最高気温3度らしい。
寒くて動く気がしないし、二度寝していて、意識が戻ったら昼前。
持ち帰ったはずのしごとが持ち出せてなくて、スーツに着替えて緑地を歩き、最寄に赴き社内メールを開く。
昼間っから息が白いぜ。
110116S&B 110116S&B8種の彩り野菜カレー
晩飯にレトルト、S&Bの8種の彩り野菜カレー
トマト味にクミンが良く利いていて、なかなか工夫されてる。

Phewの「万引き」レコ発ライヴのチケット(Phew+Dowserの1曲入りCD-Rつき)がベレケットから届いた。
アルバムは去年の僕のベスト、さらにバッキングに石橋英子(p)、ジム・オルーク(b,syn)、山本精一(g)、山本達久(dr)、山本久土(g)、向島ゆり子(vl)そしてbikke(g)という最強布陣。
ちょっと難しい日だけど、絶対休んで行く!
とりあえずその日まで、私、生きる。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/16 23:22】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新春猫アレルギー祭(1/10、難波ベアーズ)
山本精一・梅田哲也・猫(本当の生き物)という謎の出演者に惹かれ、ベアーズで行われた「新春猫アレルギー祭」に行ってきました。受付には「会場内のあちこちに猫がいますので開演後の出入りはご遠慮ください、静かに願います」というような貼り紙があって、猫観戦ムード(?)を高めてくれます。
ステージ上下手にはコタツが置かれ、そこから天井に仕掛けられた滑車を通じてロープで釣り下げられた羽ぼうきの先に、銀色のお皿がぶら下がっています。またコタツの前には段ボール箱の上にごちゃごちゃ何か装置が置かれていて、このあたりがどうも梅田さんの本日のしかけらしい。ステージ上手側には三線(二胡?)・ギター・パーカッションなどが並べられていて、まずは山本さんが登場して胡座をかきます。舞台の上に猫が放たれ照明が少し落とされるんですが、正月風BGMも消えぬまま10分ほど、まったく楽器に触らないまま、ステージの上や客席をうろうろする猫ちゃんの様子見。猫ソロですか。これで第一部終わり。
猫こたつギタリスト
山本さんがステージ中央で猫缶を皿に開けて第二部が開始、猫ちゃんちょっと突いただけであとはそ知らぬふりのつれない態度。山本さん二胡だか三線からギターに持ち替え、弱音で優しく静かな演奏を続けます。アンビエントシリーズ「Music For Cats」と言う感じ。それなのに山本さん近づいた猫に「シャーッ」と威嚇されたりして。そしてステージ中央に吊り下げられた羽ぼうきとお皿も静かに上下を始めてる。あれ、梅田さんもしかして姿見なかったけれど最初からコタツの中にいるの!?コタツからコードの伸びたモーターが振動を始め、ダンボールの上の灰皿に乗せられたなんだかんだが落下し、コタツの上のボールが落っこち、コタツの蒲団の隙間からロボットが出撃し、干物のついた釣竿が伸びても、猫ちゃんはじっと眺めたりうろうろしたり、いたってマイペース。果てはステージ中央で二匹無言の睨み合いが勃発して、「はいもう喧嘩はやめてね」と山本さんが仲裁に入り、約45分の第二部終了。

「失敗だったかも…そっとしといてくださいね」とか終演後のMCでおっしゃってた山本さんですが、山本さんと梅田さんの力の入ったもてなしっぷりと、一向にペースを崩さない猫ちゃんの間の微妙な空気が最高におかしかったし、おもしろかった。山本さんがちらっと口走っていた「「場」の実験」として成功だったと思います。
いや確かにアホな企画なんだけど、ベアーズでこのタイトルでこの出演者みてアホな企画以外の何を期待するのですか?そしてMCによると山本さんその人が猫アレルギーだそうで、確かに息苦しそうで、命がけでアホなことやっているんですよ。梅田さんなんか開場のときから少なくとも2時間はコタツの中にもぐったままですよ。
そしてなんといっても猫が可愛くて、特にほぼひとり(一匹)好奇心たっぷりでうろつきまわっていたピカチュウの猫ちゃんは見ていてあきなかった!小学生のころ犬を飼っていた以降、動物にはまったく興味のなかった私ですが、ちょっと猫飼いたいと思ったりしましたよ。いやもし飼ったら、麻薬のようにずっと猫と遊んでしまいそうで恐いわ。まあ、まず奥さん無理だと思うけど。
続きを読む

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2011/01/15 01:08】 | ライヴ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
渋谷系/あのこが小鳥と話すとき
1/6(木)
東京出張。
年始の顔合わせみたいなもんで、昼から会議の後懇親会があって、最終の新幹線でとんぼ返りというパターン。
せっかくだからと少しだけ早く出て、渋谷に出て見た。百軒店にあるムルギーというカレー屋に行ってみようと思ったのだが、休みだった。道玄坂から百軒店のアーケードをくぐると、いきなり有名なストリップ劇場の道頓堀劇場が。風俗紹介所と昭和レトロな店が混在するエエ感じな一角です。そのままラブホテル街に迷い込み、ふっと出てきたところにユーロスペースが。うーん、昔「ゆきゆきて神軍」を観たのはここだったっけ。センター街から西武百貨店のあたりをうろうろ、たどりついたパルコの地下のリブロで「柳下毅一郎の本棚」をのぞく。なんかおもしろそうな本があればと思ったのだけど、持っていない本は高くて大きい本ばかりだったので、目を楽しませてもらって退散。宇田川町、昔シスコのあったあたりは、フォークロアテイストな小さな店やカフェがあって、往年のサブカルな空気が残ってる感じ。確か昔このへんにタワーレコードとかCSVとかあったよなあって、どんだけ昔の話じゃ。and peopleというこじゃれたカフェダイニングでトマトカレーのセット1050円。
110106and people

吉田豪の三國連太郎インタビューが載ってると言うので、帰りの新幹線で読もうと思って売店で「週刊現代」を買って乗り込んだら、載ってなかった。間違えた、「ポスト」だった。

1/7(金)
ちょっと意地になって「週刊ポスト」を買った。

忙しいかと思ったらさほど。
深夜、帰宅したら不在票が。ギューンカセットからの荷物、や、ゑでぃまぁこんのアナログではないか!

1/8(土)
早朝から深夜までおしごと。忙しかった。
ゑでぃまぁこん到着。LPよりちょっと小さいくらいの10インチというサイズ、7シングルとは違うずっしりした重みとジャケットの存在感がうれしい。今晩はまだ聞けないっす。
あのこが小鳥と話すとき

1/9(日)
今日も朝から出勤。西大寺寝過ごした。
終日バタバタ、深夜帰宅。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/10 15:46】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
初詣/カレー3が日/ミック・カーン死去
1月3日(月)
正月休み。せっかく奈良に縁ができたので、家族で春日大社に初詣に出かけてみる。
鹿がいっぱい。娘は鹿せんべい買って大喜び。
鹿1 鹿2
手水場にも立派な鹿の像。
手水場
おみくじ、いまいちだった…。
おみくじ

大阪に戻ってきて、梅田でバーゲンをちょい覗いてから、ヒルトンのWorld World Buffetで晩飯。
日本のバイキングはどこでもカレーがあるのがすばらしい。それなりにスパイシーな風味もあり、まずまず食える。
110103WorldWorldBuffet
この手のバイキングにしては、この店はデザートがちゃんとしている。女性客にアピールするだろうし、なかなか画期的。

1月4日(火)
正月休み。家でうだうだ。
散髪しようと昼から出かけたら、まだ店やってなかった。開いてる美容院は3時間待ちとか言われるし、あきらめて退散する。
録画していた「スコラ」のジャズ編をまとめて見たり。
110104カレーマルシェ
カレーマルシェ。

1月5日(水)
出勤。ここから今月は休みがあまりないのだ。
西大寺の宮本むなしでカツカレー650円。一見カレーに見えるが実はカレー以外の何か。
昔は「ブルーノ」のカレーを名乗っていたと思うのだけど、さすがにブルーノ側がコレはヤバいと思ったのか、むなし側がブランドの価値がないと判断したのか、最近は謳ってないのね。
110105宮本むなし

ミック・カーンがガンで死去との報。
YouTubeでJapanの動画を探す。CD1枚も持ってないけどけっこう好きだったなあ。
Japanのサウンドのキモにあの不思議なフレットレスベースの音があることを再確認。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/07 01:52】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フェイヴァリット・アルバム2010
ドラム SANDO バイブル
ソロ 星を見る ソレユケ
震える牙、震える水 KABA プレイグラウンド
ファイヴ・フィンガー・ディスカウント(万引き) 雨の日 ちんぷんかんぷんのしんぞう

戸張大輔/ドラム
TEASI/SANDO
豊田道倫/バイブル
二階堂和美/ソロ
割礼/星を見る
JB/ソレユケ
長谷川健一/震える牙、震える水
UA/KABA
山本精一/プレイグラウンド
PHEW/ファイヴ・フィンガー・ディスカウント(万引き)
本松洋子/雨の日
ちんぷんかんぷん/ちんぷんかんぷんのしんぞう

今年もなんとか12枚ピックアップしました。(順番は聞いた順です)
洋楽も聞いてないわけじゃないのだけど、日本の歌もので占められちゃいましたね。
この中で1枚と言われたら、間違いなくPhewのアルバム。比べて申し訳ないけれど、UAのアルバムは確かによくできたカヴァー集だけど、Phewのはたまたまほかの人の作った自分の歌をPhewがうたっているという感じがします。

ライヴは行ったライヴどれも良かったんだけど、なんといってもWilcoの大阪公演が素晴らしかった。
いままで見た外タレのコンサートの中でもベストの公演だったと思います。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2011/01/04 11:26】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年末年始
12/30(木)
仕事納め。
帰宅後、BS2でサマソニ見ながら、年賀状を完成。
今年も一晩で作った割にはまずまずの出来。

12/31(金)
梅田阪神百貨店の地階に冨美家のにしん蕎麦を買いに。
そんで、催し場の中古&廃盤レコード・CDセールでうろうろ。(ここまで大晦日の恒例w)
Area「Event '76」友部正人「また見つけたよ」の2枚の紙ジャケを購入。
どうも中途半端な買い物でいまひとつすっきりしないんだけど、今年の買い物は終わり。。

夜、そば食いながら、これまたお約束で家族で紅白を見る。
んーなんかやたらメドレーが多いのだが、メドレーって言っても2曲しかやらないし、1曲はほんのさわり程度とあって食い足りない感じ。メドレーじゃない人も全体に1曲が短めで物足りない。
成果といえば熊倉和男せんせいの「ゲゲゲの鬼太郎」が見られたことくらいかな。
桑田とかサザンとかってほとんど思い入れはないのだけど、上手いなーと感心した。1曲目に歌ったトーキングスタイルの新曲の絶妙な軽さ。
つい数年前まで紅白大好きだったのになあ、もうなんとしても見たいという気はさっぱりなくなりました。

年始のあいさつをして、大友良英JAMJAMラジオのユーストリームを見ながら、たちまち寝てしまう。アプリを入れたらIS03でもユーストを見れるようになった。

1/1(祝・土)
朝から出勤。さすがに夕方であがって、晩は家に帰って家族で食す。

WOWOWで「インビクタス」をやっていたのをちょっと見はじめたら、ハマってしまって最後まで。

1/2(日)
朝から晩まで仕事。ここ数年このパターン変わらん。
帰りにタワーレコードに駆け込んで、豊田道倫&ザーメンズ「アンダーグラウンドパレス」北村早樹子「明るみ」
欲しいものが買えたので、気持がいい。やっぱり、本当に欲しいものを買わなきゃな。


あけましておめでとうございます。

今年もよろしく。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2011/01/03 09:23】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
01/02のツイートまとめ
takutee

やたっ。takutee さんの今年の運勢は≫【大吉】願望:強い思いを持てば必ず叶う。転居:新天地に恋あり。奇跡:起こるでしょう。 http://shindanmaker.com/73213
01-02 22:02

【2011/01/03 05:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |