ラジカセ修理/ハート色の涙/うぉん!
ふと思い立って、娘の部屋でインテリア小道具状態だったCDラジカセの修理に挑戦する。奥さんが結婚する前に庄内のミドリ電化で買ったもう15年くらい昔の機械なのだけど、ボリュームの接触が悪くなってバリバリ音を立ててるうちに、さっぱり音が出なくなっていたのだ。コーナンでドライバー買ってきてガワをあけて、ごそごそ。やっぱり睨んだとおりボリュームの接触以外はいたって正常。スライドする部品をはずして、裏のひげのような接点部分をピンセットでいじいじして元に戻したら、ちゃんと音がでるようになった。やったね。これで娘にラジカセ買ってやる必要がなくなった。MD?そんなメディアは要りません。

気持ちがよかったので、昼下がり日当たりのいい西向きの2階の部屋で、ラジカセに押入れから発見された10~20年前に録音されたと思しき大量のカセットテープからランダムに選んだカセットをかけながらごろごろ読書。レーベルの書いてないテープをかけたら、スチャダラではじまり川本真琴やらスピッツやらパフィやらSPEEDやらヒロスエやらひなのやらの出てくる10年位前のJ-Popのシングル集だったり、ニルヴァーナ「スメルズ・ライク~」~ピクシーズと意外にストレートにグランジ?と思いきや後半はプッシー・ガロア、ソニック・ユース、ディム・スターズ、ボアダムス(モレシコ!)と予想通りジャンクな1本だったり、なかなかに楽しいひとときでした。最近はすっかり安易にiPodのシャッフルにお任せの自分だけど、昔はもっとちゃんと音楽聞いてたんだなあとちょっと反省しました。今のほうがプレイリストとか作りやすいだろうにね。やっぱり片面30分とかって枠が大切なんだな。

桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」 (角川文庫)一気に読了。「少女には向かない職業」 (創元推理文庫)「推定少女」(角川文庫)「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet」 (角川文庫)と、この作者の少女を主人公にした作品を(再)文庫化を機に続けて読むことになったのだけど、いずれも読後ざらざらした感触を残す作品の中で僕にはこの話が一番胸に迫った。章ごとに主人公の美少女、彼女の親友の美少年、二人それぞれの母親、そして主人公の飼い犬(!)と異なった視点から語られる巧みな構成のおかげもあり、主人公のみならず周囲の人物がそれぞれ深みを持った魅力的な存在として描かれているからではないかと思う。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/31 23:45】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
TBSストリーム終了
なんばCityの船場カリーですじネギカリー950円。
090329船場カリー

TBSラジオ「ストリーム!」が終わってしまった。
毎晩仕事から帰ってきたらポッドキャストを更新して翌日の通勤の時に聞くのが日課になっていたのでかなり寂しい。最終回のゲストでスポーツジャーナリストの生島淳が出ていて、そういえばスポーツに興味の薄い僕でもこの人のスポーツ関係のレポートは面白く聞いていたななんてことを思い出したり。
結局ポッドキャストでいくら聞かれても、広告収入に結びつかないので今のシステムでは仕方ないということなのだ。もったいないことだ。本来リスナーにならないはずの僕のようなエリア外の人間が(ラジオなんてしばらく聴いていなかったのに)毎日聞くようなへヴィリスナーになっているというのにな。
HPも閉鎖になるので、ポッドキャストのダウンロードも今月いっぱいのようです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/29 09:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゑでぃまぁこんの新作
前作「あおいあしおと」から3年、ゑでぃまぁこんのニューアルバムがようやく4月に発売になるとのニュース。
majikick new one - しろや
レーベルはテニスコーツのmajikickで、年末のワンマンでも共演したトンジャイの人がジャケットを担当し、テニスさやさん(上記リンクもさやさんのブログ)もゲスト参加している模様。曲目はゑでぃさんソロのCD-Rに収められていた「とらとらいおん」「あむぃんぼう」の他に聞いたことのなさそうな曲がいっぱい入っていてたいへん楽しみ。
そして急遽発売記念ライヴが!これロケーションといい面子といいすっごい行きたいのだけど…ムリ…。

ゑでぃまあこん「やっほのぽとり」発売記念@旧グッゲンハイム邸
出演:ゑでぃまあこん、テニスコーツ、森本アリ
4月11日(土)
open 19時 start 19時半
1500円
CD 2000円にて初売りします。

これ新快速から見えてたよなあ。
旧グッゲンハイム邸 | 神戸市塩屋の洋館

そして年末のベアーズのライヴより「とらとらいおん」(ゑでぃまぁこんwith Tonjay & Tenniscoats)。

テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

【2009/03/27 21:39】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
かんのもどり
咲き始め
寒の戻りというのか、寒い日が続く。でも早くも桜にちらほら花が付き始めてる。

また韓国戦かよとかいいながら、仕事中、ちらちらとWBCの決勝を見ていた。
ふっと見たら9回裏、おいつかれてやんの。駄目じゃん。
さらにふっと見たら10回表、2アウト2、3塁のチャンスにイチローが打席に立ってる。ここで打ったらイチロー神やな、とか言ってたら、ほんとに打ってるし!あの場面で本当に打てるって常人の技じゃない。
でもおかしかったのが、後で新聞の記事見たら本人が「あの場面では神が降りてきた」とか言ってるところ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/26 00:40】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春よ春よとかけていったよ
録画していた日本映画専門チャンネルの市川準監督追悼特集、「BU・SU」(1987)を観た。
公開時に観て以来多分ほとんど再見する機会がなかったと思う。でも当時観た時のスゴイ!という気持ちは変わらなかった。当時なにがスゴイと思ったかというと、それまでの劇映画とまったく違う生々しい感じが新鮮だったのだ。
今回見直してみたら(ほとんど覚えてなかったんだけど)、細部まで良く計算して演出されてるんだな、というのがよくわかった。特に前半、重い屈託を抱えるヒロインを、いかにも80年代って感じの高校の軽薄な明るさとの対比や、常にうつむき加減なヒロインの視線にホームレスや老人といった「異人」が写りこむといった描写で描くあたり。今観ると少々あざといくらいなんだけど、説明的な言葉でストーリーを語るのではなく、映像で語っていくスタイルはこの監督ならでは。
あとはなんといっても、ヒロイン富田靖子の表情やしぐさの的確さ。派手な芝居をさせるわけではないので観た当時は気づかなかったけれど、逆にこれはかなりの演技力が必要だったと思う。未見の「つぐみ」の牧瀬里穂はどうだったのだろうか。
ラスト、はじめて顔をあげて光に照らされるヒロインの姿が鮮烈だ。この映画を最初に観た時に、「蜜の味」(1961、トニー・リチャードソン監督)という映画のリタ・トゥシンハムというずっと仏頂面のヒロインのラストシーンを思い出したんだけど、今となってはこの映画もまったく覚えていない。いつか再見する日があるのだろうか。

中盤とエンドタイトルに使われている原由子の曲は映画の内容とは無関係でイマイチ。アミューズの製作なので大人の事情という奴だろう。まあ富田靖子主演の第2作「ときめき海岸物語」で富田自身の「渚のドルフィン」という曲をフルコーラスで2回も聞かされたのに比べればぜんぜん大丈夫。それより今回印象に残ったのは、主人公が東京に出てきた最初のシーンから、アレンジを変えてラストまで何回も登場する曲。確かコーラスでよく歌われる春の歌で、なんだったっけなー…と調べてみたら、團伊玖磨作曲の「花のまち」という曲でした。音楽はこのあと市川監督とはタッグを組み続けることになるチャクラの板倉文さんですね。


梅田ヨドバシの上のカプリチョーザで晩飯。
20年位前に始めてアメリカ村のカプリチョーザに行った時はなんて美味しくて量があってと思ったもんだけど、こっちの味覚が肥えてきたのか、店の料理の味が落ちたのか…。

テーマ:WOWOW/スカパーで観た映画の感想 - ジャンル:映画

【2009/03/23 00:33】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
なんだか微妙
奥田英朗「町長選挙」 (文春文庫)。精神科医伊良部シリーズの第3弾。このシリーズ前2作は面白かったんで読んでいるが、なんか時事ネタになってきている。時事ネタは微妙に古くなると微妙だなあ。ちょっとなんだか。

「レコード・コレクターズ4月号」に渋谷毅さんのインタビューが載っている。ずっとジャズの人だと思っていたんだけど、友達の柳田ヒロがバッキングしていた岡林信康のコンサートを見てショックを受け一時フォークばかり聞いていたというのがすごく意外であった。

「ネガティヴ・ハッピー・チェーンソウ・エッジ」の映画をWOWOWでやってる。なんか違う。ぜんぜん違うような気がする。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/20 01:03】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
抗ヒス/僕オチ/鼻血ブー/パーカの人
菜の花とアート
暖かいですなあ。春ですね。すっかりご無沙汰してました。
いやあ花粉はたぶん一番多いし、休みはないし、他にもいろいろあってちょっと大変な日々でした。
つかまた明日からもなんですが。

・花粉症の市販の抗ヒスタミン剤、最初は効いてたんだけど続けて毎日飲んでると効きが悪くなってるような気がする。ただし副作用はぜんぜん変わらない。油断していると仕事中もうとうとと…。

・図書館で借りた長嶋有「ぼくは落ち着きがない」(光文社)ひとまず読了。なんつうか、すごく愛おしい感じ。長嶋有って、朝日の夕刊の連載はさっぱり面白いと思わんかったんだけど、もしかしてたいそう面白いんじゃないだろうか?最後の方時間がなくて走り読みになってしまったんで、「次の方がお待ちですのでお早めにお返しください」なのだけどもう一度読み直したいと思ってたら、ブクログのレビューを読んでたらどうもカバー裏に仕掛けがあるらしい。いつか買わなきゃならないのか?気になるぞ。

・なんとなくWOWOWで放送していた「28週後」を見出したら結構面白く、最後まで見てしまう。血液に触れるだけで感染し、感染すると凶暴化するウィルスの蔓延したイギリスを舞台にしたゾンビ映画。最初はゾンビから逃れるために容赦なく他人を蹴落とす人間の醜さをこれでもかと描き、うわあとか思うんだけど、後半、今度は愛とか善意とかいうものがこれまたまったく事態を好転させないばかりかより最悪な方向に転がしてしまうという展開に呆然とする。いやオチは途中で割れてしまうんだけどね。こんな陰惨な映画はいやだ。でも面白かった。

・暖かくなってきたので久しぶりにユニクロに行ってTシャツを見ていたら、例のマガジン・サンデー50周年シリーズで谷岡ヤスジ先生の「メッタメタガキ道講座」が出ていて、デザインもかっこよかったので思わず買ってしまう。これ12月中旬に出ていたみたいでオンラインショップでは売り切れみたいだから、まだの方はお店で見かけたらお早めに。(図柄は上記リンクの12/17のところを参照のこと)
それにしてもこのパーカーのCM、スチャダラに野本かりあ、大橋のぞみ、シーナ&鮎川誠、Q-Tipとまあえらく豪華。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/17 22:48】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フリマ
日本ガレージセール協会主催の「服部緑地リサイクルフェア」に出店。
朝からカートを転がして緑地の会場と家の間を往復。会場に着くと、おお、まだ開場前のはずなのにすごい勢いでお客が群がっておる。
数日前の予報では昼から雨ということだったのでやれやれと思っていたのだが、開けてみると大変な好天、ぽかぽか陽気で汗ばむほど。心配なのは花粉なのだけど、市販の鼻炎カプセルを服用したところ、非常によく効いてスッキリ、早くから飲んどくんだった…。
基本的には奥さんと子供の着ない服が中心、僕は朝適当に選んだいらなさそうなハードカバーを10冊くらい持っていったんだけど…1冊も売れませんでした。娘が持っていった「ちゃお」のバックナンバーは全部捌けたのに。
サトちゃん
となりの店の看板娘。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/08 23:02】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
決死のサイクリング
池田の豊能税務署まで確定申告に。
初春の陽気に誘われ、無謀にも花粉と黄砂の舞う中自転車で出動。

書類は出来上がってたので、申告そのものは一瞬で終わった。
帰り道、例によって176号そのまま走っても面白くないので、適当に中の道を走る。附属池田のへんからなんとなく走っていたら、妙にちゃんと道が続いてるし、お寺や祠などがそこここにある、もしやこれはと思っていたらビンゴ!能勢街道でした。水月公園、大きな公園ですねえ。あったかいもんで鳩も等間隔でうずくまって日向ぼっこしてるのがおかしい。
水月公園の鳩 井口堂の地蔵 
井口堂から途中有馬道に分岐するあたりからはいつも走る道です。
箕面市に入ってしばらくは綺麗に整備された道になり、立派な新築の大きな家ばかりの高級住宅地となります。これが半町のへんに来ると多少街道っぽい町並みになるのがちょっと面白い。
半町の町並み
そして桜井、いきなり駅前商店街になります。店はほとんどありませんが。
前通ったときに気になった阪急桜井駅前の「新興会館桜井マーケット」を観察してみました。おそらく戦後復興後すぐに出来たと思しき歴史のありそうな大きな市場の建物なんですが、どうも取り壊しに向けての立ち退きが始まっている模様。道のほうから駅側に通り抜けが出来ないみたい。駅のホーム側に回ってみると、立派な煙突が。お風呂屋さんまであったんだなあ。全盛期はさぞかしにぎやかだったんだろうと思います。駅の反対側も寂れたアパートがあったり静かでいい感じです。わざわざ「二丁目の夕日」なんか見なくても昭和の風景なんてまだそこらにいくらでもあります。
桜井マーケット1 桜井マーケット2
桜井マーケット3
171号に出たところに、「桜井マーケット」の建物よりさらにこじんまりとした「阪急桜井市場」が。こっちもシャッターの降りた店舗が目立つけれど、空き店舗に若者を呼び込んで独自の活性化を図っているようす。チャイやさんがあったり雑貨屋さんがあったり。週末のみ営業の店舗も多いみたい。オープンスペースを使ったアートギャラリーでビデオテープを大量に使ったインスタレーションを展示しているのだけど、向かいでは普通に豆腐やさんが営業してるのがなんかおかしかった。
CANNABIS
桜井市場の裏手にあった喫茶店。時節柄ヤバい店名。

牧落の交差点から「ロマンチック街道」wに入り帰路へ。途中モノレール小路の駅前に迷い込むがしかしなんという無味乾燥!駅前なんてなぜかスポーツクラブが1軒あるだけだし。本屋もサテンもない駅前なんてどうよ。今も半分くらい残ってこぎれいな公園になってるけど、昔この辺は大きな池があって一面葦みたいなところだったっけ。
走っているときはなんともなかったのに、家に帰り着くあたりから目のかゆみと鼻水が激しくなってくる。やれやれ。
なんか曇ってきて急激に寒々しくなってきたしもう出たくなかったのだけど、週末緑地のフリマに出店するのでその準備物の買い物と、図書館から予約した本が届いたというメールに、ママチャリに乗り換えて再度出かける。
長嶋有「ぼくは落ち着きがない」借りて帰る。


晩、Web巡回しながら、以前録画していた「花とアリス」をちらちら見る。適当にみていたので話はぜんぜんわからなかったけど、いやなんか楽しそうでいいねえ。最後の蒼井優のバレエ、パンツが見えているという設定なのに見せない絶妙の編集にエロさを感じる俺は不純か。いやたかおもヒロスエに突っ込まれてたからそれはアリでしょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/06 01:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
みみの日
TBSラジオ「ストリーム」が3/27で終わるんだそうだ。いつごろ聞き始めたか覚えていないんだけど多分3年くらいは少なくともずっと聞いてると思う(もちろんポッドキャストでだけど)。「コラムの花道」のサブカル最終形という感じのメンツ面白かったのになあ。本当に残念。

昨日のフジロックのケヴィン・エアーズの真偽はいまだにわからんのだけど、Gong(スティーヴ・ヒレッジ付?)が決まったとのことでカンタベリー祭りかとプログレマニアが狂喜している模様。いや実はこのへんそーんなに詳しくないんだけどね。できたらもう一声、ロバート・ワイアットが来たらもう文句なしなんですが。
あと、これもGong同様オフィシャルで先走りリークなのがバッド・ブレインズ。これは見たい。
ともかくまあそんな取りざたが楽しい時期になって来ましたな。

3月3日は耳の日です。
ふちがみとふなとの「耳国国家」がずっと頭の中を回っていたのでした。
みみーみみー…。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/04 01:15】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士山
天気はいいが久しぶりに冷え込む。花粉は多い。もう最悪。

いつもの日帰り東京出張。
いつものN700系のぞみなんだけど、ポイントがたまったのでグリーン車に乗ってみる。
シートもテーブルも立派で快適。なんかおしぼりのサービスがあったりする。
KYKのロースカツ弁当 崎陽軒のシウマイ弁当
東京に向かって右側、つまり海側の窓際に座っていたのだけど、ふと窓の外に目をやると前方にたいそう立派にそびえる富士山の姿があり、ちょっとびっくりした。安倍川の手前へん、一瞬で見えなくなってしまったけど、そんなポイントがあるなんて知りませんでした。
雲ひとつないいい天気だったので、雪を抱いた冬の富士山が綺麗に見えました。
富士山
写真は富士川渡ったへんで反対のシートの窓から撮ったものですが。

3月5日に発表といわれているフジの第1弾発表のラインナップらしきものが某所に貼られている。
これが本当だとしたら、10周年で今年から3日間実施ということで派手に花火を打ち上げているサマソニに食われてしまうんではないかというような、いままでにないほどの地味な第一弾ラインナップ。
メジャーなヘッドライナークラスがフランツ・ファーディナンドだけで、あとはDJロジックのユニットとかMMWの人のユニットとか、あまりに渋すぎる。でも個人的にはケヴィン・エアーズとジャー・ウッブルが入っているというのでかなり盛り上がっていたりする。ウリチパン郡も入ってるし。
続きを読む

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2009/03/02 23:31】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |